MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

現金主義者は早く「キャッシュレス化」を考えるべき!電子マネー・クレジットカードを使うメリット

近年、Apple Payなどのサービスを中心にお金の電子マネーが進んでいます。

 

それは時代の流れであり、これから先もさらに電子マネー化が進んでいくでしょう。

 

その一方で、現金払いに固執する考えの方もいます。

しかし、私には現金払いに対するメリットが、電子マネーを使用し「キャッシュレス化」するメリットに敵うとは到底思えません。

 

現金払いに固執する「現金主義者」は、すぐに考えを改め、電子マネーやクレジットカードを使用する事をお勧めします。

その理由を説明していきます。

   

現金払いのメリット・デメリット

f:id:manochang:20190101191743j:plain

まずは、現金払いのメリット・デメリットから確認していきます。

 

現金払いのメリット

お金を使い過ぎない

現金主義者の意見として多いのが、電子マネーやクレジットカードはお金を使っている感覚が薄れるため、たくさん使ってしまってしまう、という事です。

 

確かに、現金払いであれば、お金を使っている感覚をより感じることができ、出費を抑える事ができるかもしれません。

 

家計簿の管理がしやすい

現金払いのみにしておけば、電子マネーやクレジットカードと違い、買い物をした時にすぐお金がなくなる為、家計簿の管理がしやすくなる、と考える人が多いようです。

 

町にあるお店では、確実に支払いが可能

2019年では、まだ現金払いのみしか対応していない店がまだまだ多く、電子マネーに頼ってしまっていると、支払いができないケースもあります。

 

しかし、ほとんどの店は現金払いできるので、現金さえ持っておけば確実に支払いを行う事ができます

 

現金払いのデメリット

必要な金額を持ち歩く必要がある

現金払いであれば、もちろん必要な分を持ち歩かなければなりません

その為、紛失や盗難の可能性も発生します。

 

引き出しの手間・手数料がある

現金は必要な分を持ち歩かなければならない為、もし足りない時は引き出しの必要があります。

 

夜間必要になってしまった時などは、引き出し時に手数料もかかります。

そして、何よりATMまで行かなければならないので、時間と手間がかかります。

 

ネットショッピングの場合、手数料がかかる

近年はネットショップで買い物をするのが当たり前ですし、非常に便利です。

 

しかし、現金払いの方は着払いや振込の必要がある為、手数料がかかります。

 

ポイントがつかない

通常、電子マネーやクレジットカードを使用するとポイントが付きますが、現金払いの場合はポイントが付きません

 

支払いにお金を出す時間がかかる

現金は、支払い時にいちいち必要分のお金を出さないといけない為、時間がかかります

小銭などが多い場合には、より時間がかかるでしょう。

 

現金払い まとめ

f:id:manochang:20190101192206j:plain

私の意見としては、現金払いのメリット「お金を使い過ぎる」に関して、これは個人の管理能力の問題であり、 きちんと管理をしておけばお金を使い過ぎる事はありません。

 

「家計簿の管理がしやすい」に関しても、「Money Forword ME」などのアプリを使えば、クレジットカードなどの支払いも自動で家計簿をつけてくれます。

www.manochang.com

 

むしろ、現金払いの方が自分で管理しないといけない為、手間がかかります。

現金払いのメリットとしては「確実に支払い可能」という事だけでしょうか。

 

現金払いに関しては、デメリットの方が目立ちます

 

電子マネー・クレジットカードを使用する場合と比べ、ポイントも付かないですし、手数料を取られる場面も多くあります。

何よりも、引き出しや支払いなどに時間を取られるので、時間の価値を認識している人であれば、現金払いを選択する事はないでしょう。

   

 

電子マネー・クレジットカードのメリット・デメリット

f:id:manochang:20190101191415j:plain

次に、電子マネー・クレジットカードのメリット・デメリットを確認していきます。

 

電子マネー・クレジットカードのメリット

支払いが早い

1番のメリットは何よりも「早い」事です。

 

電子マネーの場合はかざすだけで支払いが終了しますので、現金払いとは支払いスピードが比べものになりません。

 

財布が軽くなる

小銭を持ち歩かなくていいので、財布がすっきりして軽くなります。

 

ポイントカードや会員証などもアプリで管理してしまえば、財布に入れておくのは免許証と保険証くらいになります。

www.manochang.com

 

引き出しの必要がない

ATMにて現金を引き出すのは、時間と手間がありますが、それがありません。

 

ポイントが付く

ほとんどの電子マネー・クレジットカードはポイントが付きますのでお得です。

年間で考えると、数万円分のポイントが違ってきます。

 

家計簿が付けやすい

現金払いの意見にこれがありましたが、電子マネー・クレジットカードの方が家計簿をつけるのに圧倒的に便利です。

 

「Money Forword ME」などのアプリを使えば、使った分を自動で家計簿につけてくれますし、スマホがらあればいつでも確認できます。

www.manochang.com

 

電子マネー・クレジットカードのデメリット

使えない店がある

残念ながら、2019年現在ではまだ、現金払いのみしか対応していない店が多くあります。

 

また、電子マネーの種類も多く、種類によっては使えたり使えなかったりもします。

(iD・QUICPaySuicaWAON楽天Edy・Pay Payなど)

 

使い過ぎてしまう

電子マネーやクレジットカードは支払いが簡単で、金額もあまり確認しないまま支払ってしまう事もあります。

 

お金を使っているという感覚が薄れ、使い過ぎてしまう場合があります。

 

支払い方法を伝えなければいけない

毎回支払い方法を伝えなければいけない為、人と喋るのが苦手だったりする方は嫌かもしれません。

 

換金できない

チャージ式の電子マネーに関しては、一度チャージしてしまうと現金が必要になった時に換金する事ができません。

 

電子マネー・クレジットカード まとめ

f:id:manochang:20190101192359j:plain

私の感覚としましては、「支払い方法を伝えなければいけない」「換金できない」に関しては小さな問題であり、特にデメリットにはならないと思います。

 

「使い過ぎてしまう」のも、現金払いのまとめに書いたように、個人の管理能力の問題であり、アプリなどを使って小まめにチェックすれば問題ありません

 

「使えない店がある」というのが1番のデメリットでしょう。

 

ただし、時代はお金の電子化を確実に進めています。

電子マネーやクレジットカードを使う人が増えていくにつれて、現金払いのみのお店は減っていくでしょう

 

やはりデメリットのよりも、得られるメリットの方が大きいように感じます。

 

何よりも、早い事です。

 

現金払いの人が1日に4回買い物をするとして、1回の会計に30秒使っていたとしましょう。

1年に換算すると、730分。

つまり、1年に約12時間も支払いに時間を使っているのです。

電子マネー化すれば、その時間をはるかに短縮する事ができるのです。

 

「キャッシュレス化」する事は、支払いや引き出し、家計簿をつける手間を省き、多くの時間を得ることとなります。

また、ポイントも獲得する事ができるなど、多くのメリットがあるのです。

 

まとめ

f:id:manochang:20190101191501j:plain

2019年現在では現金払いのみのお店も多いため、完全に電子マネー化する事はできないかと思います。

 

しかし、確実に時代はお金の電子化を進めています。

 

ワイドナショーという番組で、古市憲寿氏が

「まだコンビニで現金使う人いるんですか?」

と言っていました。

今の時代にはまだ過剰かもしれませんが、数年後には多くの人がこの言葉を口にすることになるでしょう。

 

私はこのまま電子化が進めば、将来、「現金がこの世から無くなる」とさえ予想しています。「お金の完全電子化」です。

www.manochang.com

 

時代に取り残されない為にも、現金に固執している方は考えを改め、いち早く電子化をしてみてはいかがでしょうか?

すぐにその便利さを感じる事ができるはずです。

 

そして、確実にあなたの人生を今よりも豊かにするでしょう。