MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

AFCアジアカップカップ2019 ラウンド16 日本 vs サウジアラビア 試合レビュー

絶対に負けられない戦いがここにある!

f:id:manochang:20190106181549j:plain

AFCアジアカップ2019 ラウンド16

2019年1月21日

日本 vs サウジアラビア

 

ここからは、ノックアウト方式となります。

アジア制覇が絶対条件の日本にとっては、絶対に負けられません。

スターティングメンバー

4-2-3-1

                      武藤嘉紀

        原口元気 南野拓実 堂安律

                  柴崎岳   遠藤航

長友佑都 吉田麻也 富安健洋 酒井宏樹

                         権田修一

 

前の試合で、大幅にメンバーを入れ替えていた事から、ほぼスターティングメンバーは体力満タンの状態で試合に臨めます。

 

大迫のみ、コンディションが戻らず、代わりに武藤が出場となりました。

 

前半

序盤から、相手に圧倒的にボールを支配されます。

日本はボールを奪っても落ち着かせる事ができず、全くボールを保持できません。

やはり、サウジアラビアは今までの相手との違いを感じます。

 

サウジアラビア優勢の状態が続く中、なんと先制したのは日本!

前半20分 富安 ゴール

日本は、ワンチャンスをものにします!

コーナーキックから、富安の高さを活かしたヘディングが決まります!

アジアカップ最年少ゴールとなりました!

 

ゴールした事で、少しづつ日本にもボールを保持する時間が増えていきます。

しかし、サウジアラビア優勢の流れは変わりません。

 

サウジアラビアがボールを保持する時間が長いまま、前半終了。

サウジアラビアはボール保持率70%、日本は30%。

危ういながらも、なんとか前半を無失点に抑えました。

 

後半

前半同様、サウジアラビアが ボールを支配します。

サウジアラビアが前がかりで来る為、日本もチャンスを作るシーンがありますが、サウジアラビアも何回も決定機を作ります。

しかし日本、なんとか凌ぎます。

 

後半32分 南野 → 伊東

スピードのある伊東を投入します。

ロングボールで、一気にカウンターを決める作戦か。 

南野は今回も結果を残す事ができませんでしたが、懸命に走って貢献しました。

 

後半43分 堂安 → 塩谷

柴崎を前線に上げ、中盤の守備を厚くします。

守りきる作戦です。

 

後半46分 武藤 → 北川

武藤、よく走りました。

足が痙攣していた為、北川に託します。

 

サウジアラビアの猛攻が続く中、試合終了。

なんとか勝利をものにしました。

 

 

まとめ

予想通り、かなり厳しい試合となりました。

この試合をものにできたのは大きい!

 

全体として目立った選手、活躍した選手はいませんでした。

しかし、チーム全体でサボる事なく走りきり、1点を守りきりました。

 

まだまだ、厳しいアジアカップが続きます。

 

今後の日程

準々決勝

日本 vs ベトナム
2019年1月24日(木)22:00 キックオフ

(Al Maktoum Stadium)

 

予想に反し。ヨルダンが敗戦のため、ベトナムが対戦相手となりました。

日本にとっては、正直やりやすい試合になったでしょう。

 

ただし、負けたら終わりの一発勝負の為、気は抜けません。

メンバーの入れ替えは多少あり得ますが、ウズベキスタンさんのような大幅変更は、あまり考えられません。

 

武藤が累積2枚目のイエローカードとなった為、次回出場ができません。

大迫は、間に合うでしょうか。

無理させず、北川でいくのか。

 

さて、森保監督は、どのような決断をするでしょう。

 

次回も、みんなで日本を応援しましょう!

頑張れ日本!