サービス残業は自主的にやってはいけない理由【迷惑行為です】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。
サラリーマン時代は、残業ゼロでした。

「サービス残業って自主的だったら問題ないよね?」
「従業員が自主的にサービス残業をやっているけど、会社に責任あり?」

この記事では、こんな疑問に答えます。

結論を先に言っておくと、サービス残業は自主的にやってはいけません

サービス残業を自主的にしてる人、または従業員がサービス残業を自主的にしている会社向けに、「サービス残業は自主的にやってはいけない理由」を解説していきます。

サービス残業は自主的にやってはいけない理由

会社

サービス残業は自主的にやってはいけない理由は、以下の通りです。

  • 会社が責任を問われる(違法行為)
  • 周りが残業申請を出しにくくなる
  • 会社が業務を正確に把握できない

それぞれ解説します。

会社が責任を問われる(違法行為)

そもそも、サービス残業は会社側が責任を問われる違法行為です。
労働した分の賃金は必ず支払われなければいけないと、労働基準法により定められているからです。

以下が労働基準法第37条の一文です。

使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

(引用元:労働基準法第37条

つまり、自主的なサービス残業とは、会社に違法行為を促す行為です。
「罰せられない当たり屋」みたいなもので、タチが悪いです。

ホワイトを守りたい会社からしたら、サービス残業は迷惑極まりない行為です。
自分の会社をブラックに近づけないためにも、自主的なサービス残業は辞めましょう。

周りが残業申請を出しにくくなる

一人が自主的にサービス残業をしてしまうと、周りの人が残業申請を出しにくくなります
会社で働いているのは自分一人ではありませんので、周りの人のことも考えましょう。

例えば、同じ時間残業をする「会社員A」と「会社員B」がいた場合。

  • 会社員A → 残業申請なし
  • 会社員B → 残業申請あり

なぜか正しいことをしている「会社員B」が悪者に感じるという、不思議な状況になります。
この状況になると残業申請を提出しにくい状況になり、ブラックな企業のできあがりです。

自主的なサービス残業は、ブラック企業を作るきっかけとなるので辞めましょう。

会社が業務を正確に把握できない

自主的なサービス残業は、会社が業務を正確に把握できなくなります
記録上は8時間で終わっているのに、実際は10時間かかっている場合などが出てくるからです。

その場合、こんなことが起こります。

  • 適切な仕事量を与えられない
  • 仕事が時間内に終わらない
  • 会社からの評価が下がる

つまり、最終的に自分の首をしめる行為になります。
迷惑なのは、他の人にもその影響が出ることです。

また、会社は従業員に適切な仕事量を与えて業務を効果的に回すことが大切なので、正確な情報が必要です。
その場合、従業員に膨大な仕事量を与えてしまい、残業が当たり前の会社になってしまう可能性もあります。

自主的なサービス残業は、残業が当たり前な会社の手助けをする行為になるので辞めましょう。

サービス残業を自主的にやってしまう理由

自主的にサービス残業する人

そもそも、サービス残業を自主的にやってしまうのには理由があります。

理由は、以下の通りです。

  • 残業する人が偉いという文化
  • 仕事をゆっくりやりたい
  • 仕事が終わらない

それぞれ解説します。

残業する人が偉いという文化

日本には、「残業する人は偉い」という謎の文化があります。
その文化があるため、自主的にサービス残業をする人はヒーローになったような気になっています。

例えば、こんな感じです。

「今日の仕事が終わったら、オフィスを掃除していきますよ」(ドヤ顔)

会社はサービス残業して欲しくないのに、なぜかヒーロー気取りです。

前述したように、自主的にサービス残業するのは会社にとってデメリットなので辞めておきましょう。

仕事をゆっくりやりたい

日中の仕事をゆっくりやりたいから少し残って終わらせていきたい、という場合があります。
ハードに働くのが嫌いな人にありがちな考えです。

例えば、8時間分の仕事をうゆっくり10時間でやれば、仕事の密度が薄くなるので楽になるかもしれません。

もちろん、こういった場合のサービス残業も迷惑ですが、本人にとってもデメリットだらけです。
自主的にサービス残業をしている人は、大切な時間を失っていることになるからです。

詳しくは以下の記事に書きましたので、興味のある方は参考にして下さい。

仕事が終わらない

仕事が終わらないから自主的にサービス残業を行う場合があります。
とはいえ、これには2種類あります。

  • 自分の仕事が遅い
  • 会社から与えられる仕事量が多い

自分の仕事が遅い場合は、責任を感じて自主的にサービス残業を行ってしまいます。
気持ちはわかりますが、何度も書いているように自主的なサービス残業は迷惑です

会社は適切な仕事量を与えて、効率よく業務を回す必要があります。
きちんと残業申請して、正確な仕事量を与えてもらいましょう。

残業をしないノウハウは以下の記事に書きましたので、参考にして下さい。

それでも残業がなくならず、膨大な仕事量を与えられる場合、その会社はわりとブラックな感じです。

ブラックな会社からは、早めに抜け出した方が懸命です。
大切な時間を無駄に消耗せず、無理なく生きる方が人生を楽しく過ごせます。

サービス残業が発生するのは会社の問題

会社員

そもそも、サービス残業が発生するのは会社の問題です。
結局、法的には会社の責任になるので、改善が必要だからです。

要は、以下の問題です。

  • 仕事の振り方が悪い
  • 適切な仕事量を把握できていない
  • サービス残業を認めているのが悪い

これらの会社の対応が原因でサービス残業が生まれています。

自発的にサービス残業をする従業員への対応

とはいえ、自主的にサービス残業をしてしまう従業員はいます。
その場合、対策が必要です。

例えば、以下の対応です。

  • サービス残業を許容しない
  • 適切な仕事量を与える
  • 作業を効率化できる方法を考える

許容しない

そもそも、残業を許容してしまっているのが問題です。
サービス残業を認めない方針を作りましょう。

例えば、残業すると評価が下がるようにしておいたり、罰則があればOKです。
そうすることによって、仕事をゆっくりやりたくてサービス残業する人も、日中からバリバリ動かなければなりません。

適切な仕事量を与える

適切な仕事を適切な量、適切な人に与えましょう。
これができていれば、基本的に残業は発生しません。

例えば、8時間で仕事が終わらなければ、一部を他の人に仕事を回すなどの工夫が必要です。

作業を効率化できる方法を考える

作業を効率化できる方法を考えましょう。
もちろん、従業員個人で行うことも大切ですが、限界があります。

例えば、自動化ツールの導入や、スペックの高いパソコンの導入です。
お金をかけることで残業を減らすこともでき、逆に人件費を抑えることもできます。

サービス残業がなくなると、人手不足に気づくことがあります。
どうしても人が足りなくなったら、オンラインアシスタントを利用する手もあります。
様々な業務をオンラインで行ってくれるので便利です。

まとめ:サービス残業はダメ・ゼッタイ

会社

サービス残業は自主的にやってはいけない理由」を解説しました。
サービス残業を自主的にしてる人、または従業員がサービス残業を自主的にしている会社は参考にして下さい。

結論、サービス残業はやってはいけません。

繰り返しですが、理由は以下の通り。

  • 会社が責任を問われる(違法行為)
  • 周りが残業申請を出しにくくなる
  • 会社が業務を正確に把握できない

サービス残業をする人は、ヒーローではありません。
むしろ、迷惑になっていることを理解して下さい。

  • サービス残業は、ダメ・ゼッタイ!
  • 自主的なサービス残業は、周りに迷惑!
  • サービス残業は会社の問題!
  • 労働環境を改善して、ホワイトな会社に!

とはいえ、会社がブラックでサービス残業をしている人は、早めに転職がおすすめです。
限りある自分の時間を大切にしましょう。