一生フリーターで生きていく方法はあると断言【覚悟が必要】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

「一生フリーターで生きていきたいけど可能?」
「一生フリーターででも問題ないよね?」

今回は、こんな疑問を解決する内容です。

簡単に僕の経歴です。

22歳で新卒就職

9ヶ月で退職しフリーターになる

26歳で再就職

34歳で脱サラして個人事業主

上記の通り、フリーターと正社員、個人事業主を経験しています。

その立場から、「一生フリーターで生きていく方法はあると断言」とういうテーマでまとめていきます。

結論として、一生フリーターで生きていくこと可能です。
しかし、少々問題ありなので解説したいと思います。

この記事を読むことで、一生フリーターで生きていく方法とその問題点がわかります
フリーターの人にとっては、今後の人生を決める重要な内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

本記事の内容

一生フリーターで生きていく方法
一生フリーターで生きていく問題点

*ちなみに、フリーターとは15歳から34歳までの人が対象ですが、この記事ではアルバイトで生活する人全般を対象にさせていただきます。

一生フリーターで生きていく方法

フリーター

一生フリーターで生きていく方法はある、と断言します。

  • 一生働き続ける
  • 健康な体を保ち続ける
  • 貯金をしていく
  • 収入源を複数作る

深掘りします。

一生働き続ける

一生働き続ければ、一生フリーターでも問題なく生きていくことができます。
少ないとはいえ、生活する分の収入さえあれば「生きる」という目的は達成できるからです。

老後には年金がもらえるとされていますが、国民年金だけでは月に7万円くらいです。
それでは生活に困りますので、何かしら働き続ける必要があります。

一生フリーターで生きていきたいなら、一生働き続けましょう。

健康な身体を保ち続ける

一生フリーターで生きていきたいなら、健康な身体を保ち続けましょう。
健康な身体がないと、働き続けることは無理だからです。

例えば、インフルエンザで数日アルバイトを休んだだけで収入は激減
収入の少ないフリーターには大打撃です。

収入が低いために健康的な生活は捨ててしまいがちなフリーターですが、実は最優先事項ですよ。

貯金をしていく

フリーターは収入が少ないですが、なるべく貯金をしていきましょう。
いくら健康に気を使っていても病気になることはあり、働くことができなくなることもあるからです。

急に病気になって仕方なく休むことがあると、時給労働のフリーターは収入がなくなります。
そんな時に貯金があれば、減った分の収入をカバーすることが可能です。

また、老後資金の準備も必要です。
政府は老後に向けて、2,000万円の貯金をするように呼びかけています。

フリーターが2,000万円の貯金をするのはかなり厳しいですが、少しでも貯金しておきましょう。

関連記事

マノアキラ(@AkiraMano)です。「フリーターで生活にいっぱいいっぱいだけど、貯金はしたい」「フリーターで収入が少なくても、貯金ができる方法があったら知りたい」今回は、こんな悩みを解決する内容です。簡単に僕の経歴を紹介しま[…]

フリーターが貯金

収入源を複数作る

将来的なことを考えると、複数の収入源を作っておくのがおすすめです。
アルバイトだけの収入では不安定で、しかも少ないからです。

  • ブログ・アフィリエイト
  • Webライター
  • YouTube
  • 投資
  • 転売

上記は一例で、個人で稼げる副業はたくさんあります。(*もちろん簡単ではない)

また、iDeCo(個人拠出型確定年金)などで老後に備えることも大切です。
前述したように、国民年金だけでは月に7万円くらいで、かなり厳しい生活となります。

老後の生活も、「国民年金7万円+iDeCo(個人拠出型確定年金)」であれば、ある程度余裕のある生活も可能です。
しかも、iDeCoは掛金が全額所得控除になり、毎年の節税となりますよ。

  • 一生働き続ける
  • 健康な体を保ち続ける
  • 貯金をしていく
  • 収入源を複数作る

一生フリーターで生きていく問題点

フリーターは貧乏

しかし、一生フリーターで生きていくにはいくつか覚悟が必要です。

  • 一生貧乏のまま
  • 一生働き続ける
  • 一生独身
  • 一生世間の目を気にする

深掘りします。

一生貧乏のまま

フリーターは低収入のため、一生貧乏な生活を覚悟してください。
フリーターの生涯年収は、だいたい正社員の生涯年収の1/3と言われています。

同年代の人が海外旅行やマイホーム購入など人生を楽しんでいる間に、自分は余裕のない貧相な生活となります。

「フリーターでもたくさん働けば正社員より稼げるでしょ?」と思う人がいるかもしれませんが、それも正直無理です。

理由は、「フリーターの方が稼げるという勘違い【稼ぐなら圧倒的に正社員】」で詳しく書きました。
この記事と合わせてお読みいただくとわかりやすいと思います。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「正社員よりフリーターの方が稼げるって聞くけど本当?」「[…]

フリーターの方が稼げる

ちなみに、フリーターの平均年収はご存知ですか?

詳しくは、「フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】」で解説していますが、だいたい年収150万円と言われています。
正社員と比べると圧倒的に少なく、やはり貧乏な生活からは逃げられません。

関連記事

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。23歳〜26歳までフリーターでした。「フリーターの年収ってどのくらい?」「フリーターの収入で生活できるの?」この記事では、こんな疑問に答えます。フリーターの年収を知り[…]

フリーターの平均年収と実態を解説

一生働き続ける

一生働き続けることでフリーターでも生きていくことは可能ですが、それはなかなか難易度の高いことです。
健康を保つこともありますが、一番の問題は「老い」です。

例えば、80歳・90歳となった場合に、バリバリとフルタイムで働く元気はあるでしょうか?
また、高齢者になっていくにつれて、働く場所が徐々になくなっていくのが現実です。

正直、一生働き続けるのはかなり難しいと言わざるを得ません。

しかし、元気な高齢者が増えているのも事実。
一生フリーターで生きていきたいなら、健康的で元気な高齢者を目指しましょう。

一生独身

そもそもそんな気がある人はフリーターに少ないかもしれませんが、フリーターは結婚するのは難しいと覚悟しておきましょう。
年収200万円くらいの男性と結婚したい女性はかなり少ないからです。

「デヴィ夫人の婚活論」がなかなか興味深く、「大好きな年収200万円の男」と「好きでもない年収1億円の男」では、「好きでもない年収1億円の男」と結婚した方が幸せになれるということです。

簡単にいえば、愛はお金で買えるということになります。
女性は現実的な生き物ですね。

しかし、これは男性に関してのことで、周りを見ていても女性のフリーターは結婚できる傾向にあります。
男女不公平ですが、これが現実です…。

とはいえ、男性でもヒモ的な感じで正社員の女性と結婚すればOKですね。
結婚したい人は、プライドを捨て去ってヒモになりましょう。

関連記事

こんにちは、マノアキラです。自由とお金のある生活を目指して、日々挑戦しています。先日の僕のツイートです。おはようございます🌞朝からなんですが、変なプライドは自分が損するだけです。プライドを捨てれば、実際の[…]

IMG

一生世間の目を気にする

フリーターで生きていくことは、世間の目に耐えていくことになります。
人の生き方はそれぞれですが、フリーターを良く思わない人もいるからです。

特にネットでは誹謗中傷もひどく、「フリーターはクズ」と言われることもあります。

そういった厳しい世間の目を耐え抜くメンタルがなければ、フリーターで生きていくことはできません。

もし、クズと言われるようなことがあったら、以下の記事を読んでみてください。
フリーターにとっては少し勇気が出る内容となっています。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「フリーターってぶっちゃけクズだよね?」「自分はフリータ[…]

フリーターはクズではない
  • 一生貧乏のまま
  • 一生働き続ける
  • 一生独身
  • 一生世間の目を気にする

一生フリーターで生きていくのはおすすめしない

就職

ここまでで解説したように、フリーターで生きていくことは可能ですが、問題点はたくさんあります。
できれば、いつかフリーターから抜け出すことをおすすめします

断言しますが、フリーターのままでは人生を謳歌(おうか)できません

  • 「海外旅行に行きたい」→ お金がないから無理
  • 「家を買いたい」→ ローンが組めないので無理
  • 「結婚したい」→ 恋人に断られる

上記の通りで、人生の幅を狭めることになります。

ちなみに、以下はフリーターから抜け出して就職した僕の例です。

  • 「海外旅行に行きたい」→ 海外旅行に行った
  • 「家を買いたい」→ 家を買った
  • 「結婚したい」→ 結婚した

人生の幅が広がり、少し謳歌(おうか)できるようになりました。

すぐとは言いませんが、人生を素敵なものにするために、フリーターからはいつか抜け出しましょう。

フリーターから抜け出す方法

フリーターから抜け出す方法は、以下の2つです。

  • 就職する
  • 起業・フリーランスなど

深掘りします。

就職する

フリーターにとっては禁断の手法かもしれませんが、就職することです。
就職すれば、安定的な収入世間に溶け込む社会的地位を得ることができます。

繰り返しですが、フリーターから抜け出して就職した僕は以下の通りです。

  • 「海外旅行に行きたい」→ 海外旅行に行った
  • 「家を買いたい」→ 家を買った
  • 「結婚したい」→ 結婚した

決して豪華ではありませんが、フリーターでは無理な生活を手にすることはできました

そんな経験から言わせていただくと、就職して人生の幅を広げるのもアリだと思いますよ?

フリーターから就職するなら、フリーター特化の転職エージェントの利用がおすすめです。
それ以外の方法で就職するのは難易度が高く、ブラック企業に当たる可能性も高いからです。

詳しくは「フリーター特化の転職エージェントおすすめ3選【高卒や30代にも】」を参考にしてください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。23歳からフリーターをとして生き、26歳で就職した経験を持ちま[…]

フリーターおすすめの転職エージェント

起業・フリーランスなど

とはいえ、就職も数ある手段の一つに過ぎません。

  • フリーランスになる
  • 個人事業主になる
  • 法人を設立する

生き方は人それぞれなので、自分に合った生き方をしましょう。

しかし、正社員を一度も経験していないなら、一度は就職した方がいいと思います。

  • 社会の基礎が身につく
  • ビジネススキルが身につく
  • メリット・デメリットを感じることができる

ある程度その後に活きるスキルを身につけつつ、「やっぱり正社員はダメだな…」と思うことができるので、フリーランスや起業に向けたモチベーションを高めることもできます

しかし、何度も言うように生き方は人それぞれです。
自分で決めた道を歩んでください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。フリーターを経験し、その後就職、現在は個人事業主です。「[…]

フリーターやニートが起業して成功する方法
  • 就職する
  • 起業・フリーランスなど

まとめ:一生フリーターで生きていくことは可能

フリーター

一生フリーターで生きていく方法はあると断言」とういうテーマでまとめました。
フリーターとしてずっと生きていきたい人は、この記事の内容を参考にしてください。

結論、一生フリーターで生きていくことは可能と断言します

復習ですが、一生フリーターで生きていく方法が以下の通りです。

  • 一生働き続ける
  • 健康な体を保ち続ける
  • 貯金をしていく
  • 収入源を複数作る

しかし問題点があり、それが以下です。

  • 一生貧乏のまま
  • 一生働き続ける
  • 一生独身
  • 一生世間の目を気にする

生き方は人それぞれですが、フリーターからはいつか卒業した方がいいと思います。

フリーターでは人生を謳歌(おうか)できません。
フリーターから卒業して、人生を謳歌(おうか)しましょう。

これは、フリーターから就職して今は個人事業主を経験している僕の本音です。

この記事が、現在フリーターとして生きているあなたのお役に立てれば幸いです。