一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

マノアキラ(@AkiraMano)です。

「一人暮らしでアポなしでインターホンが鳴ったら出なうほうがいい?」
「一人暮らしでインターホンが鳴って出なくても防犯上大丈夫?」

今回はこんな疑問を解決します。

結論を先に言うと、一人暮らしの場合はアポなしでインターホンが鳴っても出ないほうがいいですよ。

なぜなら、僕が実際に一人暮らしのころにインターホンが鳴ったら出ていて、ほとんど時間の無駄だったからです。

はじめはよくわからずに対応していたところ、時間や労力を無駄にしてしまいました。

実際にあった体験談をもとに書いているので、もっとくわしく知りたい人は下にスクロールして読み進めてくださいね。

本記事の内容
  • 一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由
  • 一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の注意点3つ
  • 一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の対策3つ

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

僕が実際に一人暮らしをしていて、インターホンが鳴っても出ないほうがいいと感じた理由は以下の3つです。

  • 営業・勧誘が多い
  • 犯罪の可能性もあり危険
  • 必要なことであればアポを取る

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい理由①
営業・勧誘が多い

一人暮らしの家にアポなしでインターホンを鳴らしてくる場合、ほとんどの場合が営業や勧誘です。

営業や勧誘を行う人たちは一人暮らしの家に訪問することも仕事の一部なので、仕方がありません。

実際に僕も一人暮らしをしていたころ、多くの営業や勧誘がインターホンを鳴らしてきましたよ。

  • 宗教の勧誘
  • 野菜の訪問販売
  • NHKの料金回収

営業や勧誘の場合はいちど出てしまうとかなり厄介で、時間と精神を消耗します。

インターホンが鳴っても出ないほうがいいですが、もし無理な場合は営業かどうかドア越しやインターホン越しに質問してみてください。

特定商取引法によると、訪問の場合はあらかじめ目的を伝えることがが義務付けられているため、営業の場合は「結構です」と断ればいいだけです。

一人暮らしでは営業や勧誘の人がインターホンを鳴らしてくることが多いので、自分の時間を守るためにも出ないようにしましょう。

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい理由②
犯罪の可能性もあり危険

一人暮らしの家にアポなしでインターホンを鳴らしてくる場合、犯罪の危険もあります。

一人暮らしを狙う犯罪は多く、知らない人のためにドアを開けるのはやめましょう。

とくに女性の場合は狙われる危険性も増すため、注意してください。

  • 強盗
  • 不法侵入
  • ストーカー

事実、一人暮らしの女性を狙った屋内での犯罪率は高く、自宅だからといって油断はできません。

「水道会社です」「新聞の勧誘です」などと嘘をついてドアを開けさせますので、インターホンが鳴っても出ないことをおすすめします

インターホンが鳴っても出ないのは自分の時間を守ることもありますが、自分の身体を守ることにもなりますよ。

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい理由③
必要なことであればアポを取る

一人暮らしの家にインターホンを鳴らしてくる場合、自分に必要なことであればアポを取ってもらいましょう。

自分に必要なことであれば、ほとんどの場合はアポを取ることができるからです。

実際に僕がインターホンが鳴って出ていた用件は、自分に必要のないことばかりでしたよ。

  • 設備の工事
  • 荷物の配達
  • 友人・家族との約束

たとえば上記のとおり、自分に必要なことは事前に訪問されることがわかっていますよね。

僕の経験上、インターホンに出てもいいことはほとんどありません

結論、一人暮らしの家にアポなしでインターホンを鳴らしてくるのは出ないのが正解です。

  • 営業・勧誘が多い
  • 犯罪の可能性もあり危険
  • 必要なことであればアポを取る

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の注意点3つ

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

とはいえ、インターホンが鳴っても出ない場合には不都合な点もあるので解説しておきますね。

  • 空き巣の場合がある
  • 隣人・警察の場合がある
  • のぞき穴からのぞくとバレる

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の注意点①
空き巣の場合がある

一人暮らしでインターホンを鳴らすのは、空き巣が在宅していない時間を確認するためということもあります。

空き巣は住人がいない時間を狙って犯罪を実行するため、準備を徹底的にするからです。

もしインターホンが鳴っても出ない場合、その時間は不法侵入する候補の時間に入る可能性があります。

  • 窓に小石をぶつける
  • インターホンを鳴らす
  • 家の周りをウロウロする
  • 郵便物が溜まってるか見る
  • 表札や電気メーターにマーキングする

空き巣は上記のような方法で在宅時間を確認するため、注意してください。

もし、表札や電気メーターにマーキングされていたら狙われる可能性もあるのでとくに注意です。

「WS=Woman・Single(女性・一人暮らし)」「1018=10時から18時不在」等の意味があるため、確認してみてください。

とくにアパートの1階は狙われやすいため、気になる人は2階以上の物件を選ぶといいですよ。

関連記事

 この記事で解決できる悩み 一人暮らしでアパートの1階はやめたほうがいい? 一人暮らしでアパートの1階に住むと何があるの? この記事を読むことで、一人暮らしをするあなたがアパートの1階に住む[…]

一人暮らしでアパートの1階はやめたほうがいい7つの理由

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の注意点②
隣人・警察の場合がある

一人暮らしの家にアポなしでインターホンを鳴らしてくる場合、隣人や警察の可能性もあります。

隣人や警察は連絡先を知らないため、訪問してくるしかないからです。

実際に僕もしつこくインターホンを鳴らしてきていた人が、隣の人だったこともありますよ。

  • 近所の苦情
  • アパート内の情報共有
  • 警察の見回り

上記のようなケースが考えられるため、営業や犯罪出ないこともあります。

とはいえ、とくに居留守を使っても問題ないことも多く、絶対に出ないといけないわけではありません。

もし気になる場合は、チェーンロックやU字ロックをしっかりした上で対応するようにしましょう。

警察に扮した犯罪もあるため、安易に開けるのは危険ですよ。

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の注意点③
のぞき穴からのぞくとバレる

一人暮らしの家にアポなしでインターホンを鳴らしてくる場合、気になるとは思いますが、のぞき穴からのぞくとバレます。

のぞき穴は内側からのぞくためのものですが、外からも少し中が見えるようになっているからです。

実際に僕も隣の人にインターホンを鳴らしていたのをのぞいたところ、在宅していることがバレましたよ。

  • のぞき穴をのぞかない
  • のぞき穴にカバーをする

基本的にのぞき穴はのぞかないほうがいいですし、できればのぞき見防止カバーをしておくといいですね。

のぞき穴からのぞくだけで在宅していることがわかるので、気をつけてください。

  • 空き巣の場合がある
  • 隣人・警察の場合がある
  • のぞき穴からのぞくとバレる

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の対策3つ

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

インターホンが鳴っても出ない場合、居留守でも安全に暮らすためには以下3つの対策を行なっておくといいですよ。

  • 中が見えないカーテンにする
  • セキュリティの高い物件に住む
  • モニター付きのインターホンにする

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の対策①
中が見えないカーテンにする

一人暮らしでインターホンが鳴って出ない場合でも、人が部屋にいることがわかってしまうのはよくありません。

できれば、部屋の中が見えないような工夫をしておくことをおすすめします。

  • 遮光カーテン:光をとおさない
  • ミラーレースカーテン:中が見えない

上記2点をそろえておくといいですよ。

遮光カーテンは光をとおさないため在宅かどうかわかりにくくなり、昼間に遮光カーテンを開けている場合でもミラーレースカーテンであれば中は見えません。

安心して居留守が使えるように、使用するカーテンを工夫しておきましょう。

カーテンの選び方は以下の記事で解説しているので、よければ参考にしてくださいね。

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の対策②
セキュリティの高い物件に住む

一人暮らしでセキュリティの高い物件に住んでおけば、インターホンが鳴っても安心できます。

そもそも住人しか入れないような設計になっているアパートであれば、モニター付きのインターホンとなっているため誰が来たかわかるからです。

また、セキュリティの高い物件は不審者に狙われる可能性も低くなるため、ある程度は安心して暮らすことができますよ。

  • 2階以上の物件
  • ベランダの塀が高い
  • 住人しか入れないような設計

上記のようなポイントをおさえつつ物件を探すことで、平穏な日常を得ることができます。

とはいえ、完全に安全であるとも言い切れないので、油断は禁物ですよ。

失敗しない物件の探し方については以下の記事で解説しているので、もし引越しを検討している人は参考にしてくださいね。

関連記事

 この記事で解決できる悩み 一人暮らしで住む部屋を探したいけど、方法がわからない... 一人暮らしのお部屋探しサイトが多すぎて、何を利用したらいいかわからない... 一人暮らしの部屋を探すあ[…]

一人暮らしのお部屋探しサイト|おすすめ3選

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ない場合の対策③
モニター付きのインターホンにする

一人暮らしでインターホンが鳴っても、モニター付きのインターホンであれば安心できます。

誰が来たかすぐにわかり、もし対応しても画面越しで済むので安全です。

モニター付きのではない物件に住んでいても、かんたんに取り付けることができますよ。

しかし、物件によっては取り付けできないこともあるので、その場合はドアに付ける簡易的なモニターが便利です。

工事等の手間はなく、ドアに固定するだけで使用することができます。

不審者への威嚇にもなるため、狙われる可能性も低くなりますよ。

自身の安全や平穏な日常を守るためにも、取り付けを検討してみてくださいね。

  • 中が見えないカーテンにする
  • セキュリティの高い物件に住む
  • モニター付きのインターホンにする

まとめ:一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由

一人暮らしではインターホンが鳴っても出ないほうがいい3つの理由について解説しました。

  • 営業・勧誘が多い
  • 犯罪の可能性もあり危険
  • 必要なことであればアポを取る

一人暮らしをストレスなく安全に過ごすためにも、インターホンが鳴っても出ないことを心がけましょう。

当ブログでは、一人暮らしにに関する記事を40コ以上用意しています。

必ずあなたの役に立つ情報がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事が、一人暮らしするあなたの参考になれば幸いです。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしでお金が貯まらないのはなんで?」「一人暮らしでも[…]

一人暮らしでお金が貯まらない問題を解決する3つの具体策
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。「一人暮らしで家事ができない...どうしよう?」「家事代行って聞くけ[…]

一人暮らしで家事ができない問題を解決【家事代行で優雅な生活】