接客業の志望動機の書き方を面接官目線で解説【履歴書よりも人柄重視】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

「接客業の面接に行くんだけど、志望動機ってどうやって書けばいい?」
「接客業の面接で、志望動機って重要?」

今回は、こんな疑問を解決します。

簡単に僕の接客業歴を紹介します。

  • 18〜22歳:ダイソーでアルバイト
  • 23歳〜26歳:コンビニ店員(店長の時期もあり)
  • 26〜34歳:病院内の喫茶店にて責任者

上記の通り、15年ほど接客業を経験しています。
その中で、アルバイトの面接はもちろん、正社員の面接まで携わっていました。

接客業の履歴書で志望動機の書き方に困っている人向けに、「接客業の志望動機の書き方を面接官目線で解説」というテーマでまとめます。

この記事を読むことによって、面接官目線での志望動機の良い書き方などがわかります。
接客業の面接をこれから受ける人には必見の内容となっておりますので、是非ご覧ください。

本記事の内容

接客業での志望動機の書き方
接客業での志望動機の重要性
パート・アルバイトの志望動機の書き方

接客業での面接で志望動機は重要ではない

志望動機

いきなり根本を覆すようなことを言いますが、接客業の面接や履歴書の志望動機はそこまで重要ではありません
なぜなら、志望動機よりもその人の人柄の方が超重要事項だからです。

例えば、以下の2人を比べてみます。

  1. 志望動機はしっかりしているが、暗くてやる気がなさそうな人
  2. 志望動機はあやふやだが、明るくてやる気に満ち溢れている人

この2人が同時に面接に来たら、確実に「②志望動機はあやふやだが、明るくてやる気に満ち溢れている人」を採用します。
前述したように、志望動機よりもその人の人柄の方が大切だからです。

とはいえ、念の為最低限のことは書いておくことをおすすめします。
そもそも、志望動機の欄が空白であることは、あまり印象の良いことではありません。

次に、接客業の志望動機の書き方を解説していきます。

接客業の志望動機の書き方を解説

志望動機

志望動機の書き方を解説していきますが、前述したようにあまり重要ではありませんので形を整えることができればそれでOKです。
よほど変なことを書かない限りは、それが採用結果に繋がることはあまりありません。

志望動機の書き方は、以下を意識して書きましょう。

  1. 私が貴社を志望する理由は〇〇です。
  2. なぜなら〇〇だからです。
  3. 私には、〇〇の経験があり、〇〇ができます。
  4. 貴社に入社した際には、〇〇をし、〇〇したいです。

基本的には、上記の〇〇を埋めていけば完成です。
ちなみに、数字の順に書いていくのがわかりやすくてベターです。

経験はなくても大丈夫?

経験はなくても特に問題ありませんが、接客業に関連したことを経験してあるのであれば書いておくべきです。
正直なところ、経験者と未経験者であれば、採用側としては経験者を採用したいのは当然だからです。

とはいえ、これも人柄の重要性に比べれば些細な問題です。
以下の2人を比べてみます。

  1. 接客業経験者だが、暗くてやる気がなさそうな人
  2. 接客業未経験者でも、明るくてやる気に満ち溢れている人

これも同じように、「②接客業未経験者でも、明るくてやる気に満ち溢れている人」が採用される確率が高くなります。
採用側としては、一緒に働きたいと思える人材を採用したいからです。

なので、経験がない人でも面接でやる気を前面に押し出せば問題ありません
経験がなくても、「以前から接客業に憧れて〜」などと書いておけばOKです。

接客業の志望動機の書き方の例文

志望動機

とはいえ、この記事を読んでいる人が欲しているのは具体的な例文かもしれません。
同じ接客業でもいくつかの種類があるので、仕事内容別に例文を記載しておきます。

ちなみに、接客業の種類については、「接客業の仕事内容を種類別にわかりやすく解説【あなたの適職を発見】」で解説していますので、この記事と合わせてお読みいただくをわかりやすいです。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「接客業に興味があるけど、仕事内容がわからない」「接客業[…]

接客業の仕事内容

では、以下の4つに分けて解説します。

  • 飲食店のスタッフ
  • 販売のスタッフ
  • 宿泊施設のスタッフ
  • 娯楽施設のスタッフ

飲食店のスタッフの場合

飲食店のスタッフとは、ファミリーレストランや居酒屋などの仕事です。
飲食店の志望動機の書き方の例は、以下になります。

私が貴社を志望する理由は、学生の頃からよく利用しており、お客様第一に考えるその姿勢に感銘を受けたからです。
学生の頃から飲食店でアルバイトをしており、貴社でもその経験を活かせるのではないかと考えております。
貴社で働いた際には、お客様に信頼を与え、笑顔あふれる店を目指したいと思います。

販売のスタッフ

販売スタッフとは、アパレル関係や雑貨屋さんなどの仕事です。
販売スタッフの志望動機の例は、以下になります。
今回は、アパレルを例に書いてみます。

私が貴社を志望する理由は、学生の頃からアパレル関係の仕事に興味があり、時に貴社のブランドはシンプルなデザインと着心地の良さに魅力を感じているからです。
以前は別のアパレルショップでもアルバイトをしており、考え方は違えど貴社でもその経験を活かせるのではないかと考えております。
貴社で働くことができれば、自分自身の成長とともに、貴社の力になりたいと考えております。

宿泊施設のスタッフ

宿泊施設のスタッフとは、主にホテルや旅館の仕事です。
宿泊施設のスタッフの志望動機の例は、以下になります。

私が貴社を志望する理由は、家族旅行で系列のホテルを利用した際、サービスの素晴らしさと温かさに感銘を受けたからです。
親戚の者が旅館を経営しており、長期休みには手伝った経験がありますので、貴社でもその経験を活かせるのではないかと考えております。
貴社で働くことができれば、ホテルビジネス実務検定試験で資格を取得しつつビジネスレベルを上げ、貴社の力になりたいと考えております。

娯楽施設のスタッフ

娯楽施設のスタッフとは、テーマパークやカラオケなどの仕事のことです。
娯楽施設のスタッフの志望動機の例文は、以下になります。

私が貴社を志望する理由は、子供の頃から両親に連れてきてもらっており、貴社サービスに親しみと感謝があるからです。
学生時代には、学園祭で実行員を行なった経験もあり、貴社でもその経験を活かせるのではないかと考えております。
貴社で働くことができれば、今までにはない新しいアイディアを提案し、さらに貴社を向上させる手助けをできたらと考えております。

未経験の場合の書き方

上記は接客業経験者向けに例文を書きましたが、未経験者だとそのまま書くのは嘘をつくことになります。

とはいえ、少し変えるだけでもOKです。
具体的には、以下の2箇所を変えます。

③私には、〇〇の経験があり、〇〇ができます。

④貴社に入社した際には、〇〇をし、〇〇したいです。

上記の部分を、例えば以下のようにに変更しましょう。

以前から人と接する仕事に興味を持っておりました。
未経験ではありますが、少しでも早く力になれるよう努力致します。

さらに、ここに関連する経験を混ぜると効果的です。
例えば、「学生時代は部活で部長をやっており、人をまとめる力やコミュニケーション能力には自信があります。」などは効果的です。

接客業の志望動機はパート・アルバイトでも必要?

志望動機

接客業での志望動機はそこまで重要ではないと前述しましたが、パートやアルバイトでの志望動機はもっと重要ではありません。
書いてあればOKですが、最悪1文か2文書いてあっても大丈夫なのが現実です。

とはいえ、書いておくことは悪いことではありません。
心配な方は念のためしっかり書いておきましょう。

自宅から近いのは好印象

ちなみに、アルバイトであれば「近いから」というのはわりとプラスの印象なので書いておきましょう。
近い人の方が継続する確率が高いので、採用されやすくなることもあります。

例えば、「自宅から近く、通いやすいと思ったため」とかでも全然採用されます。

パート・アルバイトは人柄重視

パート・アルバイトの場合、経験よりもより人柄が重視されます。
なぜなら、パートやアルバイトでもできる仕事は誰でもできるような仕事だからです。

未経験でもすぐに覚えられる仕事なので、経験はそこまで関係ありません。
それよりも、変な人が入ってきて人間関係を壊されることの方が気になります

まとめ:接客業は志望動機よりも人柄重視

志望動機

接客業の志望動機の書き方を面接官目線で解説」というテーマでまとめました。
接客業の履歴書で志望動機の書き方に困っている人は参考にしてください。

再び根本を覆すようなことを言いますが、接客業の面接や履歴書の志望動機はそこまで重要ではありません
それよりも、採用側はその人の人柄ややる気を重視するからです。

とはいえ、最低限の志望動機が書けていないとイメージは減点になります。
繰り返しですが、以下のことを意識して書きましょう。

  1. 私が貴社を志望する理由は〇〇です。
  2. なぜなら〇〇だからです。
  3. 私には、〇〇の経験があり、〇〇ができます。
  4. 貴社に入社した際には、〇〇をし、〇〇したいです。

具体的な例文は記事内で書いた通りですが、正直人によって違います。
そのまま書くのではなく、自分なりにアレンジして書いてください。

もし、自分の長所などがわからない時は、まず自分を理解することから始めましょう。
理解することで、志望動機も書きやすくなり、さらには適職も見つけることもできます。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーが面談を行い、自分の強みを見つける手助けをしてくれます。

転職サービスへの申し込みは無料で行えますので、気軽に利用していきましょう。

また、まだ自分が接客業に向いているかどうかわからないか方は、「接客業に向いている人の7つの特徴【15年の経験者が教える】」で解説しておりますので、この記事と合わせてお読みください。

こちらの記事を読めば、自分の長所も見えてきて志望動機も書きやすくなるかもしれません。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「接客業が接客業に向いているか知りたい」「接客業に向いて[…]

接客業に向いている人の特徴

この記事が、接客業を志す人の手助けになれば幸いです。

その他、接客業に関することは「接客業とは?その全てを全13記事で完璧に解説【履歴書から転職まで】」にまとめてありますので是非ご覧ください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「接客業についていろいろ知りたい」「現在、接客業で働いて[…]

接客業とは