MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

事実上の決勝戦か!? AFCアジアカップカップ2019 準々決勝 日本 vs イラン 試合レビュー

絶対に負けられない戦いがここにある!

f:id:manochang:20190106181549j:plain

AFCアジアカップ2019 準決勝

2019年1月28日

日本 vs イラン

 

FIFAランクアジア最上位の29位イランとの準決勝です。

前大会優勝のオーストラリアソン・フンミン擁する韓国が共に敗退している為、事実上の決勝戦になりまねません。

日本にとって、このアジアカップで最も難しく、厳しい戦いになります。 

   

スターティングメンバー

4-2-3-1

                        大迫勇也

        原口元気 南野拓実 堂安律

                  柴崎岳   遠藤航

長友佑都 吉田麻也 富安健洋 酒井宏樹

                         権田修一

 

大迫がコンディション回復し、イラン戦に間に合いました。

ベトナム戦では北川が先発しましたが上手く回らず、大迫が交代で入ると違いを見せてくれました。

日本は、大迫頼みが露呈している為、これは大きいです。

 

その他はメンバー変わらず、ベストメンバーで挑む事になります。

しかし、過密日程の中行われているアジアカップ疲労が心配です。

ベンチワークが重要となり、交代で出場する選手がキーマンとなってくるでしょう。

 

前半

序盤から激しい展開が続きます。

両者互角の戦いです。

 

イランはロングボールを活かした攻撃と、ロングスローと高さを武器に特典を狙ってきます。

エース・アズムンに決定的なチャンスがありましたが、間一髪、権田が脚でなんとか防ぎます。

 

日本は、なかなか相手のディフェンスを崩せず。

頼みの大迫は、まだコンディションが万全でないのか、トラップが大きくなり、ボールが収まりません。

 

両者、いつ得点が入ってもおかしくない状況ですが、無得点のまま前半を終えます。

無得点ですが、緊迫感があり、あっという間の前半でした。

まさしく、アジアトップ国同士の対決です。

 

後半

後半も前半同様、激しい展開が続きます。

 

どちらに得点が入ってもおかしくない中、均衡が破れます。

後半10分 大迫 ゴール

一度は倒された南野

イラン複数人が審判に話に行った隙に立ち上がり、素晴らしいクロス。

大迫がヘディングを決めます。

南野、よく集中切らさずプレーしました。

イランは油断しました。

 

後半14分 遠藤 → 塩谷

遠藤が相手選手に倒され、プレー不能に。

状況が心配です。

 

激しく試合が展開する中、南野が相手のハンドを誘い、PKを獲得します。

一度はVARで確認になりましたが、明らかにハンドです。

後半20分 大迫 ゴール

大迫、素晴らしい集中力でPKを決めます。

今大会、無失点のイランから2点をリードします。

 

イランは前がかりになってきます。

その分、守備が疎かになり、日本は何度となくシュートチャンスを作ります。

 

後半27分 酒井 → 室屋

イエローカードを貰っている酒井と交代で、室屋が入ります。

 

イランは苛立ちが隠せません。

ラフプレーが目立ってきますが、日本は集中して守ります。

 

後半43分 堂安 → 伊東

スピードのある伊東が投入です。

この場面で伊東の投入は、非常に効果的です。

 

イランは疲れてきたのか、集中力が切れ始めます。

後半46分 原口 ゴール

ダメ押しの3点目が入ります。

試合はこれで決まりました。

 

イランは熱くなり、両者揉めるシーンもありました。

 

厳しい戦いでしたが、日本勝利しました。

 

総評

アジアNo.1を決める戦いに相応しい試合となりました。

終わってみれば、今大会無失点、最多の12得点、そして公式戦で39戦アジアに無敗のイランに3-0の快勝となりました。

 

日本は、最初から最後まで全員集中を切らさず、よく守りました。

今大会、ベストの試合だったのではないでしょうか。

 

次は、優勝を決める勝戦です。

疲労が気になるところですが、油断をせず、優勝をを期待したいと思います。

 

今後の日程

勝戦 日本 vs カタールorアラブ首長国連邦

 2019年2月1日(金)23:00 キックオフ

 (Zayed Sports City Stadium)

 

いよいよ勝戦となります。

2大会ぶりの優勝目指し、みんなで日本を応援しましょう! 

頑張れ日本!!