無駄な残業はやめた方がいい3つの理由と同僚がやっている場合の対処法

マノアキラ(@AkiraMano)です。
サラリーマン時代は、残業ゼロでした。

「同僚が無駄に残業をしてイライラする…」
「無駄な残業をした方が残業代をもらえるし得じゃない?」

今回は、こんな悩み・疑問を解決する内容です。

この記事を読むことで、無駄な残業はやめた方がいい理由と同僚がやってても気にしない方法がわかります。

なぜなら、僕はサラリーマン時代に残業をゼロにしてメリットがたくさんあったからです。

無駄な残業はやめて、効率的に過ごしていきましょう。

本記事の内容
無駄な残業はやめた方がいい理由
無駄な残業をする理由
無駄な残業をする人を気にしない方法

無駄な残業はやめた方がいい3つの理由

無駄な残業

結論、無駄な残業はやめた方がいいです。

  • 自由な時間を失う
  • 会社に依存するのは危険
  • 会社に迷惑

理由は上記の通りです。

自由な時間を失う

無駄な残業をすると、大切な自由時間を失います
毎日のように残業をして、帰りが遅くなると帰って寝るだけの生活になるからです。

  1. 毎日帰って寝るだけの生活
  2. 毎日定時で帰って自由時間を楽しむ生活

上記のうち、どちらが幸せに感じますか?

帰って寝るだけの生活は、目的意識を失っている気がしますね。

もし、「①毎日帰って寝るだけの生活」を幸せと感じている人は、自分がなぜ仕事をしているのかをもう一度考えてみましょう。

お金よりも時間が大切

お金よりも時間の方が大切です。
お金は増やすことができますが、時間は減っていく一方だからです。

例えば、お金は働くことで稼ぐことができますが、残業に使った時間は戻ってくることがありません。

お金の方が大事と思っている人は、少し時間の価値を見直してみましょう。

 時間=人生

時間を消費するということは、人生を消費することと同じになります。

「人生」とは「生きている時間」のことだからです。

無駄に残業をしている人は、無駄に人生を使っていることと同じです。

人生を効率的に過ごすためにも、無駄な残業はやめておきましょう。

関連記事

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。お金よりも時間を大切にしています。「時間とお金ってどっちが大事?」「幸せってお金で買えるよね?」この記事では、こんな疑問を解決します。時間とお金がどちらを大事にするべき[…]

時間とお金、大切なのはどっち?

会社に依存するのは危険

無駄な残業をするのは、会社に依存する行為になるので危険です。

  • 収入がゼロになるリスク
  • 会社にいいように使われる
  • スキルが上がらない

理由は上記の通りです。

収入がゼロになるリスク

会社だけの給料に生活が左右されることになるので、会社に何かあった時に収入がゼロになってしまいます。

会社で残業ばかりしていると、副業をする時間もないからです。

 会社は社員を守ってくれない

すでに日本の終身雇用は崩壊しており、会社は社員を守ってくれません。

事実、以下の企業がすでに40代以上の社員のリストラを行っています。

  • NEC
  • エーザイ
  • 千趣会
  • 日本ハム
  • 昭文社
  • カシオ計算機
  • 協和発酵キリン
  • 富士通

(参考:45歳以上はクビ!? NEC、富士通、コカ・コーラetc.でリストラが進行中

東証一部上場企業であろうとも、安定した雇用は約束されていません。

いつ会社を辞めてもいいように、複数の収入源を持っておくことが大切です。

会社にいいように使われる

会社に依存してしまうと、会社にいいように扱われる可能性があります。

退職しないのをいいことに、過酷な労働を強いられる場合があるからです。

 自分の労働環境を守る

生活のために残業をしていると「会社がないと生活できない」という状況になるため、会社は「何をしても辞めない」と判断してしまいます。

自分の労働環境を守るためにも、無駄な残業はやめましょう。

スキルが上がらない

無駄に残業ばかりしていると、スキルをそれ以上あげることはできません

結局は同じ仕事を、長い時間やっているだけだからです。

 複数のスキルを持つことが大切

ひとつのスキルだけに頼ってしまうと、将来的に仕事がなくなる場合があります。

例えば、運転技術が優れているからといっても、自動運転が普及すれば仕事はなくなりますよね。

将来のことを考えるならスキルはひとつだけではなく、複数持つことを意識しましょう。

会社に迷惑

無駄に残業することは、会社にとって迷惑になります。

  • 仕事の生産性が下がる
  • 人件費がかさむ
  • 仕事量の振り分けに困る

理由は上記の通りです。

仕事の生産性が下がる

無駄な残業は、日中の生産性を下げることがあります。

「今日も残業すればいいか」という気持ちだと、日中の仕事を定時に終わらせる必要もないので、ダラダラと作業をしてしまうからです。

 残業しないことで生産性が上がる

逆に、「絶対に定時で帰るぞ!」という気持ちで仕事にのぞむと、定時から逆算して作業をすることができるので生産性は上がります。

生産性の低い作業をすることは、会社にとって利益を生まないので迷惑です。

人件費がかさむ

無駄な残業をすればするほど、会社は残業代を支払わなければいけないので人件費がかさみます

本来は終わるはずの仕事量を与えているにも関わらず、残業代を支払わなければいけなくなるのは会社にとって無駄な出費です。

 無駄な残業は不公平が生じる

同じ仕事量をこなしているにも関わらず、定時帰りの人よりも無駄に残業をしている人の方に報酬を多く支払わなければいけないのは不公平でもあります。

無駄な残業をしている人は、会社にとっても同じ職場で働く同僚にとっても迷惑な存在です。

仕事の振り分けに困る

無駄に残業をされてしまうと、会社は適切に仕事を振ることができません

本来は終わるはずの仕事を無駄に長くやってしまうので、会社はそれが普通であると認識してしまうからです。

 無駄な残業をやめれば最終的に得

逆に、定時より前に終わる仕事であれば少し仕事量を増やすことができるので、会社全体の生産性も上がります。

会社全体の生産性が上がれば利益も同じように上がっていくので、ボーナスや昇給などで最終的に社員に還元されることもあるはずです。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代、残業は0でした。「残業したいけど、会社[…]

残業
  • 自由な時間を失う
  • 会社に依存するのは危険
  • 会社に迷惑

無駄な残業をする3つの理由

無駄な残業

そもそも無駄な残業が起こってしまう理由は、以下の3つです。

  • 残業代が欲しい
  • 頑張っているアピール
  • 会社の無駄な風習

それぞれ解説します。

残業代が欲しい

無駄な残業を繰り返す人は、残業代を稼ぎたいからです。

サラリーマンの性質上、定時に仕事を終わらすよりもダラダラと仕事をして残業をした方が多くの報酬を得ることができます。

一見、賢い稼ぎ方に見えますが、実際はそうでもありません。

 残業するなら副業する方が効率的

サラリーマンは残業をするよりも、副業をした方が効率的です。

副業をすれば残業代以上にお金を稼ぐこともできますし、個人で稼ぐスキルを身につけることもできます。

例えば、無駄に毎日2時間残業しているなら、定時に上がって2時間を副業に使ってみましょう。

毎日2時間を副業にコミットすれば、ほぼ働かなくても収入が入ってくる仕組みを作ることもできますよ。

残業代を稼ぐたいからといって無駄に残業をするのは、実は非効率的な稼ぎ方です。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。現在は個人事業主ですが、サラリーマン時代からブログをやっていま[…]

サラリーマンは副業にブログがおすすめ

頑張っているアピール

会社に対して「自分はこんなにも頑張っているんだよ」というアピールのために残業をする場合もあります。

残業することを「美徳」と捉えて評価する会社も、いまだに存在するからです。

 頑張っているアピールは無駄

しかし、頑張っているアピールをして会社に評価されても無駄です。

会社に依存することになるからです。

前述した通り、会社に依存するのは危険で、いいように扱われる可能性があります。

無駄な残業をして会社にアピールすることは、自分の首を絞めているようなものですよ。

 出世に意味はない

出世したいために会社にアピールすることも理解できます。

しかし、出世してもメリットはありません

出世は少しの昇給と引き換えに、割に合わない労働環境を提供されるからです。

詳しくは以下の記事で解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、出世しそうになりましたが断りました。[…]

出世したくない理由

会社の無駄な風習

会社の風習により、無駄に残業をするケースもあります。

会社は「残業=美徳」という考えや、上司・先輩よりも先に帰ってはいけない雰囲気という環境の場合です。

 残業が当たり前な会社からは逃げ出そう

残業が素晴らしいという古い考えを持つ会社からは、すぐに逃げ出すことをおすすめします

その会社にいても、無駄な残業で人生を消耗してしまうからです。

残業のない仕事に転職をすれば、無駄な残業をすることもなく自由な時間を確保することができますよ。

時間は有限なので、できれば早めに身の振り方を考えましょう。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業が月に0でした。「毎日残業で辛い[…]

残業

 周りを気にせず帰ってOK

先輩や上司が残業をしているからといって、自分も残業しなければいけないということはありません

きちんと与えられた仕事をこなして、結果を出していれば問題ないからです。

そもそも、労働基準法には下記の記述があり、残業は基本的にしなくていいものです。

使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。

(引用元:厚生労働省

このように法律が味方をしてくれているので、自分の時間を守るために仕事が終わったら気にせずに帰りましょう。

  • 残業代が欲しい
  • 頑張っているアピール
  • 会社の無駄な風習

無駄な残業をする人を気にしない方法

無駄な残業

自分が無駄な残業をしていなくても、同じ職場の人が無駄な残業をしていることがあります。

そんな時、「自分の方が早く仕事を終わらせているのに、あいつの方が収入が多いなんて不公平だ」とイライラしますよね?

そんな時の対処法は、以下の3つです。

  • 無駄な残業をしている人よりも素敵な時間を過ごす
  • 残業を評価しない職場を作る
  • 無駄な残業のない仕事に転職する

それぞれ解説します。

無駄な残業をしている人よりも素敵な時間を過ごす

無駄な残業をしている人を気にしない方法は、その人よりも素敵な時間を過ごすことです。

その人が残業をしている間に副業で稼いだり、お金では買えない時間を過ごしたりすることで気にならなくなりますよ。

  気になるのは相手の方が報酬をもらっているから

無駄な残業をしている人にイライラするのは、同じ仕事をしているのに自分よりも報酬をもらっている不公平さを感じているからです。

ならば、その人が無駄な残業で稼ぐお金より大きなものを得ることで、自分の方が幸せだと感じましょう。

例えば、自分が副業で稼いでいれば、「あの人は本当に無駄な時間を過ごしているな…」と、無駄な残業をする人を冷静に見ることができます。

無駄な残業をしている人よりも、素敵な時間を過ごしましょう。

 説得するのは労力の無駄

とはいえ、「その人に無駄な残業はやめた方がいいことを伝えればいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、これは労力の無駄です。

いくら「無駄な残業はやめるべきだ」と伝えても、全ての人が共感してくれるとは限らないからです。

頑張って説得したところで、理解してもらえずにがっかりする可能性は高いですよ。

 人を変えるよりも自分が変わった方が早い

人を変えようと努力するのもいいですが、それよりも自分が変わったほうが早いです。

他人を100%コントロールすることはできませんが、自分であれば高い確率でコントロールすることができます。

それこそ、自分が「無駄な残業はやめよう」と思えばすぐにやめることはできますが、他人に「無駄な残業はやめて」と伝えてもやめてもらえるとは限りません。

他人に期待するよりも、自分自身が変わることを考えましょう。

無駄な残業を減らすには残業を評価しない職場を作る

もしあなたが職場をコントロールできる立場でいるなら、残業を評価しない職場を作りましょう

無駄な残業をしている部下がいたとしても、評価しなければ残業をやめさせることができますよ。

 残業しない人を評価する

残業しない人を評価するようにすれば、無駄な残業をする人は少なくなります。

結果として、無駄な残業は損をすることになるからです。

  • 残業をしない人 → ボーナスUP・給料UP・昇進
  • 無駄な残業をする人 → ボーナスDOWN・昇給なし・昇進なし

例えば、上記です。

これなら無駄な残業をする理由もなくなりますね。

 無駄な残業がなくなれば業績もUPする

無駄な残業をなくすことは、業績のUPにもつながります。

前述したように、残業をしないことで仕事の生産性は上がるからです。

以下、日本経済団体連合会が発表している「2018 年労働時間等実態調査 集計結果」の一文を引用します。

経常利益が増加傾向にある企業の平均時間外労働時間(年間) 経常利益が増えている企業の年間平均時間外労働時間は、2017年において全体平均より やや高めであるものの、2015年と比較すると減少している。経常利益を増やしながら時 間外労働時間が減少傾向にあることは、生産性、業務効率性が向上している証左となり 得るのではないか。

(引用元:2018 年労働時間等実態調査 集計結果

この調査からも、残業時間が減ったことによる業績のUPを見て取ることができます。

職場から無駄な残業を減らして、業績UPを目指していきましょう。

無駄な残業のない仕事に転職する

最終手段として、無駄な残業のない会社に転職することです。

そもそも無駄のない会社に転職すれば、気にする必要も無くなります。

 無駄な残業のない会社は優秀

無駄な残業のない会社に転職することは、キャリアUPにつながります

先ほど紹介した2018 年労働時間等実態調査 集計結果にあるように、残業の少ない会社は業績も良いからです。

業績の良い会社に就職することができれば、給料もボーナスもUPする可能性が高くなります。

無駄な残業のある会社に所属している人は、本当に今のままでいいのか、今後のキャリアを考え直してみてください。

 転職するなら転職エージェントを利用

もし、キャリアUPのために転職を希望するなら、転職エージェントの利用をおすすめします

転職エージェントには、下記のメリットがあるからです。

  • 完全無料で利用できる
  • 自分に合った仕事が見つかる
  • ブラック企業に当たる可能性が低い
  • サポートが充実している

とはいえ、選択するのはあなた自身です。

今の職場でもまったく問題ない場合は、転職する必要もありませんよ。

おすすめの転職エージェント5選と使うべき理由【完全無料】

  • 無駄な残業をしている人よりも素敵な時間を過ごす
  • 残業を評価しない職場を作る
  • 無駄な残業のない仕事に転職する

まとめ:無駄な残業はすぐにやめよう

無駄な残業

無駄な残業はやめた方がいい理由と同僚がやってても気にしない方法」について解説しました。

無駄な残業をしている人、または無駄な残業をする人に対してイライラしている人は参考にしてください。

繰り返しですが、無駄な残業はやめた方がいい理由は以下の通りです。

  • 自由な時間を失う
  • 会社に依存するのは危険
  • 会社に迷惑

また、無駄な残業をしてしまう理由は以下になります。

  • 残業代が欲しい
  • 頑張っているアピール
  • 会社の無駄な風習

もし、あなたが無駄な残業をしている場合はすぐにやめましょう。

しかし、同じ職場の人が無駄な残業をしているとイライラしますよね。
その場合の対処法は以下の通りです。

  • 無駄な残業をしている人よりも素敵な時間を過ごす
  • 残業を評価しない職場を作る
  • 無駄な残業のない仕事に転職する

無駄な残業をしている人は気にせず、ストレスのない生活をしていきましょう。

この記事が、無駄な残業に悩む人の手助けになれば幸いです。

残業ゼロを実現した僕が残業の悩みやストレスを全12記事で解消

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。会社員時代の残業時間は、ほぼゼロです。「残業をしたくないのは悪いこと[…]

残業したくない
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業ゼロでした。「毎日残業でつらい...やめたい[…]

残業がつらい・きつい
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代は、残業ゼロを数年続けていました。「仕事[…]

残業しない働き方