MANO-LOG

「漫画」「サッカー」「音楽」「ライフスタイル」「ビジネス」などについて書く雑記ブログ

週刊少年ジャンプ 2019年3号 新連載『獄丁ヒグマ』徹底レビュー

2018年12月17日(月)は週刊少年ジャンプの発売日ですね。

f:id:manochang:20181217052632j:image

ONE PIECE休載です。

合併号でないので次号は月曜が祝日なので土曜日発売になりそうです。

 

今号は新連載『獄丁ヒグマ』が掲載されていますので、それを中心にレビューしていきます。

あと表紙に『ニセコイ』が!?

実写映画の公開が近いので特別読切が掲載のようです。 

 

新連載『獄丁ヒグマ』

扉絵を見る限りではあまり好きなキャラデザインではありません。(帽子が)

妖怪みたいなものを主人公が懲らしめるような話かなぁと予想。

 

話はバスで主人公(篝手ヒグマ)とヒロイン?(来峰アヤハ)が出会うところから。

 

主人公はチープなチンピラに絡まれますが、余裕な感じで対応します。

これを見る感じ最近主流の、最初から主人公が強いタイプと予想できます。

アヤハは正義感が強そうな感じでチンピラに絡みます。

 

アヤハは自分の意思とは関係なく窃盗を犯してしまうようで、あるお寺みたいな所にお祓いに向かっていました。

主人公のヒグマは、実はそこの寺の住職の曽孫というベタな展開。

 

アヤハには「亡者」と呼ばれる妖怪みたいなものが憑いていて、それをヒグマが倒します。

ヒグマは沢山の手を操る能力で戦うみたいです。

アヤハはヒグマの能力で助けてもらったことで、その手とか亡者が見えるようになります。

 

アヤハが家に帰ると、アヤハの兄も最近おかしくなっているという展開。

アヤハは亡者の仕業と気づきます。

亡者もアヤハが気付いた事に気付きます。

何となくヒグマが助けに来るだろうとは思いましたが、やっぱり助けに来ました。

ベタです。

 

ヒグマはアヤハの兄に憑いている亡者も倒します。

どうやらヒグマは獄卒人と呼ばれる、亡者を狩る人らしい。

閻魔大王みたいな人が出てきます。

 

全体的にはベタな展開の少年漫画でした。

幽☆遊☆白書」とか「BLEACH」みたいな和風の妖怪漫画的な印象です。

ベタにまとめているので、それなりに面白いが、爆発力は今のところ、見受けられません。

 

 

約束のネバーランド

クリスが瀕死なので、クリスの薬を近くの農園に盗みに行く回。

クリスのクスリはちょっと言いにくい。

クスリのクリスになってしまいそう。

予想通り農園で鬼に見つかる展開。

さて、来週どのように切り抜けるか。

 

ハイキュー!!

相変わらずキャラの掘り下げがうまい!

この辺がこの漫画の好きなところ。

あまり知らなかったキャラも好きになれる。

梟谷には負けて欲しくない。

 

ニセコイ

実写映画公開間近ということで特別読切ですけど、実写のキャラ作り酷いw

コスプレにしか見えない。

でも久しぶりの本編はやっぱり無難に面白い!

というか懐かしい!

ちなみに実写版ニセコイ公式サイトはこちらです。

nisekoi-movie.jp

 

アクタージュ-act-age-

明神阿良也のスゴさを見せる会ですが、この漫画やっぱり凄い!

特に動きのない回を、吸い込まれるように見てしまう。

演劇の漫画っていうことで、最初は敬遠してましたが、これは面白い!

 

ブラッククローバー

相変わらずチープなノリ。

次々とわけのわからない名前の魔法が出てくるし。

小学生までは楽しめるんだろうが、大人になってからはちょっと楽しく見れないかな、この漫画は。

 

ne0lation 

新連載第2回ですが、これは打ち切り候補になるのでは?

初回と同じく、ハッキングみたいなのでヤクザを懲らしめるわけですが、ヤクザってこんなに簡単にいくかなぁ…

ヤクザも心折れるの早いし。

んーなんか残念。

 

ぼくたちは勉強ができない

普通の回でした。

特に面白みもなく、つまらなくもない。

新しい展開もない。

 

思春期ルネサンスダビデくん

小便小僧君とダビデ君の出会いの回想回。

というか小便小僧君、不良だったw

 

Dr.STONE

なんか面白さが落ちてきているような?

ずっと一定のノリだし、メリハリがない。

何かを作っては、完成。

なにかを作っては、完成。

の繰り返し。

今後、面白い展開を期待。

 

呪術廻戦

なんか特に何も展開がなかった?

この漫画はコミックスでしっかり読んだ方が面白いかも。

絵もいい感じだし、内容も結構面白い。

だけど1話単体での面白さがない。

 

食戟のソーマ

なんか変わった調理器具出したもん勝ちみたいな展開。

やっぱり遠月学園勢は残るのでしょう。

創真の料理を見せなかった演出はなかなかオツだと思いました。

 

ジモトがジャパン

トキオの家にみんなが勝手に遊びに来る回。

トキオの家に銀杏BOYZのCDが置いてあった。

作者が好きなんでしょうか。

クリスマスって山口県発祥なんですね。

 

以上です。

 

 

漫画掲示板『まんがサミット.com』を運営しているので、よろしければ漫画の感想やレビューなど、是非コメント書き込みしていってください。皆さんの感想も聞いてみたいです。宜しくお願いします!

comic-summit.com