終身雇用崩壊!年功序列から成果主義の社会へ

サラリーマンの皆さん、日本の終身雇用制度はついに終焉を迎えました

 

先日、トヨタ自動車の社長が

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」

との発言をしました。

business.nikkei.com

さらに経団連の中西宏明会長も

「企業からみると(従業員を)一生雇い続ける保証書を持っているわけではない」

との発言。

 

日本経済のトップがこのような発言をしたことにより、ついに日本の終身雇用は実質終わりを迎えることになります。

ただこれは日本にとって明るい未来であると感じています。


 

 

なぜ終身雇用は終わるのか?

f:id:manochang:20190517053610j:plain

終身雇用は企業側にメリットがありません。

仕事ができない労働者、または必要のなくなった労働者を雇い続けなくてはいけないからです。

 

それは企業にとって害でしかなく、非効率的な制度です。

企業としては無駄に人件費を使いたくないので、必要な人材だけを雇用しておきたいはずです。

 

さらに、労働者側は解雇になる心配がないため、仕事の生産性は大きく落ちます

身の保障がされていなければ、自分の実力を示すために必死にならなければなりません。

それは会社にとっても良いことですが、労働者にとっても新しい可能性を見つけられる良い機会です。

今まで眠っていた実力を活かし、さらに収入をUPできるかもしれません。

 

つまり、終身雇用が終わることにより企業側にも労働者側にもメリットがあるので、この流れは必然と言えます。

 

年功序列から成果主義

f:id:manochang:20190517053619j:plain

終身雇用と共に、日本の悪い風習である年功序列」も終わることになります。

 

日本では、「実力が上であっても長く雇用されている人の方が多くの収入を得る」という理不尽な現象が起きていました。

終身雇用が終われば実力のない者は淘汰されていきますので、自然と成果主義へと移り変わっていきます

 

年功序列は日本の経済の進化を停滞させてしまうので、もっと早く無くなるべき風習でした。

 

いくら若者が成果を出しても、何も成果のないおじさんの方が給料が高いわけです。

これではモチベーションは上がるわけはありません。

 

日本のサラリーマンは「仕事をサボればサボるほどお得」という現実があります。

これは年功序列が作っているといってもいいでしょう。

 

頑張れば頑張っただけ報酬を得ることができるのが理想です。

終身雇用の崩壊により年功序列も終わり、理想に一歩近づいたと言えるでしょう。

 

労働は会社単位からプロジェクト単位へ

f:id:manochang:20190517053627j:plain

現在、日本の労働者の87%がサラリーマンと言われています。

世界と比較しても異常に多い割合です。

 

これも終身雇用が理由に挙げられます。

「会社に所属していれば一生安定」

という幻想があったためですね。

 

近年、会社に所属しないフリーランスという働き方が増えてきています。

終身雇用が崩壊したことにより、これからはサラリーマンの割合が減り、フリーランスが主流になっていくでしょう。

 

現在は会社単位で仕事をするのが一般的ですが、これからの時代はプロジェクト単位で仕事をしていくことになりそうです。

 

自分の得意なことだけに専念し、不得意なことは他人に任せればいいので非常に効率的です。

社会全体で考えた場合でも、プロジェクトの質は上がっていくでしょう。

 

例えば、「経理」や「人事」が得意な人は1つの会社で勤務するのが普通ですが、これからは複数の会社の経理業務や人事業務をこなすことになるかもしれません。

 

日本で生活していると信じられないかもしれませんが、すでにアメリカでは2020年までにフリーランスの割合は50%、カナダでは45%になると言われています。

終身雇用の崩壊とともに、日本もその流れに乗っていくことになります。


 

 

まとめ

f:id:manochang:20190517053639j:plain

現在、サラリーマンの人は自分は安定していると思っていませんでしたか?

日本の終身雇用は、完全に終わりました。

そして、完全実力主義の新たな時代が始まります。

今後、自分の立場を改めて考え、行動していきましょう。

POINT!

もしあなたが所属している会社が終身雇用や年功序列を未だに推進しているとしたら、すぐに転職を考えた方がいいかもしれません。

時代に合わせてアップデートできない会社に未来はないからです。

 

サラリーマンが安定しているという考えは今すぐ捨てましょう。

 

サラリーマンは自分の人生を他人に任せておんぶに抱っこ。

必要なくなればいつ捨てられてもおかしくありません。

実のところ、サラリーマンほどリスクの高い職業はないのです。

  

サラリーマンほど危険な職業はない!複数の収入源を持つことが大事な理由 – MANO-LOG