MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

隙間時間を活用するために、隙間時間を作り出す3つの方法【時間を有効活用して人生を楽に】

f:id:manochang:20190629115838j:plain

こんにちは、マノアキラです。

お金と自由を求めて日々挑戦しています。

 

さて、何かを達成するためには時間が必要です。

毎日、忙しく過ごしている方は「そんな時間取れない」と言う人がいるかもしれません。

 

しかし実のところ、時間というものは有効利用すれば十分に生み出すことができます

毎日の無駄な時間を洗練し、挑戦に使える時間を増やすと人生を良い方向に向けることができます。

 

こんなツイートをしました。

【日常に潜む無駄な時間たち】

・なんとなくテレビを観る時間
・バラエティ系YouTubeを観る時間
・思考停止でスマホいじり

など、結構無益。
これが生きがいの人は別です。

「時間がない」と言ってる人は、わりとこの辺やってます。

この辺を意識的に辞めていくと、わりかし時間が増えます。

上記の通り、「時間がない」 といっている人はまず、時間を有効利用できていない人が多いですね。

 

上手な時間の使い方の一つとして、「隙間時間の活用」というものがあります。

隙間時間は1日平均1時間9分もあると言われており、これを使わない手はありません。

詳しくはこちらをご覧下さい。

誰にでも隙間時間はありますが、より時間を生み出す方法があります。

「隙間時間を活用するために、隙間時間を作り出す方法」についてまとめます。

 

隙間時間にできること

f:id:manochang:20190629115901j:plain

まず、隙間時間には何ができるかというと、、、

結構いろいろできます。

 

例えば、以下の通り。

  • 勉強
  • 仕事
  • 副業
  • 家事

他にもいろいろありますが、おすすめはこんな感じです。

 

「自分に何が必要か?」
「何をすれば楽になるか?」

を考えて行動すると吉ですね。

 

ここは人によりますので、各々考えてみて下さい。

小さいことでも積み重なると膨大

f:id:manochang:20190629115910j:plain

どんなに小さいことでも、積み重なると膨大となります。

 

「隙間時間なんて大したことない」

と思っている人は、逆にいうと膨大な時間を無駄にしています

 

例えばこんな感じ。

  • 1日5分 → 1ヶ月で2時間半
  • 1日15分 → 1ヶ月で7時間半
  • 1日30分 → 1ヶ月で15時間
  • 1日1時間 → 1ヶ月で30時間

積み重なると、 軽くヤバい時間になります。

 

データによると1日平均1時間程度の隙間時間があるということなので、1ヶ月にすると30時間です。

丸1日以上あります。

 

ここを有効利用できれば、人生をかなり有利に進めることができます。

 

例えば、その時間で本を読めば、1ヶ月で10冊くらい読むことも可能です。

全く隙間時間を利用しない人と比べると、かなりの差が出ることになります。  

隙間時間をさらに作る方法:無駄な時間を無くす

f:id:manochang:20190629115929j:plain

ここまでで隙間時間の重要性は多少なり、理解していただいたと思います。

そこを理解できていれば、隙間時間が多ければその分有効利用できる、ということになります。

 

となると、隙間時間が多ければさらにベターですね。

隙間時間は基本、無意識に訪れるものですが、意識的に生み出すことも可能です。

 

例えば、3つの方法を提案します。

  • 作業をテキパキ
  • 無駄なことを辞める
  • 予定を立てる

こんな感じ。

それぞれ説明します。

方法1. 作業をテキパキ 

f:id:manochang:20190629115940j:plain

普段から様々な作業をテキパキと行い、早く済ませることによって隙間時間は生まれます。

日常の作業をダラダラと行っていては、隙間時間になり得る時間が消えてしまうからです。

 

例えば、1時間で終わる作業を50分で済ませれば10分の隙間時間が生まれます。

締め切りまで1時間あるからといって、ダラダラ作業していては時間の無駄ですね。

 

これは仕事中でもそうですし、普段の生活にも言えることです。

方法2. 無駄なことを辞める

f:id:manochang:20190629115950j:plain

ズバリ、無駄なことをやめましょう、ということです。

人は意外と無駄な時間を消費しているものです。

 

例えば、以下のこと。

  • なんとなくテレビ
  • バラエティ系YouTubeを観る
  • 思考停止でスマホ

冒頭のツイートにある通り、この辺はだいたい無益です。 

 

「テレビを観る時間やバラエティ系YouTubeを観る時間は、楽しいという有益な感情が生まれるよ?」

という方。

はい、その通り。

 

ポイントは、「無駄に」というところです。

やることがないからとりあえずテレビを観たり、スマホをいじくるのは「無駄に」ということです。

 

楽しいことに使う時間ももちろん重要です。

その辺りを次に説明します。

方法3. 予定を立てる

f:id:manochang:20190629115958j:plain

時間を有効活用するおすすめの方法は「予定を立てる」ということです。

予定を立てない人は、後から時間が取れるかわからないから自分の欲求を満たす行動をしてしまいます。 

 

もし、「この後に遊ぶ時間は十分に取れる」とわかっていればその時間は他のことに使うことができるはずです。

 

例えば、空いた時間に家事を済ませておけば、後から何も気にせずに遊ぶことができます。

その順序が逆になってしまうと、遊びつつも「まだ後から家事が...」という感じに。

 

やることを終わらせて脳をすっきりしておけば、その後の時間の生産性はUPです。

やることを決めておきましょう

f:id:manochang:20190629120011j:plain

さて、ここまでで隙間時間の重要性と時間の作り方を説明しました。

さあ隙間時間を利用しよう、といったところですが、ここの行動を間違ってしまっては結局無駄です。

 

やるべきことは人それぞれですが、言えることとしては、「やることを決めておきましょう」ということでです。

 

「あっ、今時間が空いてる」

というところで何するか決めていてはもったいないですね。

 

例えば、こんな感じ。

  • 電車の待ち時間10分 → 本を読む
  • 家で15分時間が空いた → 筋トレ
  • 仕事中30分時間が空いた → 書類作成

など。

 

予めやることを決めておけばさらに有効活用が可能です。

ここでのポイントは、「隙間時間に合わせたタスクを準備する」ということです。 

 

例えば、10分の隙間時間に30分かかるタスクを行っては中途半端になってしまいます。

 

まとめ:隙間時間は軽視できません

f:id:manochang:20190629120021j:plain

「隙間時間を活用するために、隙間時間を作り出す3つの方法」についてまとめました。 

 

隙間時間の重要性、利用方法を理解することで、人生を楽にすることができます。

隙間時間を軽視している方は、この機会に時間の使い方を見直してはいかがでしょうか?

POINT!
  • 隙間時間は有効活用するべし!
  • 隙間時間は意識的に作れます!
  • 隙間時間にやることを決めておきましょう!