一人暮らしで2LDKは贅沢?失敗しないために知るべき5つの注意点

マノアキラ(@AkiraMano)です。

「一人暮らしで2LDKに住むのは贅沢?」
「一人暮らしで2LDKに住むメリットやデメリットは?」

今回はこんな疑問を解決する内容です。

この記事を読むことで、これから一人暮らしをする人が2LDKを選ぶべきかどうかがわかりますよ

結論、一人暮らしに2LDKは贅沢ですが、お金のある人にとってはメリット大きい手段です。

しかし、人によってはおすすめできませんので、ぜひこの記事の注意点を確認して失敗しないようにしてくださいね。

本記事の内容
  • 一人暮らしで贅沢な2LDKに住む5つの注意点
  • 一人暮らしで贅沢な2LDKに住む5つのメリット
  • 一人暮らしで贅沢な2LDKに住むための3ステップ

一人暮らしで贅沢な2LDKに住む5つの注意点

一人暮らしで2LDKは贅沢?失敗しないために知るべき5つの注意点

まずはじめに、2LDKで一人暮らしをする際の注意点について解説しおておきますね。

  • スペースが余る
  • 広すぎて寂しい
  • 掃除がめんどくさい
  • 家賃・光熱費が高い
  • 無駄なものが増えやすい

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むとスペースが余る

一人暮らしで2LDKに住むと、スペースが余ります。

一人暮らしの荷物はたいしたことないので、2LDKの広さでは余裕がありすぎるからです。

とくにはじめて一人暮らしをするような人であればあまり荷物はないので、かなりスペースが余ることになりますよ。

  • 荷物が少ない人:ワンルーム・1Kなど
  • 荷物が多い人:2LDK・2DKなど

荷物が多い人であれば2LDKでもいいですが、はじめての一人暮らしの場合はワンルームでも十分です。

自分の荷物に合わせて部屋の大きさも決めたほうが、無駄なスペースに家賃を払うこともありませんよ。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと広すぎて寂しい

一人暮らしで2LDKに住むと、少し寂しい気持ちになることがあります。

2LDKだと一人暮らしで住むには、無駄なスペースが生まれるからですね。

  • ワンルーム・1Kなど:狭いのでとくに寂しさがない
  • 2LDK・2DKなど:広くて寂しさを感じる

しかし、無駄なスペースのない1Kなどの部屋に住めばとくに寂しさは感じません。

とくに寂しがりやの人が2LDKに住むのは精神的にもデメリットなので、くれぐれも注意してくださいね。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと掃除がめんどくさい

一人暮らしで2LDKに住んでしまうと、掃除がとてもたいへんです。

2LDKは1Kに比べてとても広く、ひとりですべてを管理しなければいけないからですね。

  • ワンルーム・1Kなど:掃除がかんたん
  • 2LDK・2DKなど:掃除がたいへん

とはいえ、資金に余裕のある人は自分で家事を行う必要もありません。

気になる人は、「一人暮らしで家事ができない問題を解決【家事代行で優雅な生活】」を読んでみてくださいね。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと家賃・光熱費が高い

もっとも気になる点ですが、一人暮らしで2LDKに住むと家賃や光熱費が高くなってしまいます

基本的には、部屋が広くなればなるほど家賃は高くなるからです。

光熱費に関しても、広い部屋のほうがエアコン代などの電気代が多めにかかりますね。

  • ワンルーム・1Kなど:家賃・光熱費が安い
  • 2LDK・2DKなど:家賃・光熱費が高い

しかし、ワンルームなどの狭い部屋であれば家賃は安くなるのが普通です。

家賃や光熱費は、毎月のランニングコストなので馬鹿になりません。

資金に余裕がない人は、贅沢な2LDKに住むのはやめておいたほうが無難ですよ。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと無駄なものが増えやすい

一人暮らしで2LDKなど広い部屋に住んでしまうと、無駄な荷物が増えやすくなります。

「広いから置けるか…」という思考になってしまうため、ついつい無駄なものでも買ってしまうからです。

2LDKに住むような人は資金に余裕のある人なので、とくに無駄な買い物をしてしまいがちになりますね。

  • ワンルーム・1Kなど:スペースがないので無駄買いしない
  • 2LDK・2DKなど:スペースがあるので無駄買いしてしまう

しかし、あくまでも個人の管理能力が関係するところなので、意識すれば大丈夫です。

もし、一人暮らしで2LDKに住むのであれば、無駄な買い物をしないように注意しましょうね。

  • スペースが余る
  • 広すぎて寂しい
  • 掃除がめんどくさい
  • 家賃・光熱費が高い
  • 無駄なものが増えやすい

一人暮らしで贅沢な2LDKに住む5つのメリット

一人暮らしで2LDKは贅沢?失敗しないために知るべき5つの注意点

一人暮らしで2LDKに住むのは注意点もありますが、メリットもたくさんありますよ。

  • 広くて開放的
  • 豊富な収納力
  • 同棲・結婚もそのままでOK
  • 来客時に隠したいものを隠せる
  • 用途に合わせて部屋を分けることが可能

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと広くて開放的

一人暮らしで2LDKに住むと、スペースが広くてとても開放的です。

1Kなどの狭い部屋にある閉塞感はなく、のびのびとできますよ。

  • 運動がしやすい
  • インテリアが置きやすい
  • 大きな家具も邪魔にならない

スペースが広いと上記のようにさまざまなメリットがあり、生活を豊かにすることができますね。

閉塞感に我慢できない、広くて開放的な部屋に住みたいという人は2LDKを選びましょう。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと豊富な収納力

一人暮らしで2LDKに住むと、収納に困ることはありません。

基本的にひとりで住むには広めなので、豊富な収納を備えている場合が多いからです。

  • ワンルーム・1Kなど:収納力が低い
  • 2LDK・2DKなど:収納力が高い

注意点に「無駄なものが増えやすい」と書きましたが、実際は収納力があるのでとくに問題にはなりませんね。

荷物が多い人やこれからのために収納に余裕を持っておきたいという人は、2LDKを選びましょう。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと同棲・結婚もそのままでOK

一人暮らしで2LDKに住んでおけば、同棲や結婚をするときでも引越しをする必要がありません

2LDKであれば2人で住むこともできるので、そのまま住めばいいからです。

  1. 2LDKに一人暮らしで住んでおく
  2. 同棲・結婚が決まる
  3. そのまま2LDKの部屋に住む

もし、恋人がいて同棲や結婚の予定があるのであれば、2LDKを選んでおけば安心ですね。

もちろん、いま恋人がいない人でも、将来のために2LDKに住むことはダメなことではありませんよ。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと来客時に隠したいものを隠せる

一人暮らしで2LDKに住んでおくと、お客さんが来たときでも問題ありません

隠したいものは隠しておいて、きれいなリビングで楽しく過ごせるからです。

  • たたんでいない衣類を違う部屋に
  • ゴチャゴチャした荷物は別のへやに
  • 自分が寝ている布団やベッドは寝室に

たとえば上記のとおり、あまり見せたくないものは寝室など見えないところにしまっておくことができます。

1Kなどの狭い部屋だと隠したくても隠せないので、気になる人が2LDKを選ぶのはメリットですよ。

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むと用途に合わせて部屋を分けることが可能

一人暮らしで2LDKに住むと、目的別に部屋を分けることができます。

2LDKはリビングと別に部屋が2つあるので、効率的な使い方ができるからです。

  • 寝室
  • 仕事部屋
  • リラックスする部屋

たとえば上記のとおり、寝室や仕事が場を分けておくとメリハリがついた生活が送れますね。

ひとつしか部屋がないとどうしてもメリハリがなくダラダラとした生活になってしまうので、用途に合わせて分けれるのは魅力的です。

  • 広くて開放的
  • 豊富な収納力
  • 同棲・結婚もそのままでOK
  • 来客時に隠したいものを隠せる
  • 用途に合わせて部屋を分けることが可能

一人暮らしで贅沢な2LDKに住むための3ステップ

一人暮らしで2LDKは贅沢?失敗しないために知るべき5つの注意点

具体的に、一人暮らして2LDKに住むための手順は以下のとおりです。

  1. 資金があるのか確認
  2. 物件を探す
  3. 手続きをする

STEP1:一人暮らしで贅沢な2LDKに住む資金があるのか確認

まずは大前提に、2LDKに住むには余裕のある資金が必要です。

前述したように、2LDKはワンルームなどの狭い部屋に比べて家賃や光熱費が高くなります。

  • 家賃・光熱費は払えるか?
  • 食費・日用品費は払えるか?
  • 生活費を引いても収入に余裕があるか?

家賃や光熱費は地方によって違いますので、いちどアパマンショップ などで検索してみて価格を確認してみましょう。

東京近郊の物件を探す人であれば、ietty(イエッティ) なら条件を入力するだけで自動的にAIが見つけてくれるのでかんたんですよ。

STEP2:一人暮らしで贅沢な2LDKに住む物件を探す

もし一人暮らしで2LDKに住む資金力がある場合は、実際に部屋を探してみましょう。

不動産屋に行く方法もありますが、少しめんどくさいし冷静な判断ができません。

できればネットで希望の物件に目星をつけておいてから問い合わせする、という手順で進めるのがいいですよ。

  1. ネットで条件に合う物件を見つける
  2. ネットから問い合わせをする
  3. 内見をする

キャッシュバック賃貸 であれば全国の物件を探すことができ、問い合わせから内見まで無料なので、よければいちど探してみてください。

STEP3:一人暮らしで贅沢な2LDKに住む手続きをする

内見まで済まし、一人暮らしで住みたい部屋が見つかれば、あとは手続きをしましょう。

初期費用を支払えば、2LDKでの一人暮らしがスタートしますよ。

  • 敷金・礼金
  • 数ヶ月分の家賃
  • 仲介手数料

初期費用としてかかる費用は物件によっても違いますが、上記のとおりです。

OHEYAGO(オヘヤゴー) であればスマホで内見の予約から手続きまで一括してできるので、とてもかんたんに一人暮らしがはじめられますよ。

ちなみに体験談として、古い物件に住む場合はゴキブリ対策を行っておくことをおすすめします。

くわしくは「一人暮らしではゴキブリ対策が必須【退治できない時の対処法】」に書いてありますが、僕はやらなくて後悔したので参考にしてくださいね。

ぜひ、2LDKで贅沢な一人暮らしを楽しみましょう。

  1. 資金があるのか確認
  2. 物件を探す
  3. 手続きをする

まとめ:一人暮らしでも2LDKに住んで贅沢を楽しもう

一人暮らしで2LDKは贅沢?失敗しないために知るべき5つの注意点
一人暮らしで2LDKに住むメリットや注意点について解説しました。

結論、一人暮らしで2LDKに住むのは贅沢ですが、お金に余裕のある人であれば住む価値はありますよ

しかし、以下の注意点があることは理解しておきましょう。

  • スペースが余る
  • 広すぎて寂しい
  • 掃除がめんどくさい
  • 家賃・光熱費が高い
  • 無駄なものが増えやすい

とはいえ、お金に余裕がある人にとっては以下のメリットがあります。

  • 広くて開放的
  • 豊富な収納力
  • 同棲・結婚もそのままでOK
  • 来客時に隠したいものを隠せる
  • 用途に合わせて部屋を分けることが可能

ぜひ、自分の今の状況に合わせた部屋選びをしてくださいね。

この記事が、一人暮らしで2LDKに住むか迷っている人の手助けになれば幸いです。

当ブログではほかにも一人暮らしに参考になる記事を30コ以上用意しているので、ぜひ読んでみてください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「初めての一人暮らしでいろいろ不安...」「初めての一人暮らしを快適に過ごす[…]

初めての一人暮らし
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしでロフト付きの部屋って便利?」「一人暮らしでロフトってど[…]

一人暮らしでロフト付きの部屋に住んだ感想
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしの人が太るのはなぜ?」「一人暮らしで太ることに何[…]

一人暮らしでどんどん太る前に知っておかないとヤバい3つのこと