MANO-LOG

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】
フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】
フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】
めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】
一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】
サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】
サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

メルカリなどのフリマサイトで売れるコツ!相場情報を掴め!値下げ交渉には応じるべきか?

「メルカリ」ヤフオク!」などのフリマサイトを利用していますか?

 

現在、様々なフリマアプリがあり、不用品は簡単にお金に変わる時代になった。

昔は、出品するのに有料会員になる必要があったヤフオク!」も、「メルカリ」ラクマの登場により、無料で出品サービスを提供せざるを得ない状況となり、市場は加熱している

 

簡単に出品できるようになったはいいが、実際に商品が売れなければお金には変わらない

出品した商品が売れずに残っている人は、よほどその商品に需要がないか、価格設定を間違えている。

 

「メルカリ」でCDや本を売りまくった僕が、フリマサイトで商品を売れやすくするコツをまとめる。

   

そのサイト内での相場を調べる

f:id:manochang:20181230202001j:plain

商品の価格設定をする際、「メルカリ」だと商品の推奨価格を提案してくる。

その価格はあまり当てにならない為、そのまま出品すると損をするか売れ残ってしまう。

 

出品する際に大事なことは、まずそのサイト内での相場を調べる事だ。

よほどレアな商品でない限り、同じ商品が出品されている。

 

また、Amazonで価格の相場を調べておく事も大事だ。

 

ネットショッピングを利用する多くの方は、Amazonで買い物する事が多い。

当然、Amazonで売られている価格よりも高い価格で出品してしまっては売れ残りやすくなってしまう。

 

フリマサイトには、それぞれ特徴がある。

そのサイトによって相場も変わってくる為、商品によってサイトを変えるのも一つの手だろう。

ただし、面倒臭い。

 

相場最安値よりも少し安い価格に設定

f:id:manochang:20190101224634j:plain

商品を売れやすくするためには、サイト内の最安値にする必要がある

当然、利用者はなるべく安い値段で買いたいと思っている。

最安値、またはそれに近い価格設定にしないと反応すらされない。

 

ただし、闇雲に最安値にするだけでは損をしてしまう場合がある。

 

まずは、最安値の商品をリサーチする。

すると、破損していたり汚れが目立つ商品の場合が多い。

何かしら欠陥があるから安くなっているという事だ。

 

自分の商品の状態がそれよりも良い状態であれば、その商品は比較対象外とする。

そして、次に安い商品をリサーチする。

商品名検索して、安い順に並べ替えるだけなので簡単だ。

 

そして、自分の商品と同じ程度のものが見つかったら、それよりも少しだけ安い価格設定で出品する。

これで完了だ。

 

値下げ交渉には応じるべきか?

f:id:manochang:20190106180715j:plain

フリマサイトで出品した場合、利用者から値下げ交渉を持ちかけられる事がある。

結構多い。

 

その場合、その値下げ交渉に応じるべきか否か?

僕は、なるべく応じるようにしている。

 

経験として、値下げ交渉に応じなかった商品は売れ残ってしまってきた。

つまり、その価格設定では需要がないということになる。

 

しかし、ただ「はいはい」とその値下げ交渉に応じていては損をする。

まずは、他の出品者が新たに同じ商品を売っていないかを確認する。

その価格次第で、それより少し低い価格ならいいだろう。

 

値下げ交渉してくる利用者は、多くの場合、やや低めの価格を提案してくる。

「この価格にしてくれたらラッキー」

という感じだ。

あちらも、その価格で売ってくれるとは思っていない。

その間にするのが上手い交渉の仕方だ。

 

例えば、1,000円で出品している商品に、「600円で売って欲しい」と言ってきたら800円くらいにしておけば、だいたいの場合買って頂ける。

 

もちろん、相当無理な価格を提案してくるアホな人もいるので、きちんと相場をチェックする必要がある。

1,000円で出品している商品に、「100円で売って欲しい」と言われたら、相場をチェック。

最安値が800円になっていたとしたら、その価格で提案するといいだろう。

   

それでも売れなければ徐々に値下げする

f:id:manochang:20190206120307j:plain

それでも売れない場合がある。

その商品に、その価格での需要がないということになる。

 

その場合は、徐々に値下げしていく。

 

1,000円で出品していて売れなければ、900円800円と徐々に値下げしていく。

「メルカリ」では、商品情報が更新されると、サイトのトップページに掲載される為、利用者の目につく事が多い。

 

この時、ポイントとして、「値下げした商品」ということをわかりやすくすると良い。

 

僕が使っている方法はこうだ。

商品名の最初に【値下げ】と付ける。

例えば、「スキニーパンツ黒」だとイメージはこうなる。

 

「スキニーパンツ黒」

    ↓

「【値下げ】スキニーパンツ黒】」

 

こうすると目を引く事ができ、反応も良い。

 

まとめ

f:id:manochang:20190131210936j:plain

「メルカリ」ヤフオク!」などのフリマサイトで、売れるコツをまとめた。

この方法を使えば、だいたいの商品は売る事ができるだろう。

これでも売れなければ、その商品はよほど世の中に需要のないものだ。

 

なかなか商品が売れなくいて悩んでいる人は、是非参考にして頂きたい。

 

相場を調べるには、日本最大級のショッピング・オークション情報サイト【オークファン】を利用すると便利だ。

ヤフオク!」「ラクマ」「Amazonなどの相場を簡単に調べる事ができる