接客業のやりがいや学びについて徹底解説【やりがいは自分次第】

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

「接客業って大変そうだけど、やりがいはあるの?」
「接客業を経験して、学んだことはある?」

今回は、こんな疑問に答えます。

記事の信頼性のために、簡単に僕の接客業歴を紹介します。

  • 18〜22歳:ダイソーでアルバイト
  • 23歳〜26歳:コンビニ店員(店長の時期もあり)
  • 26〜34歳:病院内の喫茶店にて責任者

上記の通り、15年ほど接客業を経験しています。
正直もう接客業はやりたくないですが、やりがいはありました。

この記事では、接客業のやりがいについて接客15年の経験者が解説していきます。
接客業でやりがいを感じていない人や、接客業に興味のある方は、この記事を読んで接客業への理解を深めてください。

本記事の内容

接客業のやりがいや学びとは?
接客業で大変なこととは?
そもそもやりがいとは?

接客業はおすすめなのか?

接客業のやりがいとは?

やりがい

早速本題ですが、接客業のやりがいは以下の通りです。

  • お客さんに喜んでもらうやりがい
  • 改善点に気づき、修正するやりがい
  • 成長できるやりがい

それぞれ深掘りします。

お客さんに喜んでもらうやりがい

接客業でやりがいを感じるところは、お客さんと直接やりとりができるところです。
お客さんから直接感謝の気持ちを伝えられるとこちらも気分が良く、やりがいを感じます。

例えば、工場勤務など直接利用者に接しない職業だと、このようなやりがいは感じにくくなります
直接お客さんと接することができる、接客業ならではのやりがいです。

こちらが良いサービスを提供すると、お客さんも笑顔になります。
人は笑顔を見だけで幸福感を得られることができるので、こちらもハッピーな気持ちになることができるのです。

改善点に気づき、修正するやりがい

接客業では直接お客さんの声を聞くことができるので、一早く改善点に気づくことができます。

改善点を修正することで、お客さんにより喜んでもらうことができます。
その瞬間を見るとやりがいを感じることができるのです。

例えば、お客さんが困っていたり、利用しにくい部分があった場合、改善できないか考えてみましょう
自分に権利がないとしても、上に改善点を伝えることで実現できます。

実際に自分の気づきが改善できると、お客さんに喜んでもらうことができます。
自分の気づきが人の笑顔を作ることに、やりがいを感じることができるのです。

成長できるやりがい

接客業には、自分が成長することにやりがいを感じることができます。
様々なお客さんとのやり取りや、直接的にものやサービスを提供することで、多くの学びがあるからです。

僕も、どんなに厄介な人でも対応できるスキルや、お客さんの声を直接聞いて、それを商品化するスキルを身につけることができました。

接客業は人を喜ばせるやりがいもありますが、自分自身の成長に繋がるやりがいも持つことができます。

  • お客さんに喜んでもらうやりがい
  • 改善点に気づき、修正するやりがい
  • 成長できるやりがい

接客業はやりがいも持てるが大変

大変なこと

前述したように、接客業はやりがいを持つことができる仕事です。
しかし、やりがいを持てる反面、大変なこともたくさんあります。

例えば、以下の通り。

  • 変なお客さんの対応
  • 仕事中立ちっぱなし
  • まとまった連休がない

それぞれ深掘りします。

変なお客さんの対応

接客業では文字通り、お客さんとの接触は避けられません
中には常識外れな人もたくさんいて、対応は大変です。

例えば、こちらに非がなくとも理不尽なクレームを言ってくる人もいます。
メンタルの弱い人には非常にストレスとなり、疲れます。

とはいえ、接客スキルが上がれば、上手に対応できるようになります。
上手に対応できるようになれば、自身の成長を感じることができ、やりがいに繋がります。

変なお客さんなど、頭のおかしい人への対応に関しては、「頭のおかしい人に出会ってしまった時の4つの対処法【頭のおかしい人の6つの特徴も紹介】」で詳しく解説しています。
興味のある方は、是非ご覧下さい。

また、横柄な態度を取る人への対応も「横柄な態度を取る人の特徴と心理【横柄な態度を取る人への対処法も解説】」にまとめてありますので、合わせてお読み下さい。

関連記事

こんにちは、マノアキラです。お金と時間のある生活を目指して、日々挑戦しています。 先日の僕のツイートです。世の中には頭のおかしい人や常識とは程遠い人がたくさんいて、どう頑張ってもそういう人はいなくなりません。こちらが被害を受けない[…]

IMG
関連記事

こんにちは、マノアキラです。会社員時代は、接客業をやっていました。 先日の僕のツイートです。おはようございます🌞本日より最高な連休を過ごす人もいれば、地獄の日々を過ごすサービス業の人もいます。サービス業の人たちはマ[…]

IMG

仕事中立ちっぱなし

接客業は、基本的に立ち仕事です。
休憩以外の時間は、一日中立ちっぱなしで歩きっぱなしなので大変です。

例えば、僕は接客業時代、仕事で1日1万歩以上は歩いています。
ポケットにiPhoneが入っていたので計測できました。

ずっと立ちっぱなしで歩きっぱなしなので、接客業には体力が必要です。
体力のない方には疲れて大変だと感じるでしょう。

とはいえ、1日1万歩も歩けば健康的です。
仕事を続けていれば体力がつきますので、日常生活を活発に過ごすことができます。

まとまった連休がない

接客業は、まとまった連休が取れません。
まとまった連休こそ稼ぎどきで、休んでいる暇がないからです。

例えば、年末年始、GW、お盆などは繁忙期となり、ほぼ確実に仕事です
しかも普段よりも忙しくて大変です。
毎週の土日も同じように休むことは難しく、家族との時間がなかなか取れないこともあります。

とはいえ、これにはメリットもあります。
平日に休みとなるので、買い物や観光地などに出かけても空いていて快適に楽しむことができます。

それに関して、詳しくは「土日休みの割合から考察する、平日休みがお得な3つの理由【土日休みの仕事は圧倒的に損】」で解説していますので、興味のある方は是非ご覧ください。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。社会人になってから、ずっと平日休みです。皆さん、仕事は土日休み[…]

  • 変なお客さんの対応
  • 仕事中立ちっぱなし
  • まとまった連休がない

接客業と言わず、やりがいは自分次第

やりがいのある人

そもそも論として、やりがいを持てるかどうかは自分次第です。
これは接客業と言わず、どんな職業にも言えることです。

好きな仕事であれば、やりがいは自然に持てる

同じ仕事だとしても、人によってはやりがいを感じないこともあります。
それは、その仕事に対するモチベーションの違いです。

例えば、以下の2つです。

  1. 人と話すことが好きだから接客業
  2. 人と話すことが嫌いだけど接客業

この2パターンを比べると「①人と話すことが好きだから接客業」の人はやりがいを持って仕事をすることができます。
しかし、「②人と話すことが嫌いだけど接客業」の人は、やりがいを持って仕事することは難しくなります。

つまり、嫌々仕事をしている時点でやりがいは感じることができません

やりがいは意識的に持つことも可能

その一方で、嫌な仕事でもやりがいは意識的に持つことができます。
それは、仕事を楽しむ気持ちを持つことで可能です。

仕事を楽しむことができると、自然とその仕事に対する嫌な気持ちはなくなります。
嫌な気持ちがなくなれば、やりがいを見つけることも可能です。

仕事を楽しむ方法については、「仕事を楽しむ具体的な方法【コツはゲーム感覚で楽しむこと】」で解説していますので、是非ご覧下さい。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。サラリーマン時代でも、仕事を楽しむことを意識していました。[…]

仕事楽しむ方法

とはいえ、これは付け焼き刃です。
心から好きな仕事をすることが、仕事にやりがいを持つことができる最も簡単な方法です。

接客業はやりがいはあってもおすすめしない

ストレス

ここまで接客業のやりがいについて解説していましたが、接客業を長く続けていくのはおすすめしません。
なぜなら、人生を豊かに過ごすことが難しいからです。

接客業は労働環境が悪い

その理由は、労働環境の悪さにあります。
例えば、以下の通り。

  • 給料が低い
  • 休日が少ない
  • 長時間労働

簡単に言うと、ブラック企業に近い会社が多いです。
その理由は簡単で、誰にでもできる仕事だからです。

例えば、コンビニやスーパーの仕事は、正直誰にでもできます。
レジなんて、1日で覚えることが可能です。

接客業の労働環境が悪いのは仕方がない

とはいえ、接客業の労働環境が悪いのは仕方がありません。

会社からすると、辞めてもすぐに代わりを補充すればいいだけなので、労働者の給料を、低くしたり労働時間を長くして利益を上げたいと考えるからです。

確かに、人によってはやりがいを感じることができ、ある程度のスキルも身につけることができます。
しかし、ずっと労働環境の悪い接客業を続けていくのは、人生を豊かにする効率的な方法ではありません

人によっては天職

とはいえ、これも人によるところもあります。
低賃金、長時間労働、休日の少なさが気にならなくなるくらい接客業が好きになれる人ならOKです。

そうでない人なら、ある程度のスキルを身につけた段階で違うステージを目指すのがいいかと思います。
僕も辞めました。

大切なのは、自分に合うかどうかなので、接客業が自分にとってどうなのか考えてみましょう。
自分に合わない仕事を長く続けて消耗するのは、ストレスを溜め続ける人生になるかもしれません。

自分の適職を知る方法

もし「自分は接客業に合わないかも…」と思うのであれば、自分の好きなことや得意なことは何かを知る必要があります。

リクルートエージェントでは、面談(無料)を行う中でまだ気づいていない自分の長所を発見できます。
この先、接客業以外を考えていくのであれば、とりあえず利用してみる方法もアリです。

自分にあった仕事を見つけて、ストレスフリーな生活をしていきましょう。

転職支援サービスへは無料で申し込みできるので、一度試してみて下さい。

まとめ:接客業のやりがいは自分次第

やりがいは自分次第

接客業のやりがいについて接客15年の経験者が解説しました。
接客業でやりがいを感じていない人や、接客業に興味のある方はぜひ参考にして下さい。

繰り返しになりますが、接客業のやりがいは以下の通りです。

  • お客さんに喜んでもらうやりがい
  • 改善点に気づき、修正するやりがい
  • 成長できるやりがい

とはいえ、記事で書いたように大変なこともあります。
接客業で大変なことは、例えば以下です。

  • 変なお客さんの対応
  • 仕事中立ちっぱなし
  • まとまった連休がない

僕はすでに接客業を辞めていますが、理由はこのまま接客業を続けても人生を豊かに過ごすことが難しいと感じたからです。

自分にとって接客業が天職だと感じていない限りは、長く続けることはおすすめできません。
理由は記事で書きましたが、以下になります。

  • 給料が低い
  • 休日が少ない
  • 長時間労働

とはいえ、僕は接客業時代、この悪条件を全てクリアしています。

詳しくは、「接客業でストレスを感じて辞めたい場合の対処法【原因別に解説】」で解説しています。
接客業に向いていない人についても解説していますので、この記事と合わせてお読み下さい。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。「接客業でお客さんがウザくてストレス...辞めたい」「接[…]

接客業でストレスを感じて辞めたい場合の対処法

そもそも、やりがいとは自分次第です。
自分が没頭できる仕事を見つけ、毎日やりがいのある生活を探していきましょう。