無料素材・フリー画像おすすめサイト3選!【画像はブログやサイト作成に必須】

f:id:manochang:20190603000022j:plain

この記事はこのような方に向けて書いています。

ブログが文字だけの人
画像を使いたいけど、どこで取得できるか知りたい人
ブログで画像をどこに挿入すればいいのか知りたい人

ブロガーの皆さん、記事に画像を活用していますか?

いろいろなブログを閲覧していると、たまに見かける「文章だけの記事」

文章だけの記事では見栄えも悪く、正直読む気が失せてしまいます。

この記事では、ブログやサイト作成で無料で使える素材、フリー画像を簡単に取得できるおすすめのサイトを紹介していきます。

他サイトでは多くのフリー素材サイトを紹介していますが、実際に使うのは1つか2つ、多くても3つで十分です。


 

 

なぜ画像が必要なのか?

f:id:manochang:20190603000101j:plain

まず、画像を挿入する理由について説明します。

主な理由は以下の2点です。

理解しやすく読みやすい

それぞれ説明していきます。

アイキャッチ画像 

まず、1つ目の理由はアイキャッチ画像」です。

アイキャッチ画像は「アイ=eye(目)」「キャッチ=catch(引きつける)」目を引きつけるための画像という意味です。

アイキャッチ和製英語

アイキャッチ画像は記事の「顔」となるものですので、必ず挿入することをおすすめします。

Twitterなどで発信する場合にアイキャッチ画像があれば一目で何に関する記事なのかも分かりやすいですし、目に止まりやすくもなります。

例えば、先日の僕のツイートです。 ↓

Twitterではタイムラインに多くのツイートが流れてきますので、文字だけよりも画像付きの方が目に止まりやすくなります

これはFacebookなど、他のSNSにおいても同様です。

(ブログをSNSで発信していない方は、これからどんどん発信していきましょう。SNSで拡散するのは基本です。)

WordPressを利用している方は「Auto Post Thumbnail」などのプラグインを使えば簡単に設定できます。

はてなブログを利用の方は「編集オプション」から記事内の画像を選択することで簡単に設定できます。

アイキャッチ画像を設定して「読む前の人」にどのような記事なのか、分かりやすくしましょう。

まず、入り口がわかりにくいと読んでくれることはありません。

理解しやすく読みやすい

アイキャッチ画像を設定したところで、次は記事の中身の問題です。

記事内の画像挿入は読み手に内容を理解しやすく、読みやすくするために必要です。

普段から小説などの文字だけの文章を読むことが得意な人はいいかもしれませんが、全員がそういう人ではないため、サイトの離脱率が下がってしまいます

例えば、「文字だけの記事」「画像が途中に挟まっている記事」ではどちらが見やすくわかりやすいでしょうか?

おそらく、後者だと思います。

ブログは基本、人に読んでもらうために文章を書いているので読み手の気持ちになることが重要です。

画像を挿入するのは、読み手のことを考えた行動であるとも言えます。

また、単純にブログの見栄えも良くなりますので、画像を挿入することをおすすめします。 

おすすめの無料サイト3選

f:id:manochang:20190603000122j:plain

では画像をどこで用意すればいいのか、について説明していきます。

基本的に画像には著作権というものが発生するため、適当に他人のサイトからコピーして使うことは絶対にしてはいけません。

(引用として使う場合はありです。しかしルールを守って使いましょう。)

自分のサイトで画像を使う場合は自分で撮影した画像か、無料素材・フリー画像を使います。

自分で撮影した画像だと素人では少々クオリティも低くなってしまいますので、基本的には無料素材を使っていくことがいいでしょう。

では、実際におすすめの無料素材・フリー画像を無料で取得できるサイトを紹介していきます。

他サイトでは多くのフリー素材サイトを紹介していますが、実際に使うのは1つか2つ、多くても3つで十分です。 

僕がおすすめしているのは以下の3つです。

それぞれ紹介していきます。

O-DAN 

個人的に最もおすすめのサイトです。

世界41サイトの無料素材の中から、自分の理想とする画像を探すことができます。

好みにもよりますが、全体としてセンスが良く、ブログをおしゃれな感じに仕上げることができます。

僕は最近使い始めたばかりですが、非常に気に入っていて、これからも重宝していくことになると思います。

実際にこの記事でも、O-DANから取得した画像を使っています。

写真AC

他サイトでも多く紹介されているサイトです。

質の高い画像が多く、種類も豊富です。

僕もO-DANを使い始める前まではメインで使っていました。

今はO-DANでない画像は写真ACで探す、といった感じにしています。

基本無料で使えるサイトですが、デメリットとして

  • キーワード検索は1日5回まで
  • 1日にダウンロードできる画像数は9点まで
  • ダウンロード時に15秒待機・アンケートに答える

などの制限があります。

プレミアム会員になれば解消されますが、有料(月額1,066円)となります。

まずは無料で使ってみて、相当気に入ればプレミアム会員に登録してみてもいいかとは思いますが、個人的には無料で利用していても全く問題ないと感じています。

また、写真ではなくイラストを使いたい方は系列サイトのイラストACもあります。

豊富なイラストが用意されているのでおすすめです。

写真ACでキーワード検索すると、ついでにイラストACでの検索も下の方に表示されるようになっています。

ぱくたそ

3番目におすすめするサイトですが、O-DANや写真ACと比べると画像の質はやや劣ります

O-DANと写真ACはプロのカメラマンが撮った感がありますが、ぱくたそは素人が撮ったようなクオリティのものも混じっています。

(ものにもよります。)

しかし、O-DANや写真ACでは取り扱っていないような画像もありますので、理想の画像が見つからない時はぱくたそで探してみましょう。

実際に僕もたまに利用しています。

例えばこちらの記事はぱくたそで画像を準備しました。↓

AirPodsは音質は悪いがAppleユーザーにはおすすめする3つの理由 – MANO-LOG

2サイトだと種類に限界があるときもありますので、3つ目の手段として考えておくのがおすすめです。

ブログで画像を挿入する場所は?

f:id:manochang:20190603000141j:plain

「画像を準備するのはわかったけど、どこに入れればいいの?」

という方のために、おすすめの挿入箇所を紹介します。

おすすめの画像挿入箇所は以下になります。

記事1番上(アイキャッチ画像用)
見出し下

まず、記事の顔となるべきアイキャッチ画像を1番上に挿入します。

あとは見出しの下に画像を挿入していきます。

あまり多く画像を入れすぎると逆に読みにくい記事になってしまうのでこのくらいがおすすめです。

ちなみにこれは僕独自の方法ではなく、有名ブロガーの記事を参考にして導き出した(もしくは教えてもらった)方法です。

もちろん、これが全て正しいというわけではありませんので、 あくまでも参考にしていただけるといいかと思います。


 

 

まとめ:ブログに画像は必須です

f:id:manochang:20190603000202j:plain

「無料素材・フリー画像のおすすめサイトと画像挿入箇所」についてまとめました。

POINT!

  • ブログ・サイト作成に画像は必須!
  • 「O-DAN」「写真AC」「ぱくたそ」がおすすめ!
  • 画像挿入箇所は「記事1番上」と「見出しの下」がおすすめ!

ちなみに無料素材で満足できない方は有料サイトを利用するとさらにクオリティが上がります。

資金に余裕がある方はShutterstok(シャッターストック)PIXTA などの有料サイトを利用していくとよいでしょう。

あなたの記事に画像を挿入し、読み手に優しいブログを作っていきましょう。

ちなみに、画像を取得してそのまま貼り付けると容量が重いので圧縮して利用することをおすすめします。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので参考にして下さい。↓

【ブログ・サイト運営者必須!?】画像を圧縮するべき理由とおすすめの画像圧縮方法 – MANO-LOG