接客業から異業種への転職は可能か?【環境を変えて素敵な人生を】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

「接客業から転職したいけど異業種への転職は可能?」
「接客業しかやったことないから異業種への転職は不安…」

今回は、こんな疑問を解決します。

まず初めに、僕の接客業歴を紹介します。

  • 18〜22歳:ダイソーでアルバイト
  • 23歳〜26歳:コンビニ店員(店長の時期もあり)
  • 26〜34歳:病院内の喫茶店にて責任者

上記の通り、15年ほど接客業を経験しました。
今は接客業は辞め、物販ビジネスを中心とした個人事業主です。

この記事は、「接客業から異業種への転職は可能か?」というテーマでまとめています。

接客業から異業種への転職を検討している人は、この記事を読んで今後のキャリアを決める参考にしてください。
自分に適したキャリアを歩むことで、今後の人生を素敵なものにすることができます。

本記事の内容

接客業から異業種への転職は可能か?
接客業から転職する場合のおすすめの仕事は?
接客業から異業種へ転職する方法

接客業から異業種への転職は可能か?

転職

結論から言うと、接客業から異業種への転職は可能です。
接客業では、他の職種でも活かすことができるスキルを身につけることができるからです。

例えば、接客業を経験していると以下のようなスキルが身につきます。

  • コミュニケーションスキル
  • サービスの提案力
  • マネジメントスキル

これらのスキルは、接客業でなくとも役に立つスキルです。

また、接客業をやっていると人前で笑顔で話すことも得意になるので、面接時にも良い印象を与えることができます

ずっと接客業だけをやっていた人でも異業種への転職は可能なので、「自分は接客業しかない…」と思わずに自分の可能性を広げていきましょう。

接客業から異業種へ転職すべき理由

起業

そもそも、接客業から異業種へ転職することはおすすめです。
当ブログでも何度か書いていますが、一生接客業を続けていくのは少々辛いからです。

理由は以下の通り。

  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 拘束時間が長い

ざっくり言うと、労働環境が悪い職場が多いからです。

もちろん、職場によっては休みがそこそこあったり、定時に帰れる職場もあります。
しかし、給料もたくさんもらえる職場はほぼないと言っても過言ではありません。

僕も、接客業時代に給料が全く上がらないことに絶望したため転職しました。
いくら頑張っても年間2,000円くらいの昇給です。

自分の生活を変えたいのであれば、まず環境を変えることが重要です。
現在接客業で消耗している人は、異業種への転職を検討することは賢い選択だと思います。

接客業から異業種への転職でおすすめの仕事

出世

接客業から異業種へ転職する場合の、おすすめの仕事について解説していきます。

まず、異業種へ転職するおすすめのパターンとしては、以下の2つがあります。

  • 接客業で得たスキルを活かす仕事
  • 全く未経験だが、現在伸びている仕事

それぞれ解説していきます。

接客業で得たスキルを活かす仕事

接客業で得たスキルを活かすことのできる仕事はおすすめです。
異業種といえども、役立つスキルを持っていることは転職する際に有利になるからです。

例えば、以下の通りです。

  • 営業職:コミュニケーションスキルが活きる
  • 一般事務:コミュニケーションスキルが活きる
  • マーケティング・企画:サービスの提案力が活きる
  • 人事:マネジメントスキルが活きる

このように、接客業で得たスキルは他の仕事にも活かすことが可能です。

とはいえ、「自分に合う仕事がわからない」という人がいるかもしれません。
その場合は、まず自分を知ることから始めてみましょう。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーが面談を行い、自分の強みを見つける手助けをしてくれます。

転職サービスへの申し込みは無料で行えますので、気軽に利用していきましょう。

全く未経験だが、現在伸びている仕事

接客業で得たスキルを活かす仕事は就職に有利になりますが、思いきって全く未経験の仕事につくことも全然アリです。
自分の身を全く新しい環境に置くことで労働環境はガラリと変わり、豊かな生活を手に入れることができるからです。

とはいえ、せっかく新しいことを始めるなら、現在伸びている仕事を選択することをおすすめします。
下降気味の仕事を選択しても、未来を考えた時に厳しい環境になっている可能性があるからです。

現在伸びている仕事とは、ズバリ「WEB・IT業界」です。

スキルを身につけるまでは努力が必要ですが、接客業からWEB・IT業界に転職すると以下のメリットがあります。

  • 給料が上がる
  • 休みは増える
  • 拘束時間は減る
  • 自宅勤務OK

なぜこんなことが起きるかというと、現在伸びているからです。
伸びている業界は、儲かるくせに人手が足りなくなるなります。

労働環境が悪くなれば、人手が足りない別の職場に転職すればいいだけなので、労働環境も比較的悪くなることはありません。

下降気味の仕事の労働環境が悪くなるのは、仕方がありません。
接客業は、まさしくそれです。

もちろんこれは極端に良い例で、実際には残業がたくさんある職場もあるとは思います。
しかし、接客業とは比にならないほどの少なさです。

ちなみに、接客業の「小売/外食」とWEB・IT業界の「IT/通信」の平均年収を比較すると以下のようになります。

小売/外食平均年収355万円
IT/通信平均年収461万円

(参考:dodaより)

実に、年収には100万円以上の差が出ます。
「ITコンサルタント」に至っては平均年収643万円となり、接客業と比較すると実に300万円ほどの差です。

接客業からWEB・IT業界への転職方法

とはいえ、「スキルがないのに転職できるの?」と思うかもしれません。
未経験OKというところもありますが、当然スキルがあった方が優遇されることは間違いないです。

おすすめは、接客業の仕事をやりつつオンラインで学べるスクールを利用する方法です。
無職になる期間もなく転職できるので、生活に不安を抱えることもありません。

例えば、転職サポートもついているTechAcademy [テックアカデミー]はおすすめです。
転職できなければ全額返金というシステムもあり、リスクはありません。

料金は298,000円と高額に感じますが、転職後には平均67万円も年収が上がっていることを考えると安い金額です。(分割払可能)
1週間無料体験ができますので、まずは試してみるのが良いと思います。

まとめ:接客業から異業種への転職はアリ

退社

接客業から異業種への転職は可能か?」というテーマでまとめました。
接客業から異業種への転職を検討している人は、この記事を読んで今後のキャリアを決める参考にしてください。

結論、接客業から異業種への転職は可能です。
理由は、接客業で得たスキルは異業種でも活かすことができるからです。

繰り返しですが、接客業で得たスキルを活かすことのできる仕事は以下の通りです。

  • 営業職:コミュニケーションスキルが活きる
  • 一般事務:コミュニケーションスキルが活きる
  • マーケティング・企画:サービスの提案力が活きる
  • 人事:マネジメントスキルが活きる

また、全く未経験の仕事に挑戦するのも全然アリです。
特に、「WEB・IT業界」は現在伸びていて、未経験でも挑戦する価値は十分ににあります。

繰り返しの紹介になりますが、プログラミングの仕事に転職したいならTechAcademy [テックアカデミー]の利用がおすすめです。

まずは1週間無料体験を試して、WEB・IT業界に転職する感覚をつかんでみましょう。

業界を上げるだけで労働環境は良くなり、豊かな生活を手に入れることができます。
正直、ずっと接客業で生きていくのは辛いです。

とはいえ、接客業を続けていくことも否定しません。
人にはそれぞれ合った生き方と仕事があるからです。

もし、接客業でキャリアアップを目指していくのであれば、資格を取得してスキルアップすることが効率的です。

接客業で活かせる資格については、「接客業で役立つ資格10選をサクッと解説【これで有利に就職可能】」で解説していますので、合わせてお読みください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「接客業で持っておくと有利な資格ってある?」「接客業で資[…]

接客業で役立つ資格

この記事が、あなたのキャリアを決める参考になれば幸いです。

その他、接客業に関することは「接客業とは?その全てを全13記事で完璧に解説【履歴書から転職まで】」にまとめてありますので是非ご覧ください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「接客業についていろいろ知りたい」「現在、接客業で働いて[…]

接客業とは