一人暮らしで1LDKは贅沢?知らないとヤバい注意点を解説

一人暮らしで1LDKは贅沢?知らないとヤバい注意点を解説
 この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしの部屋で1LDKは贅沢?
  • 一人暮らしで1LDKの部屋に住む場合の注意点は?

 

あなたは、一人暮らしの部屋に1LDKを検討していますね?

しかし、一人で住むのに1LDKは贅沢だと感じているはずです。

 

この記事を読めば、あなたが1LDKに住むべきかわかります。

結論、一人暮らしで1LDKは贅沢ですが、お金に余裕があればおすすめです。

 

しかし、知っておかないと後悔する注意点もあるので、ぜひチェックしてください。

» 一人暮らしのお部屋探しサイト|おすすめ3選【探し方のコツ】

一人暮らしで1LDKは贅沢?

一人暮らしで1LDKは贅沢?

一人暮らしで1LDKは贅沢なのか、実際に住んでいる割合などと共に解説します。

一人暮らしで1LDKは広い

一人暮らしの場合、1LDKは広いです。

1LDKの間取りは以下の画像の通り、かなり余裕がありますよね。

一人暮らしの部屋に1LDKは贅沢?知らないとヤバい注意点を解説
一人暮らしの部屋に1LDKは贅沢?知らないとヤバい注意点を解説

 

1Kやワンルームと違い、スペースに余裕があって開放感を感じることができます。

1LDKより狭くても十分に住めるため、一人暮らしで1LDKの部屋に住むのは贅沢です。

一人暮らしで1LDKに住んでいる割合:6.3%

一人暮らしで1LDKに住むのは贅沢ですが、実際に住んでいる人がいるのも事実です。

 

スーモが調査した結果によると下記の通り、全体の6.8%が1LDKに住んでいます。

間取り割合
ワンルーム17.3%
1K52.3%
1DK11.2%
1LDK6.3%
2K・2DK9.0%
2LDK以上2.9%

(参考:20代社会人の一人暮らしデータ2009 平均の広さや家賃は?

 

データを見ると7割近くが1Kかワンルームの部屋に住んでいることがわかるので、1LDKに住むのは贅沢ですね。

 

とはいえ、1LDKを選ぶのは悪くありません。

自分の生活スタイルやステージによって、部屋の大きさを考えていきましょう。

初めての一人暮らしに1LDKは贅沢すぎる

初めての一人暮らしには、1Kかワンルームをおすすめします。

初めての一人暮らしだと荷物も少なく、1LDKだと広いことがデメリットだからです。

 

一人暮らしの部屋に1LDKは贅沢?知らないとヤバい注意点を解説
一人暮らしの部屋に1LDKは贅沢?知らないとヤバい注意点を解説

上記を比べるとわかりますが、1LDKは2人で住んでもいい大きさです。

 

初めての一人暮らしは、1Kかワンルームが最適ですよ。

» 一人暮らしの部屋に1K・ワンルームは狭いけどおすすめする5つの理由

 

もちろん、選ぶのはあなた自身なので参考程度にしてください。

自分の住む間取りが決まった人は、下記ページのお部屋探しサイトで探してみましょう。

» 一人暮らしのお部屋探しサイト|おすすめ3選【探し方のコツ】

一人暮らしで贅沢な1LDKに住む3つの注意点

一人暮らしで贅沢な1LDKに住む3つの注意点

一人暮らしで1LDKに住む場合、知っておかないと後悔する注意点があるので解説します。

  • 家賃が高い
  • 光熱費が高い
  • 掃除が大変

一人暮らしで1LDKに住むと家賃の負担が大きい

1LDKは、1Kやワンルームと比べて家賃が高いです。

間取りが広いと家賃は上がるので、金銭的負担も増えます。

 

実際、東京23区の間取り別家賃相場は以下の通りです。

間取り家賃
ワンルーム5.3万〜12.9万円
1K6.3万〜12.0万円
1DK6.7万〜15.0万円
1LDK9.1万〜22.4万円
2K・2DK6/9万〜19.8万円
2LDK以上9.8万〜31.0万円

(参考:CHINTAI

 

家賃は毎月のランニングコストなので、余裕を持たせるのが望ましいですね。

一人暮らしで1LDKの部屋に住むのは、お金に余裕がある場合だけにしましょう。

一人暮らしで1LDKに住むと光熱費の負担が大きい

一人暮らしとはいえ、1LDKの部屋に住むと光熱費が高いです。

1Kやワンルームと比べて広いため、エアコンや照明代などの電気代が多くかかります。

  • 照明代
  • エアコン代
  • 電気ストーブなど

 

家賃とあわせて光熱費も考えないと、毎月の予算がパンクします。

光熱費は入居前にはわからないので軽視してしまいますが、毎月の固定費に近いので注意しましょう。

一人暮らしで1LDKに住むと掃除が大変

一人暮らしで1LDKの部屋に住むと、掃除の手間が増えて大変です。

1LDKはスペースが広いため、掃除する場所がたくさんあります

 

とはいえ対処法はあり、以下を実践しましょう。

  • 掃除の頻度を減らす
  • ラグやマットを置かない
  • 家事代行サービスを利用

 

ラグやマットを置かないと、掃除の手間が減ります。

» 一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットは絶対にいらない5つの理由

 

また、お金があれば家事代行サービスで掃除の手間を完全に省けます。

» 一人暮らしで家事ができない問題を解決【家事代行で優雅な生活】

 

広いとメリットが多いですが、注意点も理解しておきましょう。

一人暮らしで贅沢な1LDKに住む5つのメリット

一人暮らしで贅沢な1LDKに住む5つのメリット

一人暮らしで1LDKの住む際には、注意点があります。

しかし、メリットも多いです。

  • 開放感がある
  • 人を呼びやすい
  • スペースに余裕がある
  • 生活にメリハリがつく
  • 同棲・結婚でも対応可能

一人暮らしで1LDKに住むと開放感がある

一人暮らしで1LDKに住むと開放感があります。

圧迫感がなく、気持ちのいい毎日を過ごせますよ

  • 1K・ワンルーム:圧迫感あり
  • 1LDK以上:圧迫感なし

 

実際、狭い部屋よりも広い部屋の方が圧迫感はありません。

一人暮らしでも広くて開放感のある部屋に住みたい人に、1LDKはいい選択です。

一人暮らしで1LDKに住むと人を呼びやすい

友人や家族を部屋に招きたい時、1LDKだと呼びやすいです。

1Kやワンルームは狭くて多人数が部屋に入れませんが、1LDKなら余裕があります

  • 1K・ワンルーム:人を呼びにくい
  • 1LDK:人を呼んでも余裕がある

 

もし、あなたが頻繁に人を招くなら、1LDKの方がいいですよ。

とはいえ、とくに必要ないと感じるなら、1Kやワンルームでも問題はありません。

一人暮らしで1LDKに住むとスペースに余裕ができる

一人暮らしで1LDKに住むと、スペースに余裕が生まれます。

スペースに余裕が生まれると開放感だけでなく、収納スペースにも困りません。

  • 1K・ワンルーム:収納に限りあり
  • 1LDK:収納に余裕あり

 

ただし、あまり収納スペースに余裕があると、無駄なものまで置いてしまうので注意が必要です。

荷物の多い人や増えそうな人は、1LDKを選んで収納スペースに余裕を持たせましょう。

一人暮らしで1LDKに住むと生活にメリハリがつく

一人暮らしで1LDKの部屋に住むと、生活にメリハリをつけられます。

空間を分けられるので、生活パターンごとの部屋割ができるからです。

 

  • 寝室
  • 仕事部屋
  • リラックス部屋

上記を部屋ごとに決めておくと、生活にメリハリがついて充実した時間を過ごせますよ。

 

とくに自宅で仕事や副業をする人は、仕事部屋があると気が引き締まって生産性は向上します。

メリハリのある毎日を過ごしたい人は、1LDKを選ぶのがおすすめです。

一人暮らしで1LDKに住むと同棲・結婚でも対応可能

一人暮らしで1LDKに住んでおけば、同棲や結婚した時でも対応できます。

前述したとおり、1LDKは2人で住める広さだからです。

 

  • 1K・ワンルーム:ひとりまで
  • 1LDK:ふたりまで
  • 2LDK:ふたりだと余裕

上記の通り、もし同棲や結婚の予定がある人は1LDK以上を選んでおくといいですよ。

 

とはいえ、1LDKでの結婚生活だとやや狭く感じるので、2LDK以上をおすすめします。

2LDKに住む際の注意点は下記で解説しているので、気になる人はご覧ください。

» 一人暮らしで2LDKは贅沢?失敗しないために知るべき5つの注意点

一人暮らしで贅沢な1LDKの部屋に住む方法

一人暮らしで贅沢な1LDKの部屋に住む方法

「1LDKに住みたい」と思った人のために、1LDKで一人暮らしをするための方法を解説します。

  1. 資金があるか確認
  2. 1LDKの物件を探す
  3. 入居の手続きをする

SETP 1:資金があるか確認

1LDKで一人暮らしを始めたいなら、まずは資金の確認をしましょう。

前述しているとおり、1LDKに住むにはある程度の資金力が必要だからです。

  • 家賃・光熱費
  • 家具・家電など
  • 敷金など手数料

 

家賃や光熱費の他にも、生活に必要なものや不動産屋に支払う仲介手数料などもあります。

もし、1LDKに住む資金がないなら、1Kやワンルームに住むしかありません。

 

しかし、1LDKに住むチャンスは今後もあるので、まずは1Kかワンルームに住んでステップアップしましょう。

SETP 2:1LDKの物件を探す

一人暮らしで1LDKに住めるお金があれば、実際に物件を探してみましょう。

不動産屋に行かなくても、ネットでほとんどの物件を見れるので今すぐ探せますよ。

 

» イエプラ
チャットで部屋探し!深夜0時まで対応
» ビレッジハウス
敷金・礼金・手数料・更新料がすべて0円
» キャッシュバック賃貸
対象者全員に最大10万円の引越し祝金

お部屋探しには上記のサイトがおすすめです。

自分の住みたいエリアやこだわり条件と共に、1LDKに絞って検索しましょう。

 

お部屋探しサイトは、下記で解説しています。

さらに詳しく知りたい人は、ぜひご覧ください。

» 一人暮らしのお部屋探しサイト|おすすめ3選【探し方のコツ】

SETP 3:入居の手続きをする

お気に入りの物件が見つかったら、内見して手続きを開始しましょう。

手続きは仲介業者によって違いますが、スマホで完結できる場合もありますよ。

 

  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料
  • 各種保険など
  • 数ヶ月ぶんの家賃前払い

物件によって違いますが、入居前に支払う費用は上記の通りです。

 

入居の手続きが済めば、あなたの一人暮らしが1LDKでスタートします。

一人暮らしで1LDKに住んで贅沢に過ごそう

一人暮らしで1LDKに住んで贅沢に過ごそう

一人暮らしで1LDKに住むのは贅沢です。

しかし、お金に余裕があれば、多くのメリットを受けられます。

  • 開放感がある
  • 人を呼びやすい
  • スペースに余裕がある
  • 生活にメリハリがつく
  • 同棲・結婚でも対応可能

 

ぜひ、あなたに最適な間取りを選択し、快適な一人暮らしを始めてください。

» 一人暮らしのお部屋探しサイト|おすすめ3選【探し方のコツ】

 

MANO-LOG』では、一人暮らしに関する情報を扱っています。

一人暮らしの準備から、生活を快適にするコツまで発信しているので、ぜひ活用してください。

一人暮らしの記事一覧 »