MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

一日の隙間時間の平均は1時間9分!隙間時間の活用方法を考える

別の記事を書いている時、流れの中で隙間時間の平均について調べる機会がありました。

 

なんとなく読んでいましたが、かなりの隙間時間があるようです。

 

なんと1日の隙間時間の平均は、

1時間9分!

 

1日は24時間しかないのに、これはもったいない!

この時間を何かに活用しなければ...

 

隙間時間の活用方法について考えてみます。

   

スマートフォンで隙間時間を活用

f:id:manochang:20190122215438j:plain

隙間時間というものは突然やってきます。

「ん?今手が空いてるぞ?」

と思った時、すぐに取り出せるもの。

それは、スマートフォンです。

 

スマートフォンこそが、最高の隙間時間の活用グッズです。

 

では、スマートフォンで何をするのか?

ついついSNSやネットニュースをチェックしていませんか?

自分の人生をより豊かにする為には、別の事に使った方がいい気がします。

 

本を読む

f:id:manochang:20190122214822j:plain

隙間時間に、本を読むのはいかがでしょうか?

 

本からはたくさんの事が学べます。

自分を向上させる為に必要なコンテンツの一つです。

 

例え5分くらいの隙間時間でも、積み重なれば1冊の本を読む事は意外と簡単です。

 

集中できない、と言う人がいるかもしれません。

確かに、小説やら漫画だと集中した読みたいので隙間時間に読むのには向いていませんね。

 

隙間時間に読むならば情報を得られる本、ビジネス書や実用書などがいいでしょう。

章ごとに分かれて書かれている場合が多いので、小分けにしても理解しやすい内容です。

 

電子書籍で本を読む事に抵抗がある方は、考えを改めた方が良いでしょう。

電子書籍には様々なメリットがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

www.manochang.com

 

電子書籍を利用するならKindle Unlimited」がおすすめです。

www.manochang.com

 

メール・LINEの返信

f:id:manochang:20190122215808j:plain

メールやLINEの返信を、まとめて隙間時間に済ませておくのはどうでしょう?

 

仕事のメールや知人からのLINEなど、

「後で返信しないと」

と思っているその隙間時間に済ませておけば、後の時間を有効活用できます。

 

さっさと返信を済ませておけば、考える事も一つ減り、それよりもより大事な事を考える時間に使えます。

 

そして、「隙間時間以外には返信はしない」と決めておけば、その他の時間をさらに有効活用でき、1日の生産性も上がります。

 

仕事を進める

f:id:manochang:20190310205458j:plain

スマートフォンを使ってできる仕事を進めるのはどうでしょう?

顧客との顔合わせなどは無理だとしても、その他の仕事はスマートフォンを活用すればできる事は多いはずです。

 

例えば、プロジェクトの未来を考えたり、書類の作成に当ててもいいでしょう。

調べ物をする事もできます。

今の時代、スマートフォンで仕事をするのは常識となっています。

 

ブログを書くのもおすすめです。

実際、この記事も隙間時間を活用して書いています。

隙間時間は、1日に1時間程度あるわけですから、隙間時間を活用すれば時間を作らずとも1日1記事は書けてしまいます。

 

昼寝

f:id:manochang:20190108163542j:plain

昼寝の効果は絶大です。

睡眠不足を補ったり、仕事の生産性を上げる、さらに健康にも良いとされています。

 

しかし、隙間時間に昼寝など無理だと思うかもしれません。

 

昼寝は、1分〜30分程度が効果的です。

5分程度の隙間時間でも、昼寝を取り入れると良いでしょう。

 

目を閉じるだけでもOKです。

大切な事は、視覚情報をシャットアウトして脳を休ませる事です。

 

30分を超えると逆効果ですので、気をつけましょう。

詳しくはこちらをご覧下さい。

www.manochang.com

 

家事

f:id:manochang:20190310205635j:plain

家にいる時、ちょっとした隙間時間ができたら、家事をするのはどうでしょう?

 

家事は、生活の中で必ず付いて回るものです。

人が1日の家事に使う時間の平均は、約2時間と言われています。

洗濯や掃除などが後々残っていると、精神的にも負担になります。

 

隙間時間に少しずつでも家事を終わらせておけば、負担は軽減されます。

 

例えば、少し時間が空いた時に「洗濯物をたたむ」「トイレ掃除をする」などしておけば、まとめて時間を取る必要もありません。

さらに、家事に使うはずだった時間も他の事に有効活用できます。

 

「そのうちやろう」と思って、なかなか整理整頓できない場所の整理をするのもいいと思います。

やろうと思っているタスクをこなせば、精神的な負担もなくなり、気持ちもすっきりするはずです。

 

まとめ

f:id:manochang:20190108155103j:plain

隙間時間の活用方法について、考えをまとめてみました。

 

1日の平均隙間時間は1時間9分です。

1ヶ月で34時間半

1年で約420時間です。

 

あなたがもし隙間時間に何も行動を起こさなければ、それだけの時間が消えていってしまっています。

逆にその時間を有効活用できれば、それだけの時間が生まれる事になるのです。

 

もし、その時間を自分の向上する事に使えばどうでしょう?

おそらく、人生が好転する事は間違いありません。

 

隙間時間を無駄に消費している人は、今一度、隙間時間の活用方法について考えてみて下さい。