MANO-LOG

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】
フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】
フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】
めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】
一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】
サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】
サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

フリーターの末路は悲惨【回避する方法は2つ】

f:id:manochang:20190831120638j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

20代後半までフリーターとして生活していました。

 

先日の僕のツイートです。

20代後半までフリーターをやっていて感じたことは、このままだとたぶん一生貧乏のままだなということです。

時間があって自由なのは素晴らしいけど、お金がないと人生をフルに楽しむことはできません。

20代はフリーターでもいいけど、将来的にずっとそのままはおすすめではありません。

今回は、上記を深掘りしていきます。

 

現在フリーターの人は、将来の自分の姿を想像したことがありますか?

もしあなたがフリーターのまま生きていくなら、その末路は悲惨です

 

この記事では、僕がフリーター時代に感じた「フリーターの末路は悲惨」ということについてまとめていきます。

フリーターの末路は悲惨ですが、回避する方法も合わせて紹介していきます。

 

フリーターの末路は悲惨

f:id:manochang:20190831120654j:plain

フリーターの末路は悲惨です。

20代でフリーターは全然OKですが、30代・40代以降までフリーターはおすすめできません。

フリーターの末路は以下の通り。

  • 一生貧乏のまま
  • 人生を満喫できない

それぞれ解説します。

一生貧乏のまま

フリーターは収入が低いですが、20代の人はそれを感じていない人もいます。

20代では、正社員でもフリーターでも収入に差はあまりないからです。

しかし、30代以降になると、その差は歴然となってきます。

こちらのデータをご覧下さい。

  • 20歳の平均年収 :268万円
  • 30歳の平均年収 :414万円
  • 40歳の平均年収 :505万円

(参考:【リアル】フリーターの平均年収と限界年収|本当はいくらなのか

それに対して、フリーターはフルタイムで働いても月収20万円くらい。

年収にすると240万円です。

実際には、もっと少ないケースもたくさんあります。

 

しかも、昇給はほぼないと言ってもいいですし、アルバイトを辞めたらその時点で上がった時給はリセットです。

つまり、一生年収200万円くらいの生活です。

 

フリーターだと国民年金なので、老後も貰える額が少ないか、その時にはもう貰えないかもしれません。

生活にいっぱいいっぱいになって、貯金もなかなか厳しいです。

 

そうなると、一生労働し続ける人生で、しかも貧乏な人生です。

人生を満喫できない

今20代でフリーターの人は、

「サラリーマンよりも自由で最高!」

と思っているかもしれませんが、総合的に考えればフリーターは人生を満喫できません

前述したように、フリーターの末路は一生貧乏で一生労働の生活が待っています。

 

例えば、海外旅行に行きたいと思った時。

  • フリーター「時間はあるけどお金がないから無理」
  • サラリーマン「お金を貯めて連休で行こう」

という感じで、フリーターは時間があってもお金がないのでやりたいことができません。

 

また、フリーターであれば不可能なこともたくさんあります。

例えば、以下の通り。

  • 住宅ローンが組めない
  • 結婚できない
  • 贅沢できない

なぜなら、「信用」「お金」がないからです。

フリーターは自由だと勘違いしがちですが、実際には選択肢を狭くしているのが現実です。

そのため、人生をフルに楽しむことは不可能です。

 

人生を満喫したいなら、ずっとフリーターのままでいるのはおすすめできません。

 

悲惨な末路を回避する2つの方法

f:id:manochang:20190831120706j:plain

フリーターの悲惨な末路を回避する方法は2つです。

  • 20代のうちに就職
  • ビジネスを始める

それぞれ解説します。

20代のうちに就職

回避する方法の一つは、20代のうちに就職することです。

ポイントは、30代・40代になってからではなく、20代でというところです。

 

なぜなら、30代・40代になってからは就職の難易度が上がります。

そして、就職できてもブラック企業の可能性が高いです。

 

20代であれば、普通にホワイト企業への就職も可能です。

フリーターから就職できる転職エージェントでも、30代以降になると一気に求人が減ります。

 

フリーターにこだわっている人には禁じ手かもしれませんが、将来を考えた時にどうするべきかを考えた方がいいです。

一度、転職エージェントに登録して、どんな感じかのぞいてみるだけでも最初はいいと思います。

実際に、僕も20代後半でフリーターから就職しました。

それに関しては、下記の記事にまとめてあるので興味のある方は是非ご覧下さい。

ビジネスを始める

就職という方法がほぼ断たれているなら、もう自分でビジネスを始めるしかありません。

こちらのツイートをご覧下さい。

30代になるとフリーターからの就職はかなり難しくなります。
40代に至ってはぼぼほぼ不可能。

その場合、そこから抜け出すためには自分でビジネスを始めるしかないです。

今はネットがあればお金を稼ぐことはできます。

自分でビジネスを始めるのに学歴や職歴は必要ありません。

上記の通りです。 

 

自分でビジネスを始めるのに職歴は必要ありません。

フリーターでも全然OKです。

 

とはいえ、お金がないので初期投資のかかるビジネスは無理です。

銀行から融資を受けるのも、信用がないので期待できません。

 

なので、初期投資のかからないビジネスを始めるのがおすすめです

ツイートにあるように、今ではネットがあれば稼げる時代です。

 

例えば、ブログを書いたり、YouTubeを始めるのもいいと思います。

収益が発生するまで時間がかかりますが、ほぼお金がかからずにできるビジネスです。

他のビジネスがしたいのであれば、まずは勉強をしましょう。

お金がない人はセミナーに行くのも難しいかもしれないので、本を読むのも一つの方法です。

とはいえ、1冊1冊買っていてはお金がかかりますので、定額制の読み放題サービスがおすすめです。

例えば、Kindle Unlimitedなら月額980円で勉強し放題です。

Kindle Unlimitedを30日間無料で試す

 

まとめ:フリーターの末路は悲惨だけど回避できる

f:id:manochang:20190831120719j:plain

フリーターの末路は悲惨」ということについてまとめました。

現在フリーターの人は、将来の人生設計の参考にして下さい。

 

フリーターの末路は悲惨ですが、回避する方法はあります。

繰り返しですが、以下の2つです。

  • 20代のうちに就職
  • ビジネスを始める

悲惨な末路を迎えないためにも、早めに考えてみて下さい。

POINT!
フリーターの末路は悲惨です!

〈悲惨な末路を抜け出す方法〉

  • 20代で就職する
  • ビジネスを始める

就職を考えている人は、完全無料で未経験からプログラマーになれる転職サービスもあります。

スキルがなくても、学びつつ就職もできるのでお得です。

フリーターから就職するための転職エージェント GEEK JOB

フリーターの末路は悲惨ですが、20代のうちはフリーターでも全然OKです。

以下の記事にまとめてあるので、興味のある方は是非ご覧下さい。

現在、実家暮らしでフリーターの人は、 一人暮らしに挑戦するのもいいと思います。

まずは環境を変えることで、自分の成長へ繋がります。