MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

【注意!】隙間時間の活用方法、間違えてない?タスクの想定所要時間を計算せよ!

以前書いたように、1日の隙間時間の平均は1時間9分です。 

www.manochang.com

 

1ヶ月で34時間半

1年で約420時間

この時間を無駄にしていては、膨大な時間の無駄となります。

 

逆に言えば、この時間を利用すれば相当な効果を期待できます。

しかしこの隙間時間、使い方を間違えればその効果は薄まってしまいます。

 

「間違った隙間時間の使い方をしないための注意」をまとめます。

   

タスクの想定所要時間を計算する

f:id:manochang:20190319234531j:plain

自分がやりたいことの想定所要時間を計算しましょう。

初めにこれを間違えてしまうと、隙間時間は効果を発揮しません。

 

例えば、

などです。

 

自分のやりたいことに何分かかるかを正しく理解することが重要です。

予めリスト化しておくと効率が良いでしょう。

 

隙間時間に合った作業を当てはめる

f:id:manochang:20190319234545j:plain

自分のやりたいことに何分かかるか、わかったら隙間時間に当てはめていきましょう。

 

例えば、

  • 電車が来るまで5分あれば、スマホでニュースをチェックする
  • 家を出る時間まで10分あるれば、筋肉トレーニングをする
  • 待機時間が20分あれば、昼寝をする

などです。

 

常に時間の感覚を持ち、隙間時間を有効活用しましょう。

リストを作ってあれば、その隙間時間に当てはめるだけです。

 

隙間時間ではできないタスクを理解する

f:id:manochang:20190319235013j:plain

隙間時間を利用することが効果的だと分かっていても、使い方を間違ってはいけません。

隙間時間でできないタスクを理解しましょう。

 

例えば、小説を書きたいのであれば隙間時間に正書してはいけません。

5分や10分くらいでは、集中力どうこうの問題ではありません。

良いものはできないでしょう。

 

もし、小説を書きたい人であれば、隙間時間にはアイディアを考えたり、物語の大筋をまとめる時間にあてましょう。

それを元に、後々時間を作って正書しましょう。

 

大きなことをやりたいのならば、隙間時間は部品を作っておく作業にしておくと効率が良いです。

部品を作っておけば、後からまとまった時間も効率が良くなります。

 

タスクを効率よくルール化する

f:id:manochang:20190319234615j:plain

隙間時間を効率よく使うには、タスクを効率よくルール化しておく必要があります。

 

例えば、隙間時間にニュースを見よう思って新聞を買いに行っていては効率が悪く、逆に時間を消費します。

スマホで見るようにしましょう。

 

もっと言えば、ニュースサイトやアプリを決めておきましょう。

Yahoo!ニュース」や「スマートニュース」など、複数のアプリを使用していると重複している情報もありますし、時間もかかります。

そして興味のあるニュースだけチェックする。

これで効率化できます。

 

 まとめ

f:id:manochang:20190319234627j:plain

「間違った隙間時間の使い方をしないための注意」をまとめました。 

POIINT!

  • やりたいタスクの所要時間を知る
  • その時の隙間時間にタスクを当てはめる
  • 隙間時間でできないことは、その部品を作る
  • タスクは効率よくルール化する

時間はたくさんありますが、限りがあります。

隙間時間を効率良く使って、やりたいことを達成しましょう。