MANO-LOG

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】
フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】
フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】
めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】
一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】
サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】
サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

「完全キャッシュレス時代」世の中から現金は無くなる!?日本の生活は変化する!

楽天「スマートスタジアム構想」を発表しました。

f:id:manochang:20190101191606j:plain

J1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」の本拠地ノエビアスタジアム神戸と、プロ野球球団「楽天イーグルス」の本拠地楽天生命パーク宮城が、2019年開幕戦より順次、「完全キャッシュレス化」するという事です。

 

「完全キャッシュレス化」、つまり現金が使えなくなるということですね。

支払いは楽天ペイ」「楽天Edy」「楽天ポイントカード」「クレジットカード」「デビッドカード」となります。

   

あなたは否定派?肯定派?

f:id:manochang:20190101191501j:plain

この構想には、賛否両論です。

「ファンを辞めます」などの声も上がっています。

 

日本は世界と比較し、キャッシュレス化が遅れている為、未だに現金を主に使っている方が多いのです。

電子マネーを使用した事のない方は、この「完全キャッシュレス化」に戸惑う事でしょう。

 

しかし僕は、完全肯定派です。

世の中にはこのような節目が必要となります。

 

昔はガラケーにこだわっていた方も、結局スマートフォンに代えています。

スマートフォンの方が明らかに便利なのに、ガラケーにこだわっているのは、保守的な日本人の悪いところでしょうか。

 

ガラケー=現金

とすれば、

スマートフォン=キャッシュレス

と、置き換えることもできます。

 

つまり、現金は近い将来、この世からほぼ無くなるでしょう。

 

楽天「完全キャッシュレス化」には、ホリエモンこと堀江貴文氏もtwitterで「これはいいね」と発言しています。

 

楽天ペイ、Edyにしか対応しないならファンを辞めます」など、

否定している人は、きっと保守的で頭の堅い人でしょう。

このような人は時代に適合できず、取り残されていきます。

勝手にファンを辞めればいいと思います。

どうせそのうち、キャッシュレスを使うようになると思いますが...

 

高齢者にこそキャッシュレス 

f:id:manochang:20190120192928j:plain

否定派する人の意見で、高齢者がキャッシュレス決済に理解がない事を挙げている人がいますが、それは間違った見解です

 

高齢者にこそ、キャッシュレス決済を推奨する事で、世の中が上手く回ります。

 

例えば、スーパーのレジなどで、お会計のみ機械で行う所が増えています。

それは、レジの効率化を図り、混雑を防ぐ為ですが、原因は主に高齢者の支払いの遅さにあります。

そもそも高齢者がキャッシュレス決済を使えば、混雑は解消されるはずです。

 

高齢者の支払いが遅いのは仕方のない事です。

だからこそ、簡単で素早く決済できるキャッシュレス決済を推奨すべきなのです。

 

まとめ

f:id:manochang:20190101192359j:plain

現在、キャッシュレス化は進んでいく一方です。

楽天「完全キャッシュレス化」を皮切りに、次々と企業が導入していく事と思います。

 

これを肯定するか、否定するかは、もう関係ありません。

キャッシュレス化の波を止める事はできないので、問題は「どのように対応していくか」という事です。

 

ヨーロッパ諸国に比べて、日本は遅れをとっています。

ヨーロッパでは現金払いの場合、倍の金額を払わなければいけない事もあるそうです。

 

おそらく将来、銀行で現金を下ろす時、今では考えられない程の手数料を取られるようになるでしょう。

まだ、キャッシュレスを使っていない方は、すぐにでもキャッシュレス化する事をお勧めします

 

経済産業省は2025年までに、キャッシュレス決済比率を40%とする目標を立てています。

 

もし、あなたのご両親が現金派ならば、キャッシュレス決済を推奨してあげて下さい。

「完全キャッシュレス時代」は、もうすぐ目の前に来ているのです。

 

以前書かせて頂いた、こちらの記事も合わせてご覧ください。

www.manochang.com