残業しない働き方を教えます【残業ゼロのノウハウを公開】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。
サラリーマン時代は、残業ゼロを数年続けていました。

「仕事を定時に帰りたいけど、仕事が終わらない」
「残業をしない方法を知りたい」

この記事では、こんな悩みを解決します。

仕事が終わらない人向けに、「残業しない働き方」について解説します。
定時に帰って、日々の生活を充実させましょう。

*この記事は、定時に仕事を終わらせる方法について記述しています。
会社から与えられる仕事量が問題で残業をしている人は、以下の記事を参考にして下さい。

残業しない働き方:大切なのはメンタル

思考

残業しないためには、仕事を定時で終わらせる必要があります。
もちろん作業効率を上げることは必須ですが、もっと大事なものがあります。

それは、メンタルです。
「絶対に残業しない」という気持ちが最も大切です。

例えば、以下の2つを比べてみて下さい。

  1. 「残業してもいいか」
  2. 「絶対に残業はしない」

①の「残業してもいいか」という気持ちだと仕事に熱が入らず、生産性が下がります。
結果、仕事を終わらせることができずに残業という結末です。

しかし、②の「絶対に残業はしない」という気持ちだと、仕事の生産性は上がります。
早く帰りたい気持ちが、仕事を終わらせるモチベーションになるからです。

定時に帰る理由を作る

とはいえ、「そんな気持ちにはなれない」という人もいると思います。
その場合は、早く帰りたい理由を作るといいです。

僕の場合は、「時間を長く拘束されたくない」というのが残業しないモチベーションになっていましたが、人それぞれです。

例えば、以下のような理由があるといいでしょう。

  • 少しでも長く家族と過ごしたい
  • 早く帰ってゲームをやる時間を確保したい
  • 早く帰って、その時間で副業して稼ぐ

結論は、早く帰りたい理由を作って「絶対残業しない」という気持ちを強く持つことです。

作業効率を上げることも必須

マルチタスク

メンタルは最も大切ですが、もちろん作業効率を上げることも大切です。
そもそも仕事が終わらなければ、定時に帰ることはできないからです。

作業効率を上げて残業をしないために、大切なことは以下です。

  • 逆算して作業をする
  • 優先的なタスクから終わらせる
  • 人をうまく使う

それぞれ解説します。

逆算して作業する

作業を逆算して行うと、生産性が上がり仕事が早く終わります。
逆算して作業をしないと、ダラダラ作業をしてしまいがちだからです。

逆算というのはわかりやすく言うと、「タスクごとに期限を決める」ということです。

例えば、「タスクA」「タスクB」があった場合。

「タスクA」が終わったら「タスクB」に取り掛かる
作業効率DOWN

全てのタスクを時間内に終わらせるには、それぞれ何時までに終わらせればいいのか確認
作業効率UP

「タスクB」を定時までに終わらせるには、何時から始めればいいのか?
そのためには、「タスクA」を何時までに終わらせればいいのかを確認します。

仕事が終わらない人ほど逆算して作業をできていないので、この意識は大切です。

優先的なタスクから終わらせる

その日の内に終わらせるべきタスクは、優先的に行うことは大切です。
明日やればいい仕事は、必ず今日終わらせる必要はないからです。

例えば、今日中に終わらせないといけない「タスクA」と、明日やればOKな「タスクB」があった場合。

「タスクB」を先にやると、「タスクA」が終わらない可能性がある
残業の可能性が発生

「タスクA」を終わらせれば、「タスクB」が残っても明日やれば大丈夫
残業しなくてもOK

シンプルです。
今日終わらせるべきタスクを優先的に行い、残業の可能性を下げましょう。

人をうまく使う

自分がやらなくてもいいタスクは、人を上手に使って終わらせることは重要です。
自分一人では、作業量に限界があるからです。
特に、自分が指示することのできるスタッフを抱える人は、超重要事項です。

例えば、会議用に配る資料を作成をする場合。

  • 自分は書類作成に集中
  • コピーや仕分けはスタッフに任せる

このように、単純作業は人に振りましょう。

とはいえ、「指示できるスタッフがいない…」という場合もあります。
その場合は、ツールを使ってできることを探しましょう

会計をやっているなら、打ち込むだけでOKなエクセルの計算式を作っておくとか、優秀な会計ソフトを使うとかで効率化できます。

上記、3点に気をつければ作業効率が上がり、時間内に仕事を終わらせることができます。

他にも、作業効率を上げるための方法を書いている記事があるので、興味のある方は参考にして下さい。

まとめ:気持ちが大事

退社

残業しない働き方」について解説しました。
仕事が終わらなくて残業している人は参考にして下さい。

結論、「絶対に残業しない」という気持ちが最も大切です。
「残業してもいいか」だと、残業の可能性が高まります。

次に、作業効率のUPです。
そもそも、仕事を終わらせないと帰れません。

繰り返しですが、作業効率を上げる方法は以下です。

  • 逆算して作業をする
  • 優先的なタスクから終わらせる
  • 人をうまく使う

僕がサラリーマン時代に残業ゼロを続けていたノウハウをこの記事に書かせていただきました。
ぜひ参考にして下さい。

  • 残業しないために、最も大切なのはメンタル!
  • 作業効率を上げることも必須!

とはいえ、「自分は別にやることもないし、残業しても大丈夫」という方もいるかもしれません。
人それぞれですが、それはあまり効率的な生き方ではありません。

理由は以下の記事で書かせているので、興味のある方は是非ご覧下さい。