出世したくない理由はメリットがないから【断るか転職すればOK】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。
サラリーマン時代は、出世しそうになりましたが断りました。

「出世したくないんだけど断って大丈夫?」
「出世したくない人ってなんで出世したくないの?」

この記事では、こんな疑問に答えます。

出世したくない人や、出世したくない人を部下に持つ人向けに、「出世したくない理由はメリットがないから」というテーマでまとめています。

出世したくない理由はメリットがないから

出世

「出世したくない」という人が増えています。
サラリーマン時代の僕も同じだったので、気持ちはわかります。

出世したくない理由は、メリットがないからです。
例えば、以下の通り。

  • ストレスが増える
  • 残業が増える
  • 仕事内容が給料に見合わない

それぞれ深掘りします。

ストレスが増える

出世すると、ストレスが増えます
管理職になると、上からと下からの板挟みになって、メンタルに負担がかかるからです。

例えば、下からの要求がたくさんあってもうえはそれを認めない、ということが頻繁に起こります。
しかし、管理職になると上の指示を聞きつつ、下の人を納得させなければなりません。
ある意味、両方から文句を聞かなければならないので非常にストレスです。

出世しなければ、上への要求を言っているだけでOKなので精神的に楽チンです。
ストレスを抱えてまで出世しようとは思いません。

残業が増える

出世すると、残業が増えることがあります。
しかも、裁量労働制といってサービス残業になってしまう会社も少なくありません。

ちなみに、裁量労働制の解説は以下です。

裁量労働制(さいりょうろうどうせい)とは、労働者が雇用者と結ぶ労働形態のひとつである。労働時間と成果・業績が必ずしも連動しない職種において適用され、あらかじめ労使間で定めた時間分を労働時間とみなして賃金を払う形態である。

(引用元:Wikipediaより)

自分で仕事をコントロールできるというメリットはありますが、仕事が終わらず「泣く泣くサービス残業」というのが現実です。
そのような労働環境に身を置いてまで出世したくないという人が多いということです。

仕事内容が給料に見合わない

出世しても、仕事内容は給料に見合いません
出世したら給料が上がるのが一般的ですが、仕事の変化に相応するほどの金額が上がるわけではないからです。

例えば、管理職になりストレスは増え、責任のある立場になったとしても、昇給は1万円とかだったりします。
しかも、サービス残業が増えた分だけ収入が減ってしまうなんてこともあります。

ストレスを抱え、労働時間が増えるのに、その分のお金がない貰えないのであれば出世したくないのは当然です。

出世したくないなら回避すべし

転職

出世したくないなら回避しましょう。
前述しているように、出世してもメリットはありません。

出世を回避する方法は2つです。

  • 出世の提案を断わる
  • 転職する

それぞれ深掘りします。

出世の提案を断わる

出世したくない場合は、シンプルに出世の提案を断りましょう
会社からしたら「出世させてやる」的な考えが多いので、断ればたいがい大丈夫です。

例えば、「まだ現場にいたいので…」とか言えばOKです。
僕はこの方法で回避しました。

「どうせ辞めるつもりなので…」とか、会社にとってマイナスなことを言うと感じが悪いのであまりおすすめではありません。
なるべくやんわり断るのがベターです。

とはいえ、わりと強制的に出世させてくる場合もあります。その場合の対処法は次に解説します。

転職する

強制的に出世させられそうになった時、それは転職しかありません
このまま出世してして、しんどい生活が待っているよりは、仕事を変えてしまった方がいいからです。

例えば、ストレスも残業もなく、何も不満がない労働環境を抜け出してまで出世する必要がありますか?
もしそうでなくても、今よりも辛い環境になる可能性は非常に高いです。

そもそも、現在の日本は終身雇用が崩壊しています。会社で順調に出世していっても、ある時突然リストラの対象になることもありえます。

会社に所属し続けて依存してしまうのは、リスクを上げる行為です。
それよりも、複数の会社を経験して、多くのスキルをつける方が効率的で安全な生き方です。

場合にもよりますが、強制的に出世させられそうになったら転職することも一つの手です。

まとめ:出世したくない気持ちは正解

出世

出世したくない理由はメリットがないから」というテーマでまとめました。
出世を回避する方法も書きましたので、出世したくない人は参考にして下さい。

結論、出荷してもメリットはありません。

繰り返しですが、出荷を回避する方法は以下の通りです。

  • 出世の提案を断わる
  • 転職する

自分の生活は自分で守りましょう。

とはいえ、「自分は会社で出世するぞ!」という人もいます。
考えは人それぞれなので、全然OKだと思います。

ただ、この記事で解説したように、出世することにはメリットがないことも頭に入れておいて下さい。

この記事が、今後の人生をサポートする手助けになれば幸いです。