横柄な態度を取る人の特徴と心理【横柄な態度を取る人への対処法も解説】

f:id:manochang:20190813212656j:plain

こんにちは、マノアキラです。

会社員時代は、接客業をやっていました。

 

先日の僕のツイートです。

おはようございます🌞

本日より最高な連休を過ごす人もいれば、地獄の日々を過ごすサービス業の人もいます。

サービス業の人たちはマジで大変なので、サービスが遅れたり間違えたりしても暖かい目で見てあげましょう。

お客さんも店員も基本的に対等な立場だと思うので、横柄な態度は間違いです。

今回は、横柄な態度の人」について深掘りしていきます。

 

接客業をやっていると、よく横柄な態度を取ってくる人がいます。

店員としている以上、その人に接することは避けられません。

横柄な態度を取る人には腹が立ちますし、こちらの態度も悪くなりがちです。

 

しかし、横柄な態度を取る人の特徴や心理を理解しておくことで、上手に対応することができます。

 

この記事では、「横柄な態度を取る人の特徴と心理」、そして【横柄な態度を取る人への対処法】について解説していきます。

現在、接客業を行なっていて、横柄な態度のお客さんへの対応を困っている方は参考にして下さい。

 

横柄な態度とは?

f:id:manochang:20190811231926j:plain

ここまで横柄の読みがわからなかった人は、スイマセン。

「横柄=おうへい

と読みます。

 

意味は、goo国語辞書より引用します。

いばって、人を無視した態度をとること。無礼、無遠慮なこと。また、そのさま。

(引用元:横柄/押柄(おうへい)の意味 – goo国語辞書

簡単に言えば、態度が悪いってことです。 

 

例えば、

  • 店員に対して威張る
  • 初対面なのにタメ口

なんかは横柄な態度といってもいいでしょう。

受け手としては、良い印象ではありません。

自分は気持ちよくなりますが、人の気を悪くさせる態度です。

横柄な態度を取る人の特徴

f:id:manochang:20190811231944j:plain

横柄な態度を取る人には一定の特徴があります。

例えば、以下の通りです。

  • 自己中心的
  • すぐ怒る(クレームを言いがち)
  • すぐ調子に乗る(自慢話)
  • 自分の上司や先輩には謙虚
  • 敬語ではない

自己中心的

基本的に横柄な態度を取る人は、自己中心的な考えです。

他人が気分を悪くしようと、自分が気持ちよければそれでいいという考えです。

 

例えば、お店が混雑していて自分も待たされた時、

「早くしろ、こっちは待ってるんだぞ」

と言ったりします。

混雑している中でも頑張っているお店側の気持ちを全く考えない、自分が気分が悪いから文句を言うという自己中心的な考えです。

すぐ怒る(クレームを言いがち)

横柄な態度を取る人は、ちょっとしたことでもすぐに怒ります

普通の人なら気にしないことでも、ここぞとばかりに攻撃してくることがあります。

これは、クレームを言うことによって自分の立場を上にし、優位に立つことで気持ちよくなるためです。

 

例えば、実際に僕が飲食店時代に経験したお客さんで言うと、

「コーヒーが熱すぎる、どうなっているんだ」

とか言ったりしてきました。

ホットコーヒーが熱いのは当然ですが、このように隙のないところにも隙を作ってクレームを言ってくる場合もあります。

すぐ調子に乗る

横柄な態度を取る人は、ちょっと褒めただけでもかなり調子に乗る特徴があります。

後ほど説明しますが、横柄な態度を取る人には自分に自信がない人が多いので、褒められると人一倍嬉しくなってしまいます。

逆に、人の自慢話には興味がありません。

人が自慢話を始めると、話を遮って自分の話に持っていくことが多いです。

自分が上に立ちたいという思いがあり、自分の立ち位置が下にならないようにするためです。

自分の上司や先輩には謙虚

横柄な態度を取る人は、自分の上司や先輩など目上の人には謙虚な態度になります。

逆に、後輩やお店の店員さんなど、自分が優位に立てそうな場面になると急に態度が一変します。

これは、両親の育て方が影響しています。

親と子の関係が、「支配する者」と「支配される者」という人間関係が当然だという考えを植え付けられると、大人になってもその考えが離れないのです。

敬語ではない

わりとわかりやすい特徴として、初対面でも敬語を使わないことが多いです。

これは、自分が初めから上の立場だと思わせたいからです。

友達の友達とか、すでに対等な立場が確立されているときはいいですが、そうでない場合は敬語を使わなければ横柄な態度と捉えられます。

 

例えば、お店のお客さんだとしても、店員にタメ口で話す人は横柄な態度に取られがちです。

コンビニで弁当を温めるか聞かれて、

「お願いします」

ではなく、

「おう」とか「温めて」

だと横柄に感じますよね?

横柄な態度を取る人の心理

f:id:manochang:20190811231953j:plain

横柄な態度を取ってしまうのには、理由があります。

その理由は、その人の心理を探ることで理解できます。

横柄な態度の人の心理は以下の通り。

  • 自信がない(自分を大きく見せたい)
  • 自分は偉いと思っている
  • マウントを取りたい(優越感)
  • ストレス発散したい

自信がない(自分を大きく見せたい)

横柄な態度の人の多くは、自分に自信がない人です。

自分の自信のなさや能力の低さを他の人に悟られたくないため、口先だけでも自分を大きく見せようとします。

自分を大きく見せて周りを威圧することで、自分が優位に立ったと勘違いしてしまいます。

優位に立ったことが気持ちよくなり、同じことを繰り返してしまいます。

自分は偉いと思っている

横柄な態度の人は、なぜか自分は偉いと思っています。

特に、自分より立場が弱そうな人に対してその思いは強くなります。

例えば、

  • 店員よりも自分の方が偉い
  • 後輩よりも自分の方が偉い

という考えです。

自分に対する評価が甘く、人に対する評価が厳しいということも特徴です。

マウントを取りたい(優越感)

横柄な態度の人は、マウントを取って自分の立場が上であることを示してきます

これは、他人よりも自分の方が優れているという優越感に浸りたいためです。

 

例えば、何か自分にできないことを他人ができると示してきた時、

「それって〇〇でしょ?自分もできるけどやらないだけだよ」

といった感じで、あたかも自分の方が優れている感を出してきます。

ストレス発散したい

横柄な態度の人は、単純にストレスを発散したいだけのこともあります。

自分に自信がなく、劣等感があるためストレスが溜まりがちです。

自分より立場が低い人を相手にして横柄な態度を取ると、自分が優位に立ったと勘違いして気持ちがよくなります。

しかし、人を下に見て自分を高いと勘違いするのは、あまりいいことだとは言えません。

 

横柄な態度を取る人への対処法

f:id:manochang:20190811232019j:plain

実際に横柄な態度の人に出会ってしまうことがあります。

飲食店やサービス業の人になると、多くの人と接する中でそのような人との接触は避けることはできません。

横柄な態度の人と出会ってしまった場合、どのように対処したらいいのかを解説します。

例えば、以下の行動はおすすめです。

  • 冷静に対応(隙を見せない)
  • 特徴や心理を理解
  • 軽く受け流す
  • あらかじめ覚悟する
  • なるべく近づかない

冷静に対応(隙を見せない)

とにかく冷静に対応することです。

横柄な態度の人と接すると、こちらは気分が悪くなり、腹が立ちがちです。

しかし、こちらが少しでも態度を悪くしたり、失敗したりするとそこにつけ込んで文句を言ってきます。

腹が立っても、冷静になって我慢することが大切です。

前述したように、少しでも隙を見せるとここぞとばかりに攻撃してきます。

何も言われることがないくらいに準備して対応することができれば、上手に対処することができるでしょう。

特徴や心理を理解

この記事内で説明したような特徴や心理を理解をしておくと対応しやすいです。

相手のことを理解できれば、こちらは腹もたたずに冷静でいられることができます。

例えば、横柄な態度の人と接したときに、

「この人は自信がないんだな」

「この人は優越感に浸りたいんだな」

と思うことができれば、案外こちらは冷静でいることができます。

軽く受け流す

横柄な態度の人と出会った時に、軽く受け流すのは有効な手段です。

理不尽な言葉や態度をまともに受けていては、冷静な態度もできずにストレスが溜まってしまい、こちらが保ちません。

横柄な態度の人が何か言ってきたら、その言葉をまともに受けずに軽く謝っておきましょう。

心から謝罪の気持ちを持つことはなく、謝るのは口先だけでOKです。

あらかじめ覚悟する

横柄な態度の人と接するときは、あらかじめ覚悟しておくと対応しやすくなります。

横柄そうな人がいたら、冷静に対応できるように心を鎮めてきましょう。

とはいえ、突然目の前に現れることもあります。

その場合はそういう人はよくいるものだと、当然のこととして捉えておくと冷静に対処できます。

なるべく近づかない(追い出す)

横柄な態度の人を見つけた場合は、なるべく近づかない方がいいです。

近づいてもいいことはなく、面倒に巻き込まれるだけです。

例えば、飲食店で横柄なお客さんがいたら、その人の近くを歩かないとかするといいでしょう。

とはいえ、接客業であれば接触は避けられません。

接触してしまった場合は、なるべく早くその人が他のところへ行ってもらうように誘導しましょう。

クレームを言い出したら、返金してでも早く帰ってもらう方がいいです。

基本的に「お客さん>店員」ではない

f:id:manochang:20190811232030j:plain

ここでちょっと余談ですが、横柄な態度の人はお店の店員を下に見る場合が多いです。

いわゆる「お客様は神様だ」的考えを持っています。

しかし、これは明らかに間違っています。

 

お客さんとお店は、お金とサービスを等価交換する関係で成り立っています。

ただお金を上げるだけ、という関係なら偉いのかもしれませんがそうではありません。

 

例えば、喫茶店で400円のコーヒーを頼んだとしたら、以下のサービスなどが含まれています。

  • 材料費
  • 人件費
  • 設備費

これらと400円を交換しているのであって、「偉そうにしていい」という費用は含まれていません

横柄な態度を取る人は、その辺を勘違いしがちです。

 

自分が横柄な態度を取ってしまう人の改善方法

f:id:manochang:20190811232042j:plain

もし、自分が横柄な態度を取ってしまっているとしたら改善しましょう。

横柄な態度は、自分が一時的に気持ちよくなるための行為であり、根本的に自分自身の立場を上げるためのものではありません。

むしろ人に嫌われ、避けられるよな存在となるでしょう。

 

横柄な態度を直したいと思っている人は、以下のことを意識しましょう。

  • 感謝の気持ち
  • 誰にでも同じ態度
  • 心に余裕を持つ

感謝の気持ち

横柄な態度を取る人は、

「やってもらって当然」

という考えです。

しかしこの考えを持っていては、人は離れていき、やがて誰も近づこうとしなくなるでしょう。

 

感謝の気持ちを表すと、相手も「またやってあげよう」という気持ちになります。

人間関係もよくなるでしょう。

誰にでも同じ態度

横柄な態度を取る人は、人によって態度を変えます。

自分よりも弱い人にだと認識すると、横柄な態度を取ってしまいます。

これは、人に嫌われ信頼を失う行為です。

 

誰にでも同じ態度を取ることは、人からの信用を得ることができます。

ありのままの自分で接することがポイントです。

目上の人に取っている謙虚さを、後輩や店員さんさんにもできるようになるといいでしょう。

心に余裕を持つ

横柄な態度を取ってしまう原因として、心に余裕がない場合があります。

例えば、自分に自信がなかったり、生活に余裕がなかったりする場合です。

心に余裕がない人は、他人に厳しくあたってしまいます。

 

心に余裕を持つためには、自分を日々高める努力が必要です。

努力は自分に自信をもたらし、心の余裕を作ります。

 

まとめ:上手に対応できるとレベルが上がります

f:id:manochang:20190811232052j:plain

「横柄な態度を取る人の特徴と心理」、そして【横柄な態度を取る人への対処法】について解説してきました。

接客業の人は、横柄な態度のお客さんへの対応時に参考にして下さい。

また、自分が横柄な態度を取ってしまう人も、なるべく横柄な態度を取らないように改善方法を参考にして下さい。

 

接客業で横柄な態度を取っている人を相手にしていると、メンタルのレベルが上がります。

何も考えずに毎回毎回、同じような感情を持って接していては、精神的に疲れてしまうだけなので、上手に対応する技術を身につけましょう。

POINT!

  • 横柄な態度を取る人の特徴と心理を理解しよう!
  • 横柄な態度を取る人には対処法を理解して上手に対応しよう!
  • 自分が横柄な態度を取らないように注意しよう!

また、 「頭のおかしい人に出会ってしまった時の対処法」も解説した記事がありますので、興味のある方は是非ご覧になって下さい。↓