MANO-LOG

「漫画」「サッカー」「音楽」「ライフスタイル」「ビジネス」などについて書く雑記ブログ

AFCアジアカップ 日本vsトルクメニスタン 試合レビュー

2019年1月9日、アラブ首長国連邦で開催されているAFCアジアカップ

日本vsトルクメニスタン

の試合をレビューしていきます。

f:id:manochang:20190109221405j:image

日本代表スタメン

4-2-3-1

                       大迫勇也

        原口元気 南野拓実 堂安律

                富安健洋 柴崎岳

長友佑都 槙野智章 吉田麻也  酒井宏樹

                         権田修一

 

GKは東口の予想でしたが、キーパーは3人横並びといったところなので、権田でも問題ないでしょう。

1トップは、予想通り大迫。

2列目も予想通りの原口、南野、堂安が並びます。

DFも予想通り、経験のある長友、槙野、吉田、酒井が並びます。

 

問題はボランチ

遠藤航が体調不良のため、メンバー変更を余儀なくされました。

クラブで全く出番のない柴崎と、クラブではCBをやっている富安が並びます。

練習ではコンビを組んでいたそうですが、試合で組むのは初めて。

ここは経験のある青山を選ぶべきではなかったのかと疑問です。

 

前半戦

立ち上がりからバタバタとしていました。

現地の気候が影響しているのか、アジアカップ初戦のプレッシャーなのか、パスがことごとくズレます。

トラップも収まらず、格下相手に互角の展開。

 

相手は5バックで守備を固めているため、なかなか崩す事ができません。

むしろ、カウンターで危うい場面を何度も作られます。

 

ボランチの所にはボールが収まりますが、2列目より前にボールが収まりません。

 

そんな中、アジアカップの洗礼を受けます。

前半26分 トルクメニスタン ゴール

素晴らしいロングシュートが決まります。

 

しかし、日本は寄せていませんでした。

相手が格下だからという気の緩みがあったか。

 

そのまま崩しきれず、前半を終わります。

 

後半戦

日差しの向きが変わり、日本は攻めやすくなったようです。

サイドからクロスを上げる頻度が多くなり、ゴールの匂いがしてきます。

ハーフタイムで修正があったようです。

 

そんな中、ようやく同点ゴールが決まります。

後半11分 大迫 ゴール

原口のサイドからのパスから、大迫が決めました。

大迫の素晴らしいトラップと、ツータッチ目で勝負は決まり、あとは流し込むだけ。

 

続いて、いい流れで試合を展開していきます。

すぐに勝ち越し点が入ります。

後半15分 大迫 ゴール

原口→長友→大迫の流れで押し込みます。

 

ここまでワールドカップメンバーの活躍が目立ち、若手はバタバタしています。

 

しかし、東京五輪世代の堂安が決定力の高さを見せます。

後半26分 堂安 ゴール

バタバタとした展開でしたが、上手くターンしながらシュートを決めました。

 

後半28分 南野 → 北川

南野は、森保体制になってから結果を残し続けてきましたが、このアジアカップ初戦では何も残す事ができませんでした。

まだまだアジアカップはありますので、今後期待です。

 

交代で入った北川ですが、いきなり不味い所でボールを取られます。

そのまま決定機となり、権田がイエローカード。PKとなります。

レッドカードでもおかしくなかったかもしれません。

 

後半34分 トルクメニスタン ゴール

やはり、アジアカップは簡単ではありません。

 

その後、トルクメニスタンはパワープレーでロングボールを放り込んできます。

いつ点を取られてもおかしくない中、なんとか試合終了のホイッスル。 

 

まとめ

なんとか勝ったという感じです。

アジアカップの厳しさを思い知らされます。

格下の相手にも簡単ではない、それがアジアカップ

 

ボランチの柴崎、富安は終わってみれば上手くやった方ではないでしょうか。

 

ワールドカップを戦ったメンバーは安定感のある活躍。

堂安はゴールでアピールできたものの、南野、北川は評価できるプレーではありませんでした。

 

日本はポゼッション70%を誇りながらも、枠内シュートは6本という試合展開。

課題の多く残る試合になりました。

 

しかし、日本はアジアカップ優勝ができるレベルである事は間違いありません。

皆さんで日本を応援しましょう!

 

第2戦は、

2019年1月13日(日)22:30〜

日本vsオマーン

となります。

日程はこちらにまとめてありますので、ご覧下さい。