スマホの通知はオフにすべき3つの理由【上手な時間の使い方・生産性の高め方】

この記事はこんな方達に向けて書いていきます。

スマホの通知をONにしている人
時間を上手に使いたい人
時間が無いと勘違いしている人

通知が鳴ったらすぐにスマホを手を取り、内容を確認していませんか?

そんな人に限って、「時間が無い」「忙しい」と言っていませんか?

 

実は、そんな人は時間を無駄に使っています

時間の使い方が下手、と言ってもいいかもしれません。

 

結論から言うと、通知はオフにするのが時間を上手に使う方法です。 


 

 

理由1. 通知はほぼ緊急性がない

f:id:manochang:20190526231211j:plain

まず、通知のほとんどは緊急性がありません

緊急性がないものにいちいち反応していては、時間の無駄です。

 

例えば、LINEやメールで連絡する場合は緊急性がありません。

「LINEが来た、返信しなきゃ」

は必要ありません。

緊急性がある場合は電話で連絡があるはずです。

LINEやメールのやり取りは、1日2回程度でOKです。

 

緊急性がある場合は電話で連絡があるはずなので、その他の通知は全てオフにしてしまって問題ありません。 

理由2. 通知をオフにすれば時間が増える

f:id:manochang:20190526231223j:plain

スマホの通知をオフにすると、使える時間が増えます

いかに通知に振り回されている生活だったのかに気づくことができます。

 

通知をオフにしておくと緊急のお誘いは、自然と断ることになります。

お誘いに全て行きたい方が行きたい人もいるかもしれませんが、自分の時間を割くことになり、やろうと思っていた作業もできなくなる可能性があります。

予定を組んで行動することができるので作業に余裕も生まれ、自分の時間を確保することができます

自分の時間を確保できれば、そこで好きなことができるので人生は豊かになっていきます。

理由3. 通知をオフにすれば作業の生産性が増える

f:id:manochang:20190526231233j:plain

通知をオフにすれば、作業の生産性を格段にUPさせることができます

通知が鳴らなければ、目の前の作業に集中することができるからです。

 

例えば作業中に通知が鳴り、スマホを確認していては、その時点で一旦集中力が途切れてしまいます

しかもLINEやメールにその都度返信していては、貴重な作業時間を割くことになります。

前述した通り、LINEやメールへの対応は緊急性がありません。

緊急性がないものは後から対応すればOKです。

 

通知をオフにして作業の生産性を高めれば、ビジネスやチャレンジの成功確率は高くなります。


 

 

まとめ:通知は基本オフにしましょう

f:id:manochang:20190526231311j:plain

通知は基本的にオフしておいても問題ありません。

それどころか、時間を増やすことになり、さらに作業の生産性を高めることになります。

生活にメリハリをつけて人生を豊かにしていきましょう。 

POINT!

  • 通知はほぼ緊急性がありません!
  • 通知をオフにすれば、時間が有効に使えます!

iPhoneの人は「おやすみモード」に設定すると通知オフにできます。

完全に通知オフにすることに抵抗がある人は、時間を指定してオフにできますのでおすすめです。

Androidの方も同様の機能があります。

おやすみモードを設定!通知音・着信音を消して1日を有意義に! – MANO-LOG