挑戦することが怖い人が挑戦へのマインドブロックを外す方法【失敗しても大丈夫】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。
お金と時間のある生活を目指し、日々挑戦しています。

先日、こんなツイートをしました。

【挑戦できない人のマインド】 

失敗したらどうしよう…

【挑戦できる人のマインド】

失敗しても大丈夫!

という感じ

箕輪さん著書の「死ぬこと以外かすり傷」のタイトルは大げさですが、わりかし方向性は合っているかと。

たいがいのことは失敗しても大丈夫です。
むしろ経験になります。

今回は、上記を深掘りしていきます。 

「挑戦したいけど、一歩を踏み出せない」
「挑戦したいけど、失敗するのが怖い」

この記事では、こんな悩みを解決します。

挑戦するのが怖いと感じている人向けに、「挑戦することが怖い人が挑戦へのマインドブロックを外す方法」について解説します。
挑戦をして、人生を変えましょう。

挑戦することが怖い人が挑戦へのマインドブロックを外す方法

挑戦への考え方

「挑戦するのが怖い」と感じる気持ちはわかります。
しかし、それでは何も変わりません。

挑戦へのマインドブロックを外す方法は、失敗に対する考え方を変えることです。
要するに、挑戦できない人は失敗を恐れているからです。

具体的には、以下の考え方を持ちましょう。

  • 失敗はするもの
  • 失敗は経験になる
  • 失敗しないと成功しない
  • 失敗は前進
  • 失敗しても誰も気にしない

これは洗脳させるためではなく、全て事実です。

挑戦したら、高い確率で失敗します。
もちろん、失敗しないように努力はします。

しかし、それでも失敗はします。
そういうものです。

ただ、失敗とは経験として蓄積されます。
この蓄積されたものが、自分の力となり、成功するための原動力となります。

世の中の成功者のほとんどは失敗をしています。
失敗があったから成功している、といっても過言ではありません。

挑戦をしない人にとって、失敗とはネガティブなことかもしれません。
しかし、成功している人にとって、失敗は前進するためのきっかけなのです

また、あなたが挑戦して失敗したとしても誰も気にしません。
要するに、その程度のことです。

なぜ挑戦は怖いのか?

挑戦する環境

挑戦できない人の多くは、「失敗するのが怖い」ということでしょう。
仮に「失敗」というものが存在しなければ、躊躇なく挑戦を繰り返せるはずです。

では、なぜ失敗は怖いのか?
この原因を解決できれば、挑戦するためのマインドを持つことができます。

失敗するのが怖い原因は、大きく分けると「不安」「自信のなさ」です。

「不安」「自信のなさ」、この2つを解決する方法は以下の通り。

  • 失敗しても大丈夫な環境を作る
  • 成功するための情報を集める

それぞれ説明します。

失敗しても大丈夫な環境を作る

失敗するのが怖いのは、不安があるからです。
例えば、「生活の不安」「成功するか不安」ということでしょう。

しかし、「失敗しても大丈夫」という環境を作ることができれば解決です。

具体的な例を挙げると以下の通り。

  • サラリーマンをやりつつ副業から始める
  • しばらく生活に困らないくらい貯金を貯める

何かビジネスを始めたいなら、サラリーマンをやりつつ挑戦する手があります。
サラリーマンで生活に必要な安定収入を得つつ、副業から始めればリスクはありません。

また、たくさん貯金を貯めてから挑戦すれば失敗しても安心です。
極端に言えば、1億円貯金があったら挑戦しやすいですよね? 

挑戦することに一歩踏み出せない人は、挑戦しやすい環境から作るのも一つの手です。
そうすれば、不安はある程度取り除くことができるはずです。

成功するための情報を集める

何かに挑戦するなら、成功するための情報を集めることが重要です。
そして、情報を十分に集めることができると、不安は自ずと無くなり、自信が生まれます。

例えば、小さな例を挙げてみます。

料理ができるか不安・自信がない

料理の方法を調べる

不安がなくなり、自信が生まれる

といった感じ。
本当に小さな例です。

具体的には、「料理」のところに自分が達成したいことを当てはめて下さい。
情報は安心と自信を与えるので、挑戦へのハードルを下げてくれます。

挑戦することの重要性

挑戦は重要

なぜ挑戦することが重要なのか、ということについて説明していきます。
これは挑戦することのメリットよりも、挑戦しないことで生まれるデメリットの方にあります。

挑戦しないことで生まれるデメリットは以下の通り。

  • 後悔する
  • 現状維持 → 後退
  • 評価されない

順に説明していきます。

挑戦しないと後悔する

大人になってから、「あの時あれをやっておけばよかった」 と言って後悔してる人いますよね。
これは実際のところ、自己責任です。

結論、「自分が挑戦しなかったのが悪い」ということですね。

「挑戦できなかったのか?」と言われれば、多くの場合は挑戦できたはずです。

例えば、以下。

あの時、告白しておけばよかった

自分次第

といった感じ。 

だいたいのことは自分次第で解決できたはずです。
要は、自分が目標を達成するために行動しなかったことだけが原因なわけです。

後々、後悔しないためにも挑戦はするべきです。

現状維持 → 後退

「現状維持でいい」と言って何も挑戦しない人がいますが、実際のところこれは現状維持にはなりません。
なぜなら、自分の周りは常に変わり続けているからです。

簡単な例を挙げます。

ガラケーを使い続ける(現状維持)

スマホなしでは不便な世の中になる

まさしく、こんな感じです。

「自分は今のままでいいや」 と言って何もしないと、気がつけば周りに置いていかれてる状況になります。

少しも挑戦しないのは、結局のところ後退しているのと同じです。 

評価されない

何も挑戦しない人は、評価をされません。
挑戦しないのは、何も生み出さないと同じことだからです。

例えば、以下の2つ。

  1. 新しい企画を考える人
  2. 今のままでいいという人

この2つで評価を受けるのは「①新しい企画を考える人」です。

これは前述した通り、「現状維持 → 後退」だからです。 

何も挑戦しないことは後退するのと一緒。
他人は、後退する人を評価しません。

まとめ:挑戦は怖くない

挑戦

挑戦することが怖い人が挑戦へのマインドブロックを外す方法」についてまとめました。
挑戦が怖いと感じている人は参考にして下さい。

今の現状を維持したい、という気持ちはわかります。
しかし、記事中に書いた通り、現状維持とは衰退を意味します

慣れたことに安心してしまうと、あっという間に置いていかれてしまいます。

なかなか挑戦できない人は、ここに書いてある心構えを持ってみて下さい。
基本的に、失敗に対する考え方です。

ほとんどの場合は失敗を繰り返し、成功していくわけです。
失敗はダメなことではありません。

また、年齢を気にしている方がいるかもしれません。
実際のところ、挑戦することに年齢は関係ありません。

あるとすれば、メンタル的な衰えです。
メンタルであれば、考え方ひとつで解決です。
何歳でも挑戦してOKです。

  • 失敗への考え方で挑戦へのハードルは下がる!
  • なぜ挑戦できないか?→原因を解決!
  • 挑戦することの重要性を知ろう!

挑戦に対して一歩踏み出せない人に、少しでも参考になればと思います。

ちなみに、挑戦は人生を変えます
逆を言えば、挑戦しなければ人生は豊かになりません

最後に、冒頭のツイートでさりげなく紹介した箕輪厚介さんの「死ぬこと以外かすり傷」という書籍あります。
本は読まなくてもいいですが、まさにこのタイトルの通りです。

失敗しても、死ぬよりは全然マシです。
失敗を恐れずに、挑戦をしていきましょう。