フリーターの掛け持ちアルバイトはおすすめしない理由【体験談】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

「フリーターでアルバイトを掛け持ちするか迷ってるけど注意点はある?」
「フリーターでお金がない…掛け持ちするしかない?」

今回は、こんな疑問を解決する内容の記事になります。

簡単に僕の経歴です。

22歳で新卒就職

9ヶ月で退職しフリーターになる

お金がないため、掛け持ちでアルバイトをする

26歳で再就職

上記の通り、フリーター時代に掛け持ちでアルバイトをしていた時期がありました。

その立場から、「フリーターの掛け持ちアルバイトはおすすめしない理由」を解説します。

この記事を読むことで、フリーターがお金がない時に掛け持ちアルバイトではなく、何をするべきかがわかります

掛け持ちアルバイトに応募する前に、この記事を読んで冷静に判断してください。

本記事の内容

フリーターが掛け持ちを考える理由
掛け持ちはおすすめしない理由
フリーターがお金がない場合の対処法

フリーターが掛け持ちアルバイトを考える理由

フリーターは貧乏

フリーターが掛け持ちアルバイトを考える理由はよくわかります。
僕もフリーター時代、実際に掛け持ちアルバイトをしていた経験があるからです。

  • お金がない
  • アルバイト先のシフトが不安定

つまり、こんな感じですね?

フリーターにとって、お金の問題は切り離すことのできない問題です。
事実、フリーターの平均年収は150万円と言われています。

関連記事

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。23歳〜26歳までフリーターでした。「フリーターの年収ってどのくらい?」「フリーターの収入で生活できるの?」この記事では、こんな疑問に答えます。フリーターの年収を知り[…]

フリーターの平均年収と実態を解説

また、フリーターは人件費削減の対象となりやすいため、収入が不安定です。
一つのアルバイトで月の収入が上下するのは、フリーターにとってリスクとなります。

  • 人脈を広げたい
  • 新たなスキルを身につけたい

人によってはこんな考えもあるかもしれません。

新しい職場での出会いもあり、交友関係が増えることは充実した日々に繋がることもあります。

交友関係が広がると、何か人生を変えるチャンスとなることもあるでしょう。

また、従来のアルバイトと別の種類の仕事をすることにより、新しいスキルを身につけることも可能です。

そのスキルを使って、人生の選択肢が増えるかもしれません。

しかし、いかなる場合でも、フリーターがアルバイトを掛け持ちするのはおすすめできません。

次に、その理由を解説します。

  • お金がない
  • アルバイト先のシフトが不安定
  • 人脈を広げたい
  • 新たなスキルを身につけたい

フリーターの掛け持ちアルバイトはおすすめしない理由

フリーターの掛け持ちアルバイト

フリーターが掛け持ちアルバイトをするのはおすすめできません。

  • 身体への負担
  • 時間に縛られる(想像以上)
  • 確定申告が必要

それぞれ、詳しく解説していきます。

身体への負担

フリーターが掛け持ちアルバイトをすると、身体への負担が大きいです。
一つの仕事が終わって疲れている後に、また同じように働かなければいけないからです。

例えば、9〜15時のシフトが終わった後、18時〜22時まで違うアルバイトをした場合、合計10時間労働となります。

10時間労働というと、場合によっては正社員よりも長い労働時間です。

  • 9〜15時、18時〜22時=10時間労働
  • 定時帰りの正社員=8時間労働

それに加え、通勤も2回あるので単純に2倍の労力がかかることになります。

1回目のアルバイトの後も、次のアルバイトがあるためリラックスもできずに休息は不十分です。

  • 掛け持ちアルバイト:往復30分×2回=1時間
  • 正社員・1つのアルバイト:往復30分

2回目のアルバイトの時間は遅くなりがちで、睡眠時間が十分に取れないこともあり、疲れが溜まります。

フリーターの掛け持ちアルバイトは、身体への負担が大きいためおすすめできません。

時間に縛られる(想像以上)

フリーターが掛け持ちアルバイトをすると、想像以上に時間に縛られるのでおすすめしません。

2つのアルバイトの時間が、微妙に開いてしまうことが原因です。

例えば、9〜15時のシフトが終わった後、18時〜22時まで違うアルバイトをした場合、間に3時間という微妙な時間が空いてしまいます。

さらに、2回目のアルバイトが終わったらすでに夜も遅いです。

  • 9〜15時:アルバイト
  • 15〜18時:微妙な時間
  • 18時〜22時:アルバイト
  • 22〜9時:この間に睡眠と自分の時間

アルバイトとアルバイトの間に通勤・休憩・食事などをするわけですが、次のアルバイトが控えているため、やることは限られてきます。

結局、何もできずにただ待機しているということが起こってしまうのです。

9〜15時と18時〜22時のアルバイトがある場合、感覚としては9〜22時働いているようなものです。

夜もアルバイトが終わるのが遅いので、睡眠時間を確保すると自分の時間はほぼありません

それならば、正社員として9〜18時働いた方が、時間的に余裕を感じることができます。

確定申告が必要

フリーターが掛け持ちアルバイトをすると、確定申告というめんどくさい作業が増えます。

一つのアルバイトであれば職場が年末調整をやってくれますが、掛け持ちの場合は自分で確定申告をするのが一般的です。

作業としては毎年春頃、税務署に書類を提出するだけとはいえ、源泉徴収票国民年金、国民健康保険の支払い証明書を集めていかなければいけません。

ただでさえ時間に縛られるフリーターの掛け持ち生活に、追い打ちをかけるように確定申告という面倒な作業が待っていることになります。

フリーターが掛け持ちアルバイトをすると、こんなめんどくさいこともありますよ。

  • 身体への負担
  • 時間に縛られる(想像以上)
  • 確定申告が必要

掛け持ちよりもフリーターにおすすめな方法:2つ

就職

ここで、「掛け持ちじゃなかったら、どうしたらいいの?」ということになりますよね?

フリーターが掛け持ちを考えた時に抱える悩みを、全て解決する方法は以下の2つになります。

  • 就職する
  • 副業をする

それぞれ、詳しく解説していきます。

就職する

フリーターが掛け持ちアルバイトをするくらいなら、就職した方がマシな場合もあります。
掛け持ちアルバイトのフリーターよりも、お金も時間が増えるからです。

例えば、9〜15時と18時〜22時で時給1,000円のアルバイトをしている場合と、正社員を比べてみます。

<掛け持ちフリーター>
時給1,000×10時間×20日=200,000円
(収入に前後あり・昇給なし)

<正社員>
8時間×20日=200,000円
(毎月安定収入・昇給あり)

収入は同じくらいですが、時間は正社員の方が多くなります。

しかも、場合によって、正社員はもっと収入が高いですよね?
基本的に正社員であれば、昇給もあるので収入は上がっていきます。

逆に、フリーターの場合だと昇給するケースは少なく、シフトの調整により収入は不安定です。

フリーターでアルバイトを掛け持ちするくらいなら、就職した方が時間もお金もある生活を手に入れることができますよ。

フリーターが就職する場合は、フリーター特化の転職エージェントを利用しましょう。

フリーターへの理解があるところからスタートできますので、一般転職サイトを利用するよりも就職しやすくなります

おすすめの転職エージェントは以下の記事にまとめてありりますので、就職希望の方はご覧ください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。23歳からフリーターをとして生き、26歳で就職した経験を持ちま[…]

フリーターおすすめの転職エージェント

副業をする

とはいえ、休みの自由がきくフリーターのままを希望する人もいると思います。
フリーターのメリットは時間を自由に使えることなので、気持ちはすごくわかります。

その場合の対処法としては、掛け持ちアルバイトをするよりも副業をする方がおすすめです。

しかし、「掛け持ちと副業は何が違うの?」と思うかもしれません。

  • 掛け持ち=アルバイト+アルバイト
  • 副業=本業+副業

簡単に説明すると、上記のような感じです。

どっちが本業ともいえない掛け持ちアルバイトは、ダブルワークという言われ方もします。

副業は、「明確な本業あっての副業」という感じです。

フリーターであれば、メインのアルバイトがあって、空いた時間を使って片手間でやるのが副業ですね。

副業を選ぶメリットは以下です。

  • 自由な時間にできる
  • 自由な場所でできる
  • スキルが身につく

確定申告の必要はあるものの、自由な時間と自由な場所でできるところが魅力です。
基本的には在宅でできるものが多いので通勤時間もなく、身体への負担もありません。

もっと言うと、掛け持ちアルバイトでは収入に限界がありますが、副業であれば自分次第で収入は上がっていきます。

副業で月に数十万円を超えてくることも、珍しいことではありません。

フリーターにこだわりつつ、お金がない悩みを解決したいなら、副業を始めてみるのがおすすめです。

副業であれば、個人で稼げるスキルも身につけることができますよ。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「フリーターに副業ってなんでおすすめなの?」「フリーター[…]

フリーターにおすすめな副業
  • 就職する
  • 副業をする

まとめ:フリーターは掛け持ちアルバイトをやめよう

フリーターにおすすめな副業

フリーターの掛け持ちアルバイトはおすすめしない理由」を解説しました。
お金がない悩みを抱えているフリーターは、ぜひ参考にしてください。

結論、フリーターが掛け持ちアルバイトをするのはやめておきましょう

繰り返しですが、理由は以下の通りです。

  • 身体への負担
  • 時間に縛られる(想像以上)
  • 確定申告が必要

しかし、フリーターには以下のような悩みがあるはずです。

  • お金がない
  • アルバイト先のシフトが不安定
  • 新たなスキルを身につけたい

これらの悩みは、以下の方法で解決可能です。

  • 就職する
  • 副業をする

この記事は、フリーターで掛け持ちアルバイトをしていた経験を元に書かせていただきました。

最終的に決めるのはあなた自身ですので、この記事の内容を参考に決断してください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「一生フリーターで生きていきたいけど可能?」「一生フリー[…]

フリーターで生きていく
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「正社員よりフリーターの方が稼げるって聞くけど本当?」「[…]

フリーターの方が稼げる