会社の飲み会に行きたくない時のおすすめの断り方【会社の飲み会に行かないメリットも解説】

f:id:manochang:20190811105052j:plain

こんにちは、マノアキラです。

サラリーマンを辞め、自由を探す生活をしています。

 

先日の僕のツイートです。

会社の飲み会とかに誘われても行きたくないですよね。
でも断れない人っています。

理由は、、、

・付き合いが悪いと思われる
・薄情だと思われる

でも、これらは自分の時間より大切ではないはずです。
自分の時間を守るためにもきっぱりとお断りです。

その為にも何かいい感じの理由を用意です。

今回は、上記を深掘りします。

 

僕は会社員時代、会社の飲み会にほとんど参加しませんでした。

 

もちろん、誘われて何回かは行ったことがありますが、

「マジで無駄だな…」

という感じです。

二次会が行われそうになったら逃げるように帰ってました。

 

無駄だと感じたので、それからは何かしら理由をつけて断るようにしました。

結果、終盤はほぼ誘われることなく、快適な夜を過ごすことができました。

 

この記事では、「会社の飲み会に行きたくない時のおすすめの断り方」についてまとめていきます。

【会社の飲み会に行かないメリット】も合わせて解説していきます。

会社の飲み会が「めんどくさいな」と思っている人は、この記事を読んで会社の飲み会を断る準備をしていきましょう。

 

会社が飲み会をする理由

f:id:manochang:20190811105109j:plain

会社で飲み会が行われる時、多くの場合は上司の提案です。

上司が部下を連れて「飲みに行くぞ」という感じだと思います。

 

ただ単に上司が飲みに行くのが好きという場合もありますが、ある意図を持って飲み会を開く場合もあります。

例えば、以下のような理由。

  • 人間関係の改善
  • コミュニケーション不足の解消

いわゆる「飲みニケーション」というやつです。

 

飲み会で本音トークをすることによって、業務上でも円滑なコミュニケーションができるようになったり、部下の不安や不満を聞くことによって働きやすい職場環境を整えることができます。

上司からするとそのようなメリットもある飲み会ですが、部下は行きたくないと思っているものです。

その理由は次に解説します。

会社の飲み会に行きたくない理由

f:id:manochang:20190811105123j:plain

「会社の飲み会に行きたくない」

と思っている人はたくさんいます。

会社の飲み会に行きたくない理由をざっとまとめると以下の通り。

  • 気を遣う
  • 仕事以外で職場の人と関わりたくない
  • 金銭的にもったいない
  • 時間がもったいない
  • お酒が好きではない

同期で仲の良い人と飲みに行くのは楽しいですが、上司と飲みに行くのは気を使ってしまい疲れてしまいます。

せっかくオフの時間を職場の人と過ごしてリラックスできないのは、非常にデメリットです。

 

また、飲みに行くのはお金がかかります

上司が奢ってくれればOKですが、人によってはそうもいきません。

そもそも、お酒が好きでない人は行きたくないですよね。

会社の飲み会に行かないメリット

f:id:manochang:20190811105142j:plain

前述した会社の飲み会に行きたくない理由にあるように、会社の飲み会には会社的なメリットはあっても、個人的にがデメリットがります。

やはり、デメリットは回避したいものです。

 

会社の飲み会に行かないと、メリットがいくつかあります。

例えば、以下の通り。

  • 自由な時間を確保
  • お金の節約
  • ストレスの軽減

自由な時間を確保

まず1番大きいのは、自由な時間を確保できるということです。

会社の飲み会に行ってしまうと、その日の仕事後の時間はほぼ捧げてしまうことになります。

その時間を、「家族と過ごす時間」「自分の趣味の時間」に変えた方が人生は楽しいです。

 

例えば、会社の飲み会に行ったとして話題になるのがこんな感じです。

  • 上司の愚痴
  • 会社の愚痴

会社の飲み会のほとんどは、その場にいない人の愚痴だったり、会社に対する不満だったりを語り合う会です。

そんなネガティブな感情が蔓延する会に参加するくらいなら、自分の好きなことをする時間に当てた方がよっぽど有益です。

お金の節約

飲みに行くのには、当然お金がかかります

お金を稼ぐために会社に行って、その稼いだお金を会社の飲み会に使うんですか?

ちょっと僕には無駄に思えてしまいます。

 

前述したように、会社の飲み会はわりと時間の無駄です。

無駄な時間にお金を使うのは、正直もったいないです。

 

飲み会1回行くと、3,000〜4,000円くらいはかかります。

会社員にとっては、わりと大きなお金です。

 

飲み会に週1回ペースで行くと月に12,000〜16,000円くらいです。

そのお金を自分の趣味だったり、家族とお出かけに使った方がいいと思います。

 

例えば、漫画が好きな人だったら、1回飲み会に行くお金で6冊くらい買うことができます。1ヶ月で言えば、24〜32冊くらいです。

これでも会社の飲み会に参加するのは、ちょっと考えものです。

ストレスの軽減

会社の飲み会に行きたくない理由として、

  • 気を遣う
  • 仕事以外で職場の人と関わりたくない

というのがありました。

これは上司や職場の人たちとプライベートまで一緒にいたくないということですので、会社の飲み会に行ってしまうとストレスが溜まります

 

また、時間的拘束やお金の無駄使いという点から見ても、

「時間がない」

「お金がない」

といった精神的負担にもなります。

 

また、お酒が好きでないのにお酒の場に行かされるのは最高にストレスですよね。

泳げないのにプールに行かされるような感じです。

ストレスを抱えないためにも、会社の飲み会は断りましょう。

 

会社の飲み会に行きたくない時のおすすめの断り方

f:id:manochang:20190811105156j:plain

繰り返しですが、会社の飲み会は会社側にメリットがあっても、個人にとってはデメリットです。

会社の飲み会に行かないことで、時間・お金・精神的にメリットがあります。

正直、会社の飲み会には行かないことをおすすめします。

 

ここで問題になるのは、断り方です。

なるべくなら、良い雰囲気を保ったまま断りたいはずです。

 

会社の飲み会に行きたくない時のおすすめの断り方は以下の通り。

  • 家庭の事情
  • 予定がある
  • 体調不良
  • 仕事をする
  • 荷物が届く
  • お金がない
  • 率直に「行かない」と言う

家庭の事情

家庭の事情を使うのは、非常に有効な手段です。

家庭を優先するのは人として当然であり、口出しできるものではないからです。

例えば、「子供が熱を出して」とか「親が来ている」とか言えばOKです。

子供がいる人は、比較的断りやすい環境です。

それでも「奥さんに任せて飲み会に来い」と言うような会社は最悪なので辞めた方がいいです。

予定がある

「予定がある」という断り方は、かなりおすすめです。

すでに予定があるのであれば、飲み会に行けないのは当然です。

ただ本当に予定がある必要はなく、架空の予定でOKです。

事前にいくつか架空の予定を準備しておきましょう。

例えば、「ライブのチケットを買ってある」とか「友達と約束がある」とかでいいと思います。

体調不良

体調不良の場合は飲み会に行かない方がいいので、断る理由になります。

体調不良の人を無理させて業務に影響が出ると、会社にとってもマイナスだからです。

ただ、これは日中にバリバリ元気に働いている姿を見せていると使えません。

日中は元気だったのに、急に「体調が…」と言っても嘘を言っているようにしか聞こえません。

例えば、その日に会っていない人からの誘いとかであれば使えると思います。

しかし、嘘っぽくなってしまうのは難点です。

仕事をする

仕事が残っている場合は、飲み会に行かない理由になります。

会社からしても、業務に支障が出てまで飲み会に来て欲しくはないでしょう。

とはいえ、「そんなの明日でいいから」と言われなくもありません。

様子を見つつ、使い所は考えましょう。

荷物が届く

「荷物を指定時間に届くようにしてある」

と伝えれば、会社の飲み会に行かない理由になり、有効な手段です。

これは実際に荷物が届くようにしておかなくても、口先だけでOKです。

嘘はつきたくないと思いますが、自分の時間を守るためには必要なことです。

それでも「配達時間を変えろ」と言ってくるようなら、その会社は辞めた方がいいでしょう。

お金がない

「お金がない」と言うのも有効な手段です。

そもそもお金がないと飲みにはいけないので、「仕方ないか…」となりがちです。

ただ注意点は、「じゃあ奢ってやるよ」と言われた時に行かざるを得ない状況に立たされてしまうことです。

これを使うなら、絶対に奢ってくれない人に誘われた時のみにした方がいいでしょう。

率直に「行かない」と言う

上級者向けの断り方ですが、これが成功すると今後も誘われなくなる必殺の言葉です。

率直に「行かない」と伝えましょう。

ただ注意して欲しいのは、場の雰囲気が悪くなる可能性があります。

自分の会社での立ち位置や、誘われた人の雰囲気によって使い所は考えて下さい。

飲み会は開催しないほうが上手くいく

f:id:manochang:20190811105213j:plain

これは、僕の経験上の意見です 。

飲み会は開催しなくても、職場は上手くいきます。

というよりも、開催しない方が上手くいくかもしれません。

 

僕は会社員時代、事業所責任者でしたが、その事業所で飲み会を開催したことはほとんどありません。

忘年会・新年会などは一切ない職場になりました。

 

これにより、適度な距離感の人間関係を作ることができたので、結果的に人が辞めることも少ない職場でした。

あまり深く仲良くなってしまうと人間関係の歪みの原因にもなりますので、適度な距離感がいいと思います。

「仕事は仕事」「プライベートはプライベート」といった感じの方が、歪みがあったとしても「仕事だから」と割り切ることができます

 

人が辞めないので、パート募集の広告費などもほとんどかからず、経費的にも黒字になります。

全体的なメリットを考えた時に、職場で飲み会は開催しない方がいいと思います。 

 

まとめ:自分の時間は自分で守りましょう

f:id:manochang:20190811105223j:plain

「会社の飲み会に行きたくない時のおすすめの断り方」についてまとめました。

会社の飲み会に行きたくない人は参考にして下さい。

 

行きたくもない会社の飲み会を断り切れずに行ってしまうと、自分の時間やお金、さらには精神的負担も強いられます。

自分の時間やお金を守りたい人は、会社の飲み会は断ることを徹底しましょう。

 

断れずに行ってしまって後悔するのは自己責任です。

この記事で解説した「会社の飲み会に行きたくない時の断り方」を参考にして、自分の大切なものを守っていきましょう。

POINT!

  • 会社の飲み会には行かない方が正解!
  • 自分の時間・お金を守りましょう!
  • 飲み会は上手に断りましょう!
  • 職場での飲み会は不要です!

この記事では、会社での飲み会の話です。

友達で飲みにいくのは最高に楽しいので、会社で飲みにいく時間があるなら友達とたくさん飲みに行きましょう!

とはいえ、上司が執拗に誘ってきたりして困ることもあります。

合わない上司・嫌いな上司との付き合い方はこちらの記事を参考にして下さい。↓