MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

AFCアジアカップ2019 サッカー日本代表 招集メンバー、放送日程、展望まとめ

いよいよサッカーの大会、AFCアジアカップ2019が、1月5日から2月1日までアラブ首長国連邦にて開催されます。

f:id:manochang:20190104085006j:plain


 

日本代表の招集メンバーからの注目選手や、放送日程をまとめていきたいと思います。

   

 

日本代表招集メンバー

GK 

1.東口順昭ガンバ大阪

12.権田修一サガン鳥栖

23.シュミット・ダニエルベガルタ仙台

DF

5.長友佑都ガラタサライSK

20.槙野智章浦和レッズ

22.吉田麻也サウサンプトン

4.佐々木翔サンフレッチェ広島

19.酒井宏樹オリンピック・マルセイユ

3.室屋成(FC東京

2.三浦弦太ガンバ大阪

16.富安健洋(シントトロイデンVV)

MF

17.青山敏弘サンフレッチェ広島

8.原口元気ハノーファー96)

7.柴崎岳ヘタフェCF

6.遠藤航(シントトロイデンVV)

14.伊藤純也(柏レイソル

10.中島翔哉ポルティモネンセSC)負傷離脱

→ 10.乾貴士レアル・ベティス

9.南野拓実ザルツブルク

18.森田英正(川崎フロンターレ)負傷離脱

→ 18.塩谷司アルアイン

21.堂安律(FCフローニンゲン

FW

15.大迫勇也ベルダー・ブレーメン

13.武藤嘉紀ニューカッスル・ユナイテッド

11.北川航也(清水エスパルス

 

森保ジャパン体制になってからの定番メンバーの招集となりました。

注目は、ロシアワールドカップ以来の招集となる、武藤嘉紀

イングランド・プレミアリーグでは満足の得られる出場機会は得られていないものの、名門マンチェスター・ユナイテッドから得点を決めるなど、世界でも通用する力を見せています。

 

予想フォーメーション 

4−2−3ー1

        大迫勇也

   中島翔哉 南野拓実 堂安律

     青山敏弘 遠藤航

長友佑都 吉田麻也 槙野智章 酒井宏樹

        東口順昭

 

親善試合の様子を見る限り、このような布陣になるのは堅そうです。

 

ボランチには柴崎岳がいますが、所属クラブでは構想外となり、出場機会を得られていないため、ロシアワールドカップのようなパフォーマンスは期待できません。 

青山敏弘は森保監督からの信頼がサンフレッチェ広島時代から厚く、スタメンで起用される可能性が高そうです。

 

ワントップは、「半端ない」大迫勇也でほぼ決まり。

 

2列目には、もはや日本代表の顔と言える中島翔哉南野拓実・堂安律が連ねるのは確実でしょう。

 

DFは経験のある4人スタメンが名を連ねそうですが、若手にも経験を積ませたいはず。

キャプテン吉田麻也は、大会を通してフル出場しそうですが、もう1人のセンターバック三浦弦太や富安健洋もありそうです。

 

GKは将来を見越してシュミット・ダニエルという選択もありますが、森保監督にとって初の公式戦となるため、東口順昭が硬そうです。

 

アジアカップは過密日程で行われるため、控え選手の起用が鍵となります。

 

前線は武藤嘉紀原口元気、中盤は柴崎岳など、選手層の厚みが感じられるため、心配はなさそうです。

大迫勇也を休ませる場合には、4−4−2などのシステムチェンジをすれば問題ないでしょう。

 

選手層に不安があるとすれば、DFです。

佐々木翔・室屋成などが出場した場合、A代表の公式戦経験がない為、アジアの厳しい戦いを凌げるかどうかが心配です。

上手くベテラン勢とミックスできるかが、鍵となりそうです。

 

注目選手

注目選手は 中島翔哉南野拓実・堂安律でしょう。

勢いがあり、海外の所属クラブでも結果を残し続けています。

 

アジアカップの活躍次第では、移籍市場で注目され、ビッグクラブへの移籍など、ステップアップ移籍の可能性もあります。

 

特に、非凡な技術を持つ中島翔哉はすでに世界で注目されており、間違いなくアジアカップでも活躍してくれるでしょう。

 

*追記

中島翔哉は負傷離脱となりました。

追加招集となったのは、ロシアW杯で活躍した乾貴士です。

乾貴士はクラブで出場機会を得られていないため、パフォーマンスは下がっています。

スタメンに名を連ねるのは無難に行けば、原口元気でしょうが、ロシアW杯の時のように期待したいと思います。

 

日本代表試合日程 

日本代表はグループF、ウズベキスタンオマーントルクメニスタンのグループになります。

グループステージ試合日程(日本時間)

第1戦 日本 vs トルクメニスタン

2019年1月9日(水)20:00 キックオフ

(Al Nahyan Stadium)

 第2戦 オマーン vs 日本

 2019年1月13日(日)22:30 キックオフ

 (Zayed Sports City Stadium)

 

第3戦 日本 vs ウズベキスタン

2019年1月17日(木)22:30 キックオフ

(Mohammed bin Zayed Stadium)

 

グループを1位通過した場合

ラウンド16  vs グループE2位

 2019年1月21日(月)20:00 キックオフ

(Sharjah Stadium)

準々決勝

2019年1月24日(木)22:00 キックオフ

(Al Maktoum Stadium)

準決勝

2019年1月28日(月)23:00 キックオフ

(Hazza Bin Zayed Stadium)

 

グループを2位通過した場合

ラウンド16  vs グループB2

 2019年1月22日(火)2:00 キックオフ

(Khalifa Bin Zayed Stadium)

準々決勝

2019年1月26日(木)1:00 キックオフ

(Hazza Bin Zayed Stadium)

準決勝

2019年1月29日(火)23:00 キックオフ

(Mohammed bin Zayed Stadium)

 

勝戦日程

 2019年2月1日(金)23:00 キックオフ

 (Zayed Sports City Stadium)

 

まとめ 

 森保ジャパン初の公式戦となり、ワールドカップ予選に繋げる為の重要な大会となります。

前回、AFCアジアカップ2015では日本は準々決勝でアラブ首長国連邦に敗れています。

しかし、日本のサッカーのレベルはアジアでも上位であり、優勝の可能性は大いにあります。

 

サッカー好きな方、またはサッカーを好きでない方も、アジアカップは緊迫感もあり、楽しめる大会ですので、是非みんなで日本代表を応援しましょう!

 

頑張れ日本!!