3大フリマサイト徹底比較!【メルカリ・ヤフオク!・ラクマの特徴と活用方法】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。
不用品販売で10万円以上の売り上げを上げています。

「家に不用品が溜まってて邪魔」

「フリマサイトで不用品を売りたいけど、どのサービスがおすすめ?」

こちらの記事では、こんな悩み・疑問を解決します。

家に必要のない物が溜まっていませんか?
また、処分したいけどなかなか行動できなかったりしていませんか?

そんな人達へおすすめなのが、フリマサイトの活用です。

僕は「メルカリ」「ヤフオク!」「ラクマ」を利用し、せどり(転売)をしていた経験があり、各プラットフォームの特徴を掴んできました。
(*転売といってもチケットなどの違法的なものはやっていません)

そこで、「3大フリマサイト徹底比較!【メルカリ・ヤフオク!・ラクマの特徴と活用方法】」についてまとめていきます。

なぜフリマサイトがおすすめなのか?

不用品販売

自分にとっては必要のない物でも、世の中にはそれを必要としている人がいます。
捨てるのは非常にもったいないですよ。

不用品を売る、というとブックオフなどのリサイクルショップが思い浮かびますが、実はこれはおすすめできません。
買取価格が非常に安いからです。

これはブックオフがぼったくっているわけではなく(多少あるかも)、物を売る人と物を買う人の間に店舗が入るため、人件費などの費用が掛かってしまいます。
店舗としてはその分のお金も取らなければ割りに合わないため、仕方がないことです。

不用品を売る場合におすすめなのは、フリマサイトで売ることです。
フリマサイトであれば間に入るのはWeb上のシステムであり、個人間で商品の発送や受け取りまで行うのでリサイクルショップで売るよりも高く売ることができます。
システムに払うお金は手数料のみで、その他のお金はダイレクトに個人間で動きます。

個人で利益を最大にするには、フリマサイトの利用がおすすめです。

3大フリマサイト徹底比較!【メルカリ・ヤフオク!・ラクマの特徴と活用方法】

比較

フリマサイトを利用する人は非常に増えており、中古リユース市場は拡大しています。
フリマサイトは多くありますが、基本的に以下の3つを押さえておけばOKです。

  • メルカリ
  • ヤフオク!
  • ラクマ

おそらく、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

フリマサイトで売ることのメリットは、より高く自分の納得した価格で売ることができる点です。
一昔前まではフリマサイトというと個人間のやりとりが面倒という印象がありましたが、 メルカリをはじめ、他サイトでも取引の簡略化が行われ、非常に簡単に物を売ることができるようになりました。

スマホで写真を撮って、アプリで簡単に出品ができます。
もりろん好きなプラットフォームを利用していただいて結構ですが、各々特徴があります。
その特徴を知ることで、さらに効果的に売ることが可能ですので紹介していきます。

メルカリ

株式会社メルカリが運営する、日本で最も利用者数の多いフリマサイトになります。

特徴は以下の通りです。

国内アプリダウンロード数8,000万
販売手数料10%
ユーザー層〜30代女性
売れるスピード早い
売れる価格安い

何と言っても圧倒的な利用者数が特徴です。

とにかく売れるスピードが早いです。
出品して30分程度で売れてしまうのも珍しくありません。

迷ったらとりあえずメルカリに出品しておけば間違いかと。

出品方法もかなり簡単です。
CDやDVD、本であればバーコードをかざすだけで説明文の記入もしてくれますし、推奨販売価格まで教えてくれます。

ユーザー層は「男3:女7」「若年層7:中年層3」といった感じです。
若い女性にターゲットを絞った商品が売れやすく、単価はや低い印象です。

しかしあくまで比率であり、利用者数が多いのでなんでもOKといった感じです。

デメリットとしては、手数料が高いことです。
圧倒的に売れやすい分、10%の手数料がかかりますのでその点は承知しておきましょう。

ヤフオク!

Yahoo!JAPANが運営するオークションサービスですが、フリマ販売も可能です。
1999年にサービスを開始したYahoo!オークションから名称を変更したネット個人間取引の老舗です。

特徴は以下の通りです。

国内アプリダウンロード数3,000万
販売手数料10%(プレミアム会員は8.64%)
ユーザー層40,50代男性が多い
売れるスピード
売れる価格高い

メルカリに追い抜かれた印象はあるものの、まだまだ人気の高いプラットフォームです。
メルカリやラクマとは違い、CtoC(個人×個人)のみではなくBtoC(業者×個人)が認められていることも特徴です。

特徴としては40代、50代のお金に余裕のある男性がユーザーとして多いため、販売単価が高いことです。
メルカリと比較しても、高いものがより売れやすくなります。
時計やゴルフ用品など、中年男性が好みやすいものはメルカリではなくヤフオク!で販売するのがおすすめです。

また、ヤフオク!は基本的にオークションサイトなので、思っていたより高い値段で売れることもしばしばです。
メルカリと同じく手数料は高めの10%ですが、Yahoo!プレミアム会員(月額462円税抜)に入会すると8.64%となります。
Yahoo!プレミアム会員は手数料がお得なだけでなく、雑誌・漫画読み放題サービスなどの特典もありますので、長く利用される方はおすすめです。

ラクマ

楽天株式会社が運営するフリマサイトです。
2018年2月26日に、楽天子会社のファブリック(東京)が運営するフリルと統合しました。

特徴は以下の通りです。

国内アプリダウンロード数1,500万
販売手数料3.5%
ユーザー層〜30代女性
売れるスピード遅い
売れる価格安い

メルカリ、ヤフオクに次ぐ個人間取引のプラットフォームですが、正直やや弱めです。

しかし、手数料が3.5%とメルカリ、ヤフオク!と比較すると激安となっています。
金額が大きくなるにつれて手数料は気になってくるところです。

主に若い女性物、特にアパレルに絞っていくと売れやすい傾向にあります。
印象としては、安いものを目当てとするユーザーが多いように感じています。

まだユーザー数も多くないため売れるスピードは遅いですが、メルカリで売れなければラクマで、という感じで利用すればいいかと思います。

これからまだ伸びていくプラットフォームですね。

複数サイトで同じ商品の販売はあり? 

「とりあえず全部のサイトで出品しちゃえばいいんじゃないの?」
と思う方がいるかもしれません。

はい、確かに全部のサイトで出品して売れたら他のサイトの出品を取り下げればOKですね。
ただし、これはグレーゾーンなやり方です。
なぜかというと、各プラットフォームでの規約違反となり得ます。

各プラットフォームの規約です。

メルカリの販売禁止商品

手元にない

もし商品が売れてすぐに他のサイトでも売れてしまった場合、片方では手元にない状態での販売になる為、規約違反となるかもしれません。
ヤフオク!の規約違反

同じ商品を、他社のサービスや他の方法によって、二重に出品すること

 思いっきり規約違反となります。
ラクマの規約違反

同一の商品を、他社のサービスやその他の方法によって、二重に出品すること

ヤフオク! と同じです。

と、このように規約違反、または規約違反になり得ます。

しかし、グレーゾーンと表現しているのはバレる可能性は低いからです。
とんでもない量の商品をいちいち他サイトまで確認しているとは到底思えません。

しかし、規約違反と確認されると出品規制やアカウント削除の可能性もあり、今後そのプラットフォームを利用していくことができなくなることもありますので、くれぐれもご注意ください。

その他:Amazonで売る

f:id:manochang:20190610012223j:plain

「メルカリ」「ヤフオク!」「ラクマ」の他にもう一つの方法を紹介します。

それは、Amazonで売るということです。
ほとんどの方が知るであろうネットショッピングの王様的存在、あのAmazonです。

「個人でもAmazonで売れるの?」
と思うかもしれませんが、売れます

基本的に業者がAmazonで売る場合には大口出品契約をしていて、月額4,900円(税抜)がかかります。
しかし、小口出品という方法もあり、個人でも販売可能です。
(厳密にいうと、個人でも大口出品は可能)

ただし販売手数料が高い(商品カテゴリによって違う)のと、すでに登録されている商品のみ出品可能、などのルールがあります。

もっと簡単に売りたい方はリコマース というサービスもあります。
Amazonで販売されている商品を自宅に居ながら買取に出せるサービスです。

ただし、Amazonギフト券での支払いとなるのと、買取金額が安いのでそこは注意です。
出品する時間がなかったり、Amazonを頻繁に利用する方にはお手軽でおすすめです。

まとめ:フリマサイトを活用してお金を稼ぎましょう

不用品販売

3大フリマサイト徹底比較!【メルカリ・ヤフオク!・ラクマの特徴と活用方法】についてまとめました。

家にある不用品をフリマサイトで売ってお金にしませんか?
あなたには必要のないものでも、世の中に必要としている人は多くいます。

この機会にメルカリやヤフオク!を使って、断捨離してみて下さい。
ついでにお金にもなるので最高です。

  • 不用品はフリマサイトで売ろう!
  • 各フリマサイトの特徴を知り、効果的に稼ごう!
  • 個人でもAmazonで売れます!

ちなみに、自分の不用品がいくらになるのか気になる方は「オークファン」というサイトで国内外のショッピング・オークションサイトをまとめて検索することができます。
会員登録は無料なので、気になる方はどうぞ。