邦画実写化 4つの成功例と2つの失敗例 2019年公開の実写化映画まとめ

近年、漫画やアニメの実写化が多くなってきています。

むしろ、主流になってきているといっても、いいのかもしれません。

f:id:manochang:20181231191124j:plain

実写化は制作サイドからしても、原作にすでにファンがついていますので、ある程度収益が見込める点で、メリットがあるのでしょう。

 

しかし、原作ファンからすると、

「配役が合わない」

「内容が全く違う」

など、不評な面も多くあります。

 

今回は、ここ最近の実写化、成功例・失敗例を紹介したいと思います。


 

 

成功例

銀魂
銀魂

銀魂

 

週刊少年ジャンプ連載 大人気「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」

2017年に実写映画化され、興行収入39億円の大ヒット

 

「勇者ヨシヒコ」福田雄一氏が監督を務め、小栗旬」「菅田将暉」「橋本環奈」など豪華キャストを揃えました。

 

2018年には「銀魂2 掟は破るためにこそある」も公開し、興行収入35億円を突破しています。

 

ある程度、原作に沿った内容となっており、ギャグの部分も質を落とさずに作ってあります。

ギャグだけでなく、アクション部分もある漫画なので実写映画化しても問題なかったと感じています。

 

キャラクターも全体的に質を落とす事なく再現されており、

特に「来島また子」役の菜々緒や、近藤勲役の中村勘九郎の再現は、まさしくアニメからそのまま出てきたようなクオリティになっています。

 

原作は、週刊少年ジャンプでの連載は終了しており、最終回の向こう側がジャンプGIGAで連載開始しております。 

ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1

 

また、映画やオリジナルドラマが「dTV」にて配信されてます。


 

 

るろうに剣心 
るろうに剣心

るろうに剣心

 

週刊少年ジャンプ連載 累計発行部数6000万部

2012年に実写化され、その後続編も公開されました。

 

キャストは佐藤健」「武井咲などを揃え、ある程度違和感のなく再現できています。

香川照之藤原竜也の演技はさすが、といった具合です。

 

アクションシーンが、かなりの迫力。

ある意味、時代劇を観ている雰囲気もあります。

侍ものは実写化が合うのでしょうか。

 

現在もるろうに剣心明治剣客浪漫譚 北海道編-」ジャンプスクエアにて連載中です。

(2018年12月31日現在)

 

アイアムアヒーロー

ビッグコミックスピリッツ連載 SFホラー

2016年に実写映画化、興行収入約16億円

 

大泉洋」「有村架純」「長澤まさみなどのキャストを揃え、GANTZBLEACHの実写映画も手がける、佐藤信氏が監督を務めました。

 

思ったよりもゾンビに迫力があり、「日本版バイオハザード」と言ってもいい内容です。

 

原作の内容をコンパクトにまとめている感じですが、それが良かったと思います。

続編があると世界観が中途半端になってしまい、失敗してしまうような気もします。

 

僕は実写映画が面白かったので、原作も購入して読みました。

 

闇金ウシジマくん
闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

 

ビッグコミックスピリッツ連載 

2010年にテレビドラマ化、2012年に映画化され、その後続編も公開しました。

 

一部原作と設定が違う部分もありますが、山田孝之の演技力は見ものです。

原作で「こんな人いそうだなぁ」というところが、実写になるとよりリアルに感じることができます。

 

原作は現在も連載は続いており、最終章に突入しています。

銀魂と同様、「dTV」にて映画やオリジナルドラマも配信しております。


 

 

失敗例

斉木楠雄のΨ難
斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難

 

週刊少年ジャンプ連載 学園ギャグ漫画

2017年に実写映画化されました。

 

銀魂」「勇者ヨシヒコ」福田雄一氏を監督に迎え、山崎賢人」「橋本環奈」など豪華キャストだったのですが、実写化すべきではなかったかと思います。

 

まず、基本ギャグ漫画でアクションがなく、ド派手なギャグがあるわけではない、シュールな漫画。実写向きではありません。

また、キャラクターを知っていないと面白くない部分もあり、原作ファンしか楽しめない内容です。

ちなみに私は、途中で観るのを辞めてしまいました。

原作は面白いです。

 

ちなみにこちらもdTVAmazon Prime Videoで配信始まりました。


 

 

進撃の巨人

別冊少年マガジン連載 累計発行部数7600万部

今や誰もが知る漫画ですが、2015年に実写映画化しました。

 

しかし、内容は酷いものです。

 

映画オリジナルのキャラクターが多く登場、しかも日本人の名前という進撃の巨人の世界観を無視した設定。

ストーリーも初めは原作に沿っている雰囲気はだしているものの、大筋はオリジナルストーリー。ラストや世界の真相部分もオリジナル。

原作ファンを馬鹿にしているとしか思えません。

 

ただし、「ハンジ」役の石原さとみ「アルミン」役の本郷奏多の演技は凄いです。

アニメからそのまま出てきたような再現感。

 

原作は現在も連載が続いており、映画とは裏腹に人気も絶好調です。

ちなみにこちらもdTVAmazon Prime Videoで配信しています。


 

 

2019年期待の実写化映画

キングダム

ヤングジャンプ連載 累計発行部数3300万部

 

2019年はなんといっても「キングダム」でしょう。

 

大人気漫画だけに失敗は許す事ができない、そんな覚悟で制作サイドも望んでいる事と思います。

予告動画を見る限りでも、かなり期待値は高そうです。

 

山崎賢人主演、長澤まさみ本郷奏多大沢たかおなど、実力派の俳優陣を揃えています。

2019年4月19日公開です。

映画「キングダム」公式サイト

 

ザ・ファブル

ヤングマガジン連載 第41回講談社漫画賞一般部門を受賞

 

キャストに岡田准一」「福士蒼汰」「向井理など人気俳優を揃えています。

 

原作は人気連載中ですが、実写映画はどうでしょうか?

原作の面白さを再現できているといいのですが…

予告を見る限りは、こちらも期待はできそうです。

 

2019年6月21日公開です。

映画『ザ・ファブル』 公式サイト

 

その他2019年公開の実写化映画

他にも2019年に公開予定の実写映画がありますので、一覧にしておきます。

チワワちゃん

2019年1月18日公開

 

映画『チワワちゃん』公式サイト|1.18(Fri) 新宿バルト9ほか全国公開

 

刀剣乱舞

2019年1月18日公開

 

『映画刀剣乱舞』2019年1月18日公開

 

がっこうぐらし!

2019年1月25日公開

 

映画『がっこうぐらし!』公式サイト

 

Back Street Girls -ゴクドルズ-

2019年2月8日公開 

 

映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』公式サイト

 

翔んで埼玉

2019年2月22日公開

 

映画『翔んで埼玉』公式サイト

 

お前ら全員めんどくさい!

2019年2月23日公開

映画『お前ら全員めんどくさい!』公式サイト

 

L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。

2019年3月21日公開

 

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 | 2019年3月21日(木・祝)全国ロードショー

 

賭ケグルイ

2019年5月3日公開

『映画 賭ケグルイ』公式サイト

 

アルキメデスの大戦

2019年7月26日公開

 

映画『アルキメデスの大戦』公式サイト

 

東京喰種トーキョーグール2

2019年7月21日公開 

 

映画『東京喰種トーキョーグール 2』 公式サイト

 

地獄少女

2019年秋公開 

映画『地獄少女』公式サイト

 

パタリロ!

公開日未定 

 

ヲタクに恋は難しい

公開日未定

 

まとめ

今回紹介させていただきました成功例・失敗例は、あくまでも個人の感想であり、人によっては違う感想をお持ちかもしれません。

まだ観ていない方は、参考程度に考えてください。

 

2019年も、まだまだ多くの実写化映画が公開されますので、注目していきたいと思います。