残業がつらい・きついと感じた時にやるべきこと【残業ゼロを実現】

マノアキラ(@AkiraMano)です。
サラリーマン時代は、残業ゼロでした。

「毎日残業でつらい…やめたい」
「毎日残業できつい…転職したい」

今回は、こんな悩みを解決する内容です。

この記事を読むことで、つらい残業から抜け出す方法がわかります。

なぜなら、僕はこの記事で解説する「残業がつらい・きついと感じた時にやるべきこと」を実践することで、毎日残業だった仕事を残業ゼロに変えることができたからです。

つらい残業とはおさらばして、快適な仕事環境を手に入れましょう。

本記事の内容

残業がつらい・きついと感じる理由
残業がつらい・きついと感じた時にやるべきこと

残業がつらい・きついと感じる理由

残業がつらい・きつい

残業がつらい・きついと感じる理由は、やりたくないのに残業をしているからです。

あなたがもし、「残業をやりたい」と思うのであれば、つらいとは感じませんよね?

サラリーマンの平均残業時間は月47時間

サラリーマンの平均残業時間は月に47時間と言われています。
1日平均すると2.3時間です。(月20日勤務換算)
(参考:残業の平均時間はどのくらい?日本のサラリーマンの残業事情

これは、異常な数値です。

以下、労働基準法の引用文をご覧ください。

使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。

(引用元:厚生労働省

つまり、残業をしないのが原則なのに、残業をするのが普通になってしまっていることになります。

やらなくてもいい残業をやることに、つらいと感じるのは当然のことですよね。

残業をしたくないのは、合理的であり正しい気持ちですよ。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。会社員時代の残業時間は、ほぼゼロです。「残業をしたくないのは悪いこと[…]

残業したくない

世の中には残業をしたい人もいる

「残業をしたくないのは当たり前じゃん?」と思うかもしれませんが、世の中には自ら進んで残業をしている人もいます。

以下、Yahoo!知恵袋に載せられた質問の引用です。

残業したくない人の気持ちがわかりません。残業代が貰えないようなら話は別ですが、残業代をもらっている限りべつに仕事をすることに対して別に嫌だとか言った感情はないのですが。

(引用元:Yahoo!知恵袋

「残業代をもらえるなら別につらくない」ということですね。

確かにわからないこともないですが、残業をしたいという気持ちは誰にもメリットはありませんよ。

以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代、残業は0でした。「残業したいけど、会社[…]

残業

残業がつらい・きついと感じない人はヤバい

このように、残業をしているにも関わらず、残業がつらい・きついと感じない人はちょっとヤバいです。

なぜなら、大量の時間を失っているからです。

  • 毎日残業 → 帰ってから寝るだけ
  • 毎日定時帰り → 帰ってから自分の時間や家族との時間を楽しむ

上記の通り、毎日残業をしている人には、自分の時間や家族と過ごす時間はありません。

お金を得ることの代わりに大切な時間を失っていることに気がついていない人は、人生を幸せに過ごすことはできませんよ。

関連記事

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。お金よりも時間を大切にしています。「時間とお金ってどっちが大事?」「幸せってお金で買えるよね?」この記事では、こんな疑問を解決します。時間とお金がどちらを大事にするべき[…]

時間とお金、大切なのはどっち?

残業がつらい・きついと感じた時にやるべきこと

残業がつらい・きつい

「残業がつらい」「残業がきつい」と感じた時にやるべきことは、残業のない環境に身を置くことです。

残業のない環境に身をおけば、残業をつらいと感じることもありません。

残業のない環境に身を置く方法は2つあります。

  1. 今いる職場環境を変える
  2. 転職して環境そのものを変える

それぞれ解説します。

今いる環境を変える

残業がつらいと感じているのであれば、今いる環境を変える方法を考えましょう。

残業をする必要のない環境に変えれば、つらい思いもしなくて大丈夫です。

ちなみに、僕はサラリーマン時代に働いていた会社は、入社時に残業が当然のように2〜3時間ありました。(しかもサービス残業)

しかし、自ら環境を整えることで半年後には残業ゼロの職場環境に変えることができました

その時に行ったことは、以下になります。

  • 作業を徹底的に効率化
  • 人(パート)を上手に使う

残業になってしまう原因の多くは、作業が非効率的であることです。

作業を徹底的に効率化し、さらに人をうまく使うことによって仕事を時間内に終わらせることができます。

以下の記事でさらに詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業ゼロを数年続けていました。「仕事[…]

残業しない働き方

残業をゼロにできれば、自分の時間や家族と過ごす時間も確保できます。

残業をつらいと感じることもなくなりますので、今いる環境を変えてゆとりある生活を手に入れましょう。

転職して環境そのものを変える

しかし、いくら自分が環境を変えようと頑張っても、職場によっては不可能な場合もあります。

  • 与えられる仕事量が多すぎる
  • 残業が当たり前の会社で働いている

上記のような場合です。

この場合の解決策は、転職しかありません。

なぜなら、会社が「残業=美徳」という考え、もしくは「残業せざるをえない状況」になっている可能性が高いからです。

このような会社に所属していても、永遠に残業で消耗する人生になってしまいますよ。

残業が当たり前な会社からは、早めに逃げ出しましょう。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業が月に0でした。「毎日残業で辛い[…]

残業

転職するなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

理由は以下の通り。

  • 完全無料で利用できる
  • 自分に合った仕事が見つかる
  • ブラック企業に当たる可能性が低い
  • サポートが充実している

残業のない仕事に転職し、ストレスフリーな生活を手に入れましょう。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

まとめ:残業がつらい・きついなら解放されよう

残業がつらい・きつい

残業がつらい・きついと感じた時にやるべきこと」について解説しました。

毎日の残業が「つらい」「きつい」と感じている人は参考にしてください。

結論、残業のない環境に身をおきましょう

  1. 今いる職場環境を変える
  2. 転職して環境そのものを変える

方法は、上記の2つになります。

ただ、ひとつだけ言えるのは、行動するのは「あなた自身」ということです。

あなた自身が何も行動しなければ、今のつらい残業から解放されることはありません。

行動して環境を変えるか、このまま何も行動せずに残業で消耗する人生を歩むか、一度考えてみましょう。

この記事が、残業で悩む人の手助けになれば幸いです。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

残業ゼロを実現した僕が残業の悩みやストレスを全12記事で解消