一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方

マノアキラ(@AkiraMano)です。

「一人暮らしのカーテンはどうやって選べばいい?」
「一人暮らしでカーテンを選ぶときの注意点は?」

今回はこんな疑問を解決します。

この記事を読むことで、一人暮らしのあなたに最適なカーテンの選び方がわかりますよ。

なぜならこの記事では、5つの選び方から一人暮らしにマッチするカーテンを解説しているからです。

てきとうなカーテンを買って失敗しないためにも、ぜひこの記事の内容を参考にしてくださいね。

本記事の内容
  • 一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方
  • 一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方における3つの注意点

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方

一人暮らしの部屋に取り付けるカーテンの選び方は、以下の5つです。

  • 種類で選ぶ
  • 色・柄で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 加工で選ぶ
  • 買い方で選ぶ

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方①
種類で選ぶ

カーテンの種類は大きく分けて下記の5つあるため、自分の好きな種類を選んでください。

  • ドレープカーテン
  • レースカーテン
  • シェードカーテン
  • ロールスクリーン
  • ブラインド

ドレープカーテン

ドレープカーテンは、もっともスタンダードな種類です。

種類も豊富で、自分好みのデザインが見つかりやすいですよ。

とくにこだわりがなければ、ドレープカーテンにしておけばまちがいありません。

レースカーテン

レースカーテンは、ドレープカーテンよりも薄手に作られた種類です。

光を通すので日中はレースカーテンにしておけば、時間の感覚が狂うことがありません。

ドレープカーテンと合わせて使うのが一般的であり、効果的でもありますよ。

シェードカーテン

シェードカーテンは、昇降機を使用して生地を上下に移動させで開け閉めをするタイプの種類です。

光と熱をうまくコントロールすることができ、部屋をおしゃれにすることもできますよ

普通とはちがった、個性的な雰囲気を出したいときにおすすめですね。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは、シェードカーテンとおなじく昇降機を使用して生地を上下に移動させで開け閉めをするタイプの種類です。

シェードカーテンは折りたたみ式で閉じますが、ロールスクリーンはロール式という違いがあります。

こちらも、ドレープカーテンとはちがった雰囲気を出したいときに効果的ですね。

ブラインド

ブラインドは厳密にいうとカーテンではないですが、窓を覆うという点ではかわりません。

シンプルなデザインが多く、光や風の調整がしやすいのがポイントです。

しかし、遮音・遮光には向かないので、使いどころはうまく考えましょう。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方②
色・柄で選ぶ

一人暮らしの部屋をおしゃれに見せるためには、カーテンの色や柄がとても大切です。

選び方のポイントとしては、以下の3つをおさえておきましょう。

  • シンプルがおすすめ
  • 部屋の壁や家具に合わせる
  • 個性を出したいなら飽きないデザイン

シンプルがおすすめ

部屋のカーテンは、できるだけシンプルにしておくのがおすすめです。

シンプルにしておけば後からどんなインテリアを置いても違和感がなくなり、今後のコーディネイトの邪魔になることがありません。

シンプルなデザインといっても色はさまざまですが、なるべく落ち着きのある色を選んでおくのが無難ですよ。

部屋の壁や家具に合わせる

カーテンに色や柄は、部屋の壁やすでにある家具に合わせることがおしゃれに見せるポイントです。

あまりにもかけ離れたデザインのカーテンにしてしまうと、単体で見ればおしゃれなデザインでも違和感が出てしまいます。

たとえば真っ白な部屋に、真っ赤なカーテンを設置しては違和感がありますよね?

できるだけ部屋全体の雰囲気を考えて、カーテンの色や柄を選びましょう。

個性を出したいなら飽きないデザイン

もし、シンプルなカーテンが好みではない場合は、飽きないデザインを考慮するのがいいですよ。

あまり個性的なデザインを選んでしまうと、飽きたときに気分がよくないからです。

生活の中でもっとも長くいる場所ですので、できるだけ飽きないデザインを選びましょう。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方③
サイズで選ぶ

カーテン選びに重要な、サイズの選び方についても解説しておきますね。

  • 大きめのサイズを選ぶ
  • 掃き出し窓の場合:カーテンレールから床までの長さ-1~2cm
  • 腰窓の場合:カーテンレールから窓枠の下端までの長さ+15~20cm

大きめのサイズを選ぶ

カーテンは、窓と比べて少し大きめのサイズにするのが基本です。

窓より小さいサイズにしてしまうと、カーテンが窓を覆いきれないため意味がありません。

また、ジャストサイズの場合でもカーテンが揺れた場合に外が見えてしまうので、少し大きめを買いましょう。

掃き出し窓の場合

具体的にいうと、メインの窓となる掃き出し窓の場合は「カーテンレールから床までの長さ-1~2cm」を目安にするといいですよ。

カーテンが床にすれることなく、窓も余裕を持って覆うことのできるサイズになります。

腰窓の場合

壁の中央部分からなる腰窓の場合は、「カーテンレールから窓枠の下端までの長さ+15~20cm」を目安にしましょう。

カーテンが風で揺れたときでも、余裕を持って窓を覆うことのできるサイズになります。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方④
加工で選ぶ

カーテンにはさまざまな機能を持った加工がされているので、その特徴によって選び方も考えましょう。

  • ミラーレース
  • 遮光カーテン
  • 遮熱・保温カーテン

ミラーレース

ミラーレースは、外から見ると中が見えなくなっているカーテンです。

昼間に太陽光を部屋に入れていても、中が見えないので防犯に役立ちます

内側から外は見えるので、マジックミラーのような機能ですね。

遮光カーテン

遮光カーテンは、光を反射する機能を持っています。

遮光1級・遮光2級・遮光3級と段階があり、遮光1級の場合はほとんど光を通しません。

とはいえ、遮光1級だと太陽光を感じることができないため、時間の感覚が狂います。

おすすめは、ある程度の光を通す、遮光2級か遮光3級ですね。

遮熱・保温カーテン

遮熱・保温カーテンは、熱を反射する機能を持っています。

遮熱性の高いカーテンを選んでおけば、室温を適温に保つことが可能ですよ。

夏は涼しく冬は暖かくできるので、部屋での生活がより快適になりますね。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方⑤
買い方で選ぶ

一人暮らしのカーテンの買い方としては、大きく分けて以下の3つあります。

  • 実店舗で買う
  • ECショップで買う
  • カーテン専門店で買う

実店舗で買う

ニトリやイケアのような実店舗でカーテンを買うのは一般的ですね。

しかし、置いてある種類に限界があるのと、時間や労力の消費になることからあまりおすすめではありません。

実物を見れるというメリットはありますが、サイズさえわかっていればほかの方法で購入できるので効率的な方法を選びましょう。

ECショップで買う

Amazon楽天市場などのECショップで買うのは、とてもお手軽でかんたんです。

種類も豊富に選ぶことができ、スマホがあればすぐに購入することができます。

とくに急ぎでない場合は、Amazonや楽天市場で買うのはおすすめです。

カーテン専門店で買う

おなじECショップではありますが、カーテンを専門的に扱うネットショップで買うのはおすすめです。

専門的に扱うだけあって豊富な種類から選ぶことができ、サイズも細かく指定することができます。

とくに、JAPAN CURTAIN であれば1cm単位でサイズを指定することができ、色も42色から選ぶことが可能ですよ。

JAPAN CURTAIN はシンプルなデザインでおすすめですが、もっと柄にこだわりたいという人はクーカンネットショップ もあります。

おしゃれなデザインのカーテンが豊富に取りそろえているので、気に入ってもらえるカーテンが見つかりますよ。

Amazon楽天市場もいいですが、カーテン専門店での購入も検討してみてくださいね。

  • 種類で選ぶ
  • 色・柄で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 加工で選ぶ
  • 買い方で選ぶ

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方における3つの注意点

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方

一人暮らしのカーテンを選ぶときの、注意点について解説しておきますね。

  • 買わない選択肢はない
  • 入居前に買っておくのがベスト
  • カーテンレールの有無・種類に注意

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方における注意点①
買わない選択肢はない

「カーテンなんていらなくない?」という人はあまり聞いたことはありませんが、カーテンは絶対に必要です。

  • 防犯対策
  • 遮光対策
  • 保温対策

上記の対策をする効果があり、ないと不便に感じることはまちがいありません。

そもそも外から丸見えになってしまうのは落ち着かないので、必ずカーテンは用意しましょう。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方における注意点②
入居前に買っておくのがベスト

カーテンは、一人暮らしの部屋へ入居する前に買っておくのがベストですね。

入居してから購入してしまうと、カーテンなしで過ごす期間ができてしまうからです。

  • 入居前に買う:入居と同時にカーテンあり
  • 入居後に買う:カーテンなしで少し過ごす

できれば内見のときにカーテンサイズをはかっておくか、入居してすぐに購入しておきましょう。

カーテンなしで数日間すごすのは少しストレスになるため、できるだけ入居する前に買っておいてください。

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方における注意点③
カーテンレールの有無・種類に注意

物件によってカーテンレールの状態が違うので、どんなカーテンが合うのか確認しておきましょう。

物件によってはカーテンレールがないところや、特殊な種類のレールの場合もあります。

  • カーテンレールはあるか?
  • どんな種類のカーテンレールか?

できれば、カーテンレールの状態を内見のときに確認しておくといいですよ。

カーテンは用意したけど入居日になってつけれない、ということにならないように注意してくださいね。

  • 買わない選択肢はない
  • 入居前に買っておくのがベスト
  • カーテンレールの有無・種類に注意

まとめ:一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな選び方

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方

一人暮らしの部屋をおしゃれにするカーテンのおすすめな5つの選び方について解説しました。

  • 種類で選ぶ
  • 色・柄で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 加工で選ぶ
  • 買い方で選ぶ

ぜひあなたに最適なカーテンを選択し、おしゃれな部屋作りを目指してくださいね。

どんな部屋にでも合うシンプルなカーテンを希望するならJAPAN CURTAIN 、少しこだわったデザインのカーテンを希望するならクーカンネットショップ が豊富な種類を取り扱っていますよ。

当ブログではほかにも一人暮らしをはじめるときに参考になる記事を30コ以上用意しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事が、一人暮らしをするあなたの手助けになれば幸いです。

関連記事

マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしのベッドはどこで買うのがおすすめ?」「一人暮らしのベッドはどうやって選べばいい?」今回はこんな疑問を解決する内容です。この記事を読むことで、一人暮らしのベッドを今すぐに[…]

一人暮らしのベッドはどこで買う?すぐ買える方法とおすすめの選び方
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしの照明はどうやって選べばいい?」「一人暮らしでお[…]

一人暮らしの部屋をおしゃれにする照明のおすすめな選び方と買い方
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしでソファはいる?いらない?」「一人暮らしでソファの[…]

一人暮らしでソファは絶対いらない3つの理由と代わりになるもの3つ