大卒フリーターがやばいというのは間違いな理由【心配不要】

マノアキラ(@AkiraMano)です。

「大卒でフリーターだけど、やばい?」
「大卒でフリーターやってても、まだ正社員になれる?」

今回は、こんな疑問を解決する内容です。

簡単に僕の経歴です。

大学卒業後、新卒で就職

新卒で就職した会社を9ヶ月で退職

23から26歳までフリーター

26歳で再び就職

上記の通り、大卒でフリーターをやっていた経験があります。

そんな経験から、「大卒フリーターがやばいというのは間違いな理由」を解説しています。

この記事を読むことで、大卒のフリーターが今後どのようにキャリアを歩むべきかがわかります。

実際に、僕が大卒フリーター後に就職した経験を元に解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事の内容
  • 大卒のフリーターはやばいというのは間違いな理由
  • 大卒のフリーターは就職できるのか?
  • 大卒のフリーターが就職する方法

大卒のフリーターはやばいというのは間違いな理由

フリーター

結論から言うと、大卒フリーターはやばくありません

理由は、以下のとおりです。

  • 大卒フリーターでも就職できる
  • フリーターのメリットを生かせる
  • 大学は就職するために行くところではない

大卒フリーターでも就職できる

大卒フリーターでも、後々に問題なく就職することができます。

企業も30歳くらいまでは問題なく採用してくれますので、あせる必要はありません。

以下のデータは、学歴別フリーターの就職率です。

 中卒高卒大卒
男性17.9%23.5%31.5%
女性4.0%8.7%21.7%
男女計10.0%13.1%20.9%

(参考:労働政策研究・研修機構(JILPT)が2012年に行った調査

上記のとおり、大卒の就職率は中卒・高卒に比べて高く、比較的難しくないことがわかりますね。

実際に僕も大卒フリーターを経験しましたが、その後に問題なく就職できていますよ。

フリーターのメリットを活かせる

「大卒でフリーターをやるのはどうなの?」と思うかもしれませんが、フリーターにはメリットがあることを理解しましょう

  • 時間がある
  • ストレスがない
  • 挑戦できる

上記のようなメリットがあるため、フリーターをやる価値はあります。

特に、フリーターはこんな人におすすめです。

  • 新卒で就職した企業がブラック企業で消耗した人
  • やりたいことが見つかったので挑戦したい人

フリーターになることは、ブラック企業で疲弊した心と体に休息を与えることができます。

また、やりたいことがある人は、就職していると挑戦できない場合もありますよね?

就職していては不可能なことまで実現可能なところが、フリーターのメリットです。

逆に、大学を卒業してからずっと正社員で働いている人は、これらのメリットの恩恵はないことになります。

大学は就職するために行く場所ではない

基本的に、大学は就職するために行くところではありません。

大学は、人生の選択肢を広げる場所だからです。

例えば、大学の4年間でやりたいことが見つかったとして、それを放棄してまで就職することが正しいでしょうか?
就職してやりたいことを諦めるのが幸せとは思えません。

大学へ行くことで、中卒・高卒では就くことのできない仕事を選択することも可能です。

自分も親なのでわかるのですが、子供にはなるべく多くの選択肢をあげるのが親の役目だと思います。

大学へ行ったからといって、必ず就職しなければいけないということはありませんよ。

  • 大卒フリーターでもやばくない
  • 大卒フリーターでも就職できる
  • フリーターにはメリットがある

大卒フリーターがやばいと言われる理由

大卒フリーターがやばいというのは間違いな理由【心配不要】

しかし、大卒フリーターがやばいと言われる理由には、納得できる部分もあります。

<フリーター否定派の意見>
親が大金を叩いて大学に行かせてくれているのに、フリーターやるの?
大卒の人を1人作るのに2,500万〜3,000万円かかっているのわかってる?

上記の意見には、一理ありです。

親に大学に行かせてもらっているのにフリーター

わざわざ親に大学に行かせてもらっているわけなのにフリーターをやるのはどうか、ということです。

「良い大学に行かせて、良い企業に就職させる」、という気持ちで大学に行かせる親も中にはいますよね。

しかし、前述しているとおり、大学へ行くのは就職するためではありません。

あくまでも、人生の幅を広げるためになりますので、就職しないことに問題はないですね。

大卒の人を1人作るのに2,500万〜3,000万円かかっている

大卒の人を1人作るのには、多額のお金がかかります。

2,500万〜3,000万ほどかかると言われているので、決して安くはありません。

とはいえ、何度も言うように、大学へ行ったからといって就職しなければいけないわけではないのです。

より幸せな人生を選べるチャンスを与えたと思えば、多額のお金をかけた価値はありますよ。

  • 親に大学へ行かせてもらっているのにフリーター
  • 大卒の人を1人作るのに2,500万〜3,000万円かかっている

大卒のフリーターは早めに就職しないとやばい?

転職

フリーターにメリットがあるからといって、いつでも就職できるわけではありません。

就職するには期限があることを理解しておきましょう。

フリーターが就職するなら30歳まで

フリーターが就職するなら、30歳までにしておくことをおすすめします。

なぜなら、30歳を超えると就職する難易度がかなり上がるからです。

以下のデータは、年代別フリーターの就職率になります。

15〜19歳16.4%
20〜24歳21.9%
25〜29歳18.3%
30〜34歳13.0%
35〜39歳10.9%
40〜44歳10.2%

(参考:労働政策研究・研修機構(JILPT):若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②

上記のとおり、30歳から就職率が下がっていることがわかりますね。

20代であればフリーターであろうと採用してくれる企業はたくさんありますが、30歳を超えると一気に求人は少なくなり、面接まではできても採用されないことは多々あります。

なんとなく過ごして、いつの間にか30歳を超え、「もう遅い…」となる前に、就職を考えているなら、20代のうちに決断しておきましょう。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「現在フリーターだけど何歳までに就職すればいい?」「フリ[…]

フリーターは何歳まで

大卒のフリーターが就職する方法

基本的に、フリーターが就職するなら、フリーター特化の転職エージェントを利用するのが簡単です。

もともとフリーターに理解があるところから始まるので、こちらとしても安心です。

例えば、一般の転職サイトを利用すると、ライバルが正社員経験者になるのでフリーターにとっては分が悪いことになります。

おすすめの転職エージェントに関しては、「フリーター特化の転職エージェントおすすめ3選【高卒や30代にも】」で紹介してますので、就職する気がある人はのぞいてみてください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。23歳からフリーターをとして生き、26歳で就職した経験を持ちま[…]

フリーターおすすめの転職エージェント

しかし、新卒した会社をすぐに辞めたような人は、第二新卒という扱いになります。

その場合は、第二新卒向けの転職サイトを利用でも問題ありません。

第二新卒(だいにしんそつ)とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満〜3年)のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。

(引用元:Wikipediaより)

第二新卒者向けのおすすめ転職サイトは、以下になります。

ちなみに、転職サイトの利用は全て無料です。

2つから3つのサイトに登録して、選択肢の幅を広げましょう。

就職することが全てではない

しかし、就職することは一つの選択肢に過ぎません。

  • フリーランス
  • 個人事業主
  • 法人設立

上記の通り、人生にはいくつも選択肢があるからです。

とは言いつつも、大卒で一度も就職したことがない人は、正社員を経験しておくことをおすすめします

  • 社会の基礎が身につく
  • ビジネススキルが身につく
  • 正社員のメリット・デメリットを感じることができる

上記の通りで、正社員を経験すると、今後に活きるスキルを身につけることが可能です。

また、一度就職してみると、正社員のメリット・デメリットを感じることもでき、適切なキャリアを選択することもできます。
僕もフリーターから正社員を経験しましたが、正社員になることもそこまで悪いものではありません。

就職することは一つの選択肢に過ぎませんが、一度は経験しておくことをおすすめします。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。フリーターを経験し、その後就職、現在は個人事業主です。「[…]

フリーターやニートが起業して成功する方法
  • フリーターが就職するなら30歳まで
  • 就職するなら転職エージェントの利用を推奨
  • 就職は一つの選択肢に過ぎない

まとめ:大卒フリーターがやばいというのは間違い

大卒フリーターはやばい

大卒フリーターがやばいというのは間違いな理由」を解説しました。

大卒フリーターの人は、この記事を参考に今後のキャリアを決めてみてください。

結論、大卒フリーターはやばいというのは間違いです

  • 大卒フリーターでも就職できる
  • フリーターのメリットを生かせる
  • 大学は就職するために行くところではない

理由は上記のとおりです。

大学へ行ったからといって、やりたくもない仕事で人生を全うしては幸せではありません。

就職するのは一つの方法ですが、できれば一度は就職することをおすすめします。

  • 社会の基礎が身につく
  • ビジネススキルが身につく
  • 正社員のメリット・デメリットを感じることができる

これらの経験を経て、その後の人生を選択しましょう。

その方が適切なキャリアを選択できますよ!

就職するなら、転職エージェントを利用してください。

フリーターでも、問題なく就職することが可能です。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。23歳からフリーターをとして生き、26歳で就職した経験を持ちま[…]

フリーターおすすめの転職エージェント

繰り返しですが、第二新卒扱いであれば以下のサイトがおすすめです。

複数のサイトに登録して、選択肢の幅を広げましょう。(無料)

とはいえ、「就職は嫌だ」「一生フリーターで生きていきたい」という人がいるかもしれません。

厳密にいえば、一生フリーターでもいきていくことは可能です。
しかし、おすすめはしません。

理由は、以下の2記事でわかりやすく解説していますので、一度読んでみてください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「一生フリーターで生きていきたいけど可能?」「一生フリー[…]

フリーターで生きていく
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「現在フリーターだけど、このままでいいのかな...?」「[…]

フリーターの末路

この記事が、大卒フリーターの人の今後を決める参考になれば幸いです。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「フリーターについて知りたい」「フリーターに興味がある」「今フリータ[…]

フリーターとは