MANO-LOG

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】
フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】
フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】
めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】
一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】
サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】
サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

Amazonプライム値上げ!年額1,000円UP、月額100円UPでもまだまだお得な理由

Amazonの有料会員制度Amazonプライム

 

様々な特典を受けられるサービスですが、2019年4月12日より値上げとなりました。

  • 年会費3,900 → 4,900円
  • 月会費400円 → 500円

 

しかし!

「値上げするなら退会しよう」

「値上げされたから入会は辞めておこう」

とか言ってる人は、本質が見えていませんね。

 

というか、現在プライム会員を体験しているほとんどの方は退会はしないでしょう。

 

Amazonプライムが値上げしても、まだまだお得な理由」についてまとめます。

   

今までが安すぎた

f:id:manochang:20190422224603j:plain

まずはこれです。

プライム安すぎ!

年会費4,900円になったからと言って、特典サービスの内容を考えればまだまだお得な価格設定です。

 

「年会費4,900円も払いたくない」

という人は、お金の使い方が下手です。

このままずっと貧乏のままでしょう。

お金の使い方が上手い人には、お金が入ってきます。

故に、お金持ちになれる可能性が高まります。

 

何が言いたいかというと、特典内容と比較してみると破格の価格設定だということです。

価格だけ見て判断している人は、まずは内容を確認してみましょう。

www.manochang.com

 

「そもそもネットショップなんて使わない」

という人は、そもそも生活の仕方が下手です。

今に時代、ネットショップを活用しないことははっきり言って損です。

時間とお金を無駄に使っています。

www.manochang.com

 

アメリカのプライムと比較すると?

f:id:manochang:20190422224615j:plain

アメリカのプライムの価格をご存知ですか?

日本と同じではなく、異なる価格設定となっています。

  • 年会費 99ドル
  • 月会費 10.99ドル

2019年4月(約112円)のレートで日本円計算すると、年会費11,088円、月会費1230円です。

日本の約2倍以上の価格設定となっています。

 

しかし、日本よりも高額にも関わらずアメリカでは約9000万人が加入しています。

アメリカの人口が約3.2億人ですので4分の1以上の人が加入していることになります。

 

それに対して日本ではプライム会員数約300万人です。

日本の人口は約1.3億人。

価格が低いにも関わらず、圧倒的に少ないですね。

 

このようにアメリカでは4分の1以上の人が加入しているプライム会員に、日本では半額以上の価格で加入できるのにも関わらず、理解が少ないようですね。

日本人、お金の使い方が下手です。

   

まとめ

f:id:manochang:20190320102035j:plain

Amazonプライムが値上げしても、まだまだお得な理由」についてまとめました。

POIINT!

  • 値上げしても特典内容から考えれば、まだまだお得!
  • アメリカは2倍以上の価格でも、国民の4分の1以上が加入!

Amazonプライム会員に加入している人は、値上げされてもそのまま加入し続けるのが正解です。

まだ加入していない人は、30日間無料で体験できるので是非試してみてください

 

買い物だけでなく、オリジナル番組も観れるAmazonプライムビデオ」や読み放題サービスPrime Reading」など、価格からは想像できない特典サービスの数々です。