サラリーマンが副業で本業以上の収入を得るのは楽勝な3つの理由とおすすめの副業4選

この記事は、こんな方達に向けて書いていきます。

副業を始めようと思っているサラリーマン
副業をしていないサラリーマン
人生、楽したい人

サラリーマンが副業をやること、これは圧倒的におすすめです。

なぜなら圧倒的に稼ぐことができるから、です。

そして、副業で稼げる様になれば本業にも良い影響を及ぼし、さらには人生が楽になります。

 

もっと言うと、副業でサラリーマンの給料を超えることは簡単です。

「副業で本業以上の収入を得るのは楽勝な3つの理由」についてまとめていきます。


 

 

まず結論から言うと、副業で本業以上の収入を得るのは楽勝な理由はこの3つです。

理由1. サラリーマンの給料は低い
理由2. ネットビジネスは稼げる
理由3. 国も副業を後押しをしている

順に説明していきます。

サラリーマンの給料は低い

f:id:manochang:20190525010400j:plain

さて、まずサラリーマンの平均的な月収っていくらなんでしょうか?

こちらのサイトを参考にしてみましょう。

 ざっくりまとめるとこんな感じです。

:::男性:::
20代 23万円
30代 32万円
40代 40万円
50代 42万円
60代 29万円
:::女性:::
平均19万円

いかがでしょうか?

もちろん職種によっても額は変わってきますが、平均するとこの様な感じです。

女性に関しては、非常に低いイメージですね。

 

簡単なデータを紹介すると、サラリーマンで月収1,000万円を達成している人の割合はわずか4.48%です。

非常に少ないですね。

 

しかし実はこの数値はあまり関係がなく、僕が言いたいのはサラリーマンの給料は実際の実力よりも低い、ということです。

 

基本的に、労働者というものは給料以上の利益を生み出さなければいけません。

もし給料以下の利益しか生み出せないのだとしたら、それは会社にとって雇用するメリットがないからです。

 

例えば30万円の給料の人がいて、その人が50万円の利益を生み出しているとしたら、会社に20万円の利益が生まれています。

考え方を変えれば、この人は50万円の利益を生み出すことのできる人物だけども、30万円の給料しか貰っていないということです。

 

もちろん多くは会社のシステムや後ろ盾があってこそのものだと思いますが、そこを自分で構築ができればどうでしょうか?

今はネットでビジネスを構築し、個人で稼ぐことができる時代です。

 

20万円で安定を買っているとも言えますが、ちょっと高くはありませんか? 

会社側からしてみれば利益の幅を大きくしたいので、労働者の給料をなるべく抑えたいはずです。

これがサラリーマンの給料は低いという理由です。 

ネットビジネスは稼げる(副業の基本は在宅ワーク

f:id:manochang:20190525010410j:plain

では、「副業でそんなに稼げるの?」っていう話です。

結論から言うと、稼げます

 

しかし、副業といってもコンビニなどのアルバイトはおすすめしません。

なぜなら、時給という働き方では限界があるからです。

例えば、時給が1,000円で月に20日夜の空いた時間に3時間アルバイトしたとしても月の収入は60,000円にしかなりません。

これでは消耗するだけでかなりしんどいでしょう。

 

副業で圧倒的におすすめなのは、ネットビジネスです。

サラリーマンとして働いている方には、時間に縛られない在宅ワークでの副業が基本です。

元金0で始められるビジネスが多く、ローリスク・ハイリターンが魅力です。

特に副業におすすめなネットビジネスは次の4つです。

ブログ

まず、最もおすすめなのがブログを書くということです。

ブログは始めてから収入を得るまでに時間がかかりますが、ストック型の収入となるため非常におすすめです。 

ブロガーの中には月に数十万円から数百万円の収入を得る人はゴロゴロいます。

自分自身の成長にもつながるため、まだブログをやっていない人は初めてみてはいかがでしょうか?

ブログで稼ぐことは可能か?収入が発生するタイミングの目安とは? – MANO-LOG

アフィリエイト

ブログ同様、収入を得るまでに時間がかかるビジネスですが、こちらもストック型の収入となります。

一度サイトを構築しておけば放っておいても勝手に収益を上げてくれます。

きちんとリサーチして正しいやり方で行えば、経験0からでも数十万円〜数百万円の月収入を狙えます。

 

ちなみにブログ・アフィリエイトを始めてすぐに5万円稼げる方法をまとめてあるので興味ある方はご覧下さい。

ブログ・アフィリエイトを始めてすぐに5万円を稼ぐ方法【再現率ほぼ100%】 – MANO-LOG

YouTube

3つ目はYouTubeです。

動画コンテンツに関しては、次世代の通信システム「5G」が導入されることによってさらに市場が伸びていくことが確実視されています。

(2019年5月現在では「4G」です。「5G」になれば通信速度は100倍になります。)

 

「ユーチューバーになる」といってもジャンルは多様です。

英語が話せる人は英会話学習動画、ゲームが好きな方はゲーム実況、といった具合に特技や趣味を配信していけばOKです。

 

収益化までの壁が若干高いように感じますが、そこを乗り越えればこちらもストック型の収入となりますのでおすすめです。

(収益化は「過去12ヶ月で4,000時間の動画再生」「チャンネル登録者数1,000人」が条件)

YouTubeはご存知の方も多いように、ヒカキンのような憶を稼ぐ人もいます。

そこまでいかなくとも、数十万円の月収入を得る人はゴロゴロいます。

やり方次第でガッポリ稼ぐことが可能です。

 

編集に時間がかかったり知識が必要だったりしますが、外注化することもできます。

知り合いに編集する人が居なくても、クラウドワークス などを利用すれば外注化は可能です。

(逆に依頼される側になれば、それを副業にすることが可能です。)

 

「ブログ」「アフィリエイト」「YouTube」は収入が発生するまで時間がかかっても、ストック型の収入、つまり資産となるのでおすすめします。

辛い社畜は一生辛い!人生楽するために、資産となる労働をするべし! – MANO-LOG

せどり

最後におすすめするのはせどりです。

せどりとは、物を安く仕入れて高く売る、いわゆる転売です。 

前述の3つのネットビジネス(ブログ・アフィリエイトYouTube)は収益が発生するまでに時間がかかりますが、せどりに関してはやり始めてすぐに収入を得ることが可能です。

やり方によっては、こちらも月に数十万円〜数百万円の収入が可能です。

 

サラリーマンが副業として行うせどりに関しては、パソコン一台で完結する「電脳せどりがおすすめです。

ネットで物を仕入れ、ネットで物を売るので家に居ながらにしてビジネスをすることが可能です。

ビジネスの仕組みを作り、作業を外注化すれば収益を自動化させることも可能です。

国も副業を後押ししている

f:id:manochang:20190525010423j:plain

3つ目の理由は国が推し進める働き方改革により、世間的に副業を推進する流れにある、ということです。

残業が無くなり、基本的に定時に上がれるような風潮により、より副業を行いやすい環境となってきています。

 

働き方改革実行計画の中の第5章「柔軟な働き方がしやすい環境」という部分において、副業に対して下記のように記述されています。

5 .柔軟な働き方がしやすい環境整備

(1)雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援

(2)非雇用型テレワークのガイドライン刷新と働き手への支援

(3)副業・兼業の推進に向けたガイドラインや改定版モデル就業規則の策定

(引用元:https://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170328/05.pdf

ご覧の通り、(3)にはっきりと副業に関して記述されています。

 

もしあなたの会社が副業禁止と言っているならば、すぐに転職を考えた方がいいかもしれません。

おそらくその会社に未来は無いですし、時間もお金も搾取され続けてしまいます。

ブラック企業は労働者が作る!?原因は企業側だけではない!サービス残業は拒否!すぐに転職するべき! – MANO-LOG


 

 

まとめ:副業は圧倒的におすすめです

f:id:manochang:20190525010436j:plain

ざっくりまとめると、

「サラリーマンは給料が少ないので、副業でガッポリ稼げるネットビジネスを始めましょう!国も副業を勧めているよ!」

ということです。

 

ネットビジネスはやり方さえ間違わなければ、月に数十万円の収入は誰でも実現可能です。

本業の収入を超えることも、高い確率で可能でしょう。

 

もしあなたがサラリーマンで月収100万円だとしても、あなたにはそれ以上の利益を生み出す力があります。

ネットビジネスの世界でその力を発揮できれば、数百万円の利益を生み出すことが可能なはずです。

 

「副業の収入が本業よりも多くなるなら、そっちを本業にした方がいいのでは?」

と思うかもしれませんが、まさしくその通りです。

 

サラリーマンのうちに副業を始めて本業の収入を超えたタイミングで起業する、というのがノーリスクで起業する最もおすすめの方法です。

 

アメリカでは、2020年にフリーランスの割合が50%になると言われています。

サラリーマンの方は脱サラすることに抵抗があるかもしれませんが、日本のサラリーマンの割合が異常に多いだけで、世界的に見れば普通のことです。

ノーリスクでお金持ち!サラリーマンよりも起業した方がいい4つの理由 – MANO-LOG

 

将来のために、まずは副業を始めてみましょう。

サラリーマンが副業をすることは、圧倒的におすすめです。

POINT!

  • サラリーマンは基本的に実力以下の給料!
  • ネットビジネスは無限!収入は青天井!
  • 国も副業をおすすめしています!
  • 副業は圧倒的におすすめです!