残業したくないという気持ちは合理的な話【定時に帰る方法】




マノアキラ(@AkiraMano)です。
会社員時代の残業時間は、ほぼゼロです。

「残業をしたくないのは悪いこと?」
「残業をしたくないのに、帰れない…」

今回は、こんな疑問・悩みを解決する内容です。

結論から言うと、「残業したくない」と言う気持ちは合理的な考えです。

この記事を読むことで、残業のない労働環境を手に入れる方法がわかります。

日々の残業を排除し、効率的に生活をしていきましょう。

本記事の内容
残業したくないという気持ちは合理的な話
残業したくない人を理解できない人を論破
残業したくないのに帰れない理由
残業したくないなら対策を練る

残業したくないという気持ちは合理的

残業したくない

「残業したくない」という気持ちを持つことは、非常に合理的で正しいことです。

「残業したくない」という気持ちは、以下のことにつながるからです。

  • 仕事の生産性を上げる
  • 時間を有効に使える
  • 仕事のモチベーションが上がる

それぞれ解説します。

仕事の生産性を上げる

「残業したくない」という気持ちは、仕事の生産性を上げることにつながります。

なぜなら、残業しないために仕事を早く終わらせるよう、逆算して作業するからです。

  • 残業してもいいや → 仕事をゆっくりやりがち
  • 残業をしたくない → 仕事を早く終わらせる

「残業をしたくない」という気持ちは作業のスピードを上げることにつながり、結果として生産性は上がります。

生産性が上がると企業としてもメリットが大きく、個人的にも「仕事のできる人」という評価にもなるでしょう。

時間を有効に使える

残業しないことによって、時間を有効に使えることになります。

定時に上がることができれば、プライベートの時間は充実するからです。

  • 毎日残業3時間 → 帰って寝るだけ
  • 毎日定時に帰る → 帰ったら趣味や副業をする

残業ばかりしている人は、プライベートの時間が充実しません。

自分の時間が「土日の休みだけ」というのはもったいないですよ?

「残業したくない」という気持ちは、日々の時間を有効に使えることにつながります。

仕事のモチベーションを上げる

「残業をしたくない」という気持ちは、結果として仕事のモチベーションを上げることになります。

残業しないことにより、得られるメリットが大きいからです。

  • プラベートが充実する
  • 仕事で評価されて出世する

プライベートが充実すれば、その仕事へのモチベーションも上手に上げることができます。

毎日残業の仕事より、毎日定時に帰ることのできる仕事の方が続けたいとは思いませんか?

また、仕事の生産性が上がるので結果を出すことができ、評価されて出世することもできますよ。

残業したくない人を理解できない人の意見を論破

残業したくない

ところが、残業したくない人を理解できない人もいます。

下記は、Yahoo!知恵袋に寄せられた質問です。

残業したくない人の気持ちがわかりません。残業代が貰えないようなら話は別ですが、残業代をもらっている限りべつに仕事をすることに対して別に嫌だとか言った感情はないのですが。

(引用元:Yahoo!知恵袋

要は、「残業代がもらえるのに、なぜ残業が嫌なんですか?」という質問になります。

確かに、サービス残業でもない限り、残業した分の報酬をもらうことが可能です。

しかし、これは時間の価値を理解していない人の意見ですね。

時間 > お金

人生で最も大事なものは「時間」です。
「時間=命」だからです。

「命」とは「人生」であり、「人生」とは生きている「時間」のことになります。

これを理解していない人は、人生を幸せに過ごすことはできません。

例えば、残業ばかりしてお金をたくさん稼いでも、自分の時間や家族と過ごす時間がない人を幸せだと思いますか?

詳しくは以下の記事で解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。お金よりも時間を大切にしています。「時間とお金ってどっちが大事?」「幸せってお金で買えるよね?」この記事では、こんな疑問を解決します。時間とお金がどちらを大事にするべき[…]

時間とお金、大切なのはどっち?

そもそも残業はしなくて良い

そもそも、労働基準法にはこのような記載があります。

使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。

(引用元:厚生労働省

上記の通り、企業は基本的に1日に8時間を超える労働をさせてはいけません

「自分から残業をする分にはいいでしょ?」と思うかもしれませんが、それも違います。

  • 残業すると人件費がかかる
  • 残業すると労働基準法違反のリスクがある

残業することは、基本的に会社に迷惑がかかることになります。

詳しくは、以下の記事で解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代、残業は0でした。「残業したいけど、会社[…]

残業

残業したくないのに帰れない理由

残業したくない

しかし、残業したくなくても帰ることができない場合があります。

その原因は、大きく分けて2つです。

  • 自分が原因
  • 職場環境が原因

それぞれ解説します。

自分が原因

残業したくても帰ることのできないのは、自分に原因がある場合があります。

  • 仕事が遅い
  • 帰れるけど、周りに気を使う

例えば、上記です。

仕事量がちょうど良いとしても、自分の仕事が遅くて終わらなければ残業しなければいけません。

また、仕事は終わっているのに先輩や上司に気を使って帰れない人もいるでしょう。

職場環境が原因

自分に何も原因がなくても、職場環境が悪いせいで帰ることができない場合もあります。

  • 仕事量が多すぎる
  • 「残業=美徳」という方針

例えば、上記があげられます。

そもそも与えられている仕事量が多すぎる場合には、残業したくなくても残業せざるを得ません。

また、古い考えですが、「残業=美徳」という考えの会社や上司もおり、残業しないと悪者扱いされてしまう場合もあります。

残業したくないなら対策を考える

残業したくない

残業したくないなら、残業しないための対策を考えましょう。

結論を言うと、以下です。

  • 作業効率を上げる
  • 周りを気にしない
  • 転職する

それぞれ解説します。

作業効率を上げる

仕事が終わらない原因を解決するために、作業効率を上げましょう。

作業効率を上げることで仕事を早く終わらせ、定時上がりすることができますよ。

実際に僕はサラリーマン時代、入社時に残業が当たり前だった職場を残業ゼロの環境にした経験があります。

これは、非効率的だった作業を、徹底的に効率化させたことで実現できました。

残業しない方法については以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業ゼロを数年続けていました。「仕事[…]

残業しない働き方

周りを気にしない

残業したくないのであれば、周りの目を気にすることはやめましょう。

周りの目を気にしないことで、定時に帰ることができますよ。

例えば、先輩や上司から「自分がまだ残っているのに帰るのか?」という態度を取られることもあります。

しかし、その人たちは仕事を定時で終わらせることのできない能力の低い人たちです。

前述したように、法律的にも残業はしなくて大丈夫です。
正しいのはこちらなので、仕事が終わったら気にせずに帰りましょう。

転職する

とはいえ、職場によってはそうもいかない場合があります。

  • 仕事量が多すぎて、とても定時で終わることができない場合
  • 残業しない人を評価しない会社の場合

この場合の解決策は、転職しかありません。

その会社で働き続けてもずっと時間を消耗し続ける人生となり、幸せになることができないからです。

残業が当たり前になっている会社は、経営が下手なので未来はありません。

早めの環境を変えて、定時で帰れる仕事に就きましょう。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業が月に0でした。「毎日残業で辛い[…]

残業

転職する場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

完全無料で利用できて、サポート体制も充実してますよ。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

まとめ:残業したくないのは正解

残業したくない

残業したくないという気持ちは合理的な話」というテーマで解説しました。

残業したくない人や、残業したくない人を理解できない人は参考にしてください。

結論、残業したくないのは正解です。

  • 仕事の生産性を上げる
  • 時間を有効に使える
  • 仕事のモチベーションが上がる

上記のメリットがあるからです。

しかし、残業しなければいけない場合もあります。
その場合は、以下の方法で乗り切ってください。

  • 作業効率を上げる
  • 周りを気にしない
  • 転職する

残業はやめて、定時で帰りましょう。

この記事が、残業で悩む人の手助けになれば幸いです。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

残業ゼロを実現した僕が残業の悩みやストレスを全12記事で解消