MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

質の良い睡眠を取るための環境とは?快適な睡眠環境を作る5つの方法

質の良い睡眠は取れていますか?

f:id:manochang:20190318223112j:plain 

睡眠は、日中の生産性に大きく影響します。

たとえ睡眠時間をきちんと確保していても、睡眠の質が悪ければ疲れは取れにくくなり、パフォーマンスは低下してしまいます。

 

質の良い睡眠を取るためには、睡眠環境を整えておくことが重要です。

 

「質の良い睡眠を取るための環境作る5つの方法」をまとめます。

 

光を遮断

f:id:manochang:20190325230158j:plain

人は、メラトニンというホルモンの分泌により睡眠を促します。

メラトニンが分泌されると眠くなり、メラトニンの分泌を抑えると覚醒されます。

 

メラトニンは、光を浴びると分泌が抑えられます。

つまり、質の良い睡眠を取るためには光を遮ることが必要です。

 

 180ルクス程度のフットライトくらいの光でも、脳は反応してしまいます。

寝室には、遮光カーテンを使用することをおすすめします。

 

どうしても光が入ってしまうようなら、アイマスクを着用しましょう。

 

音を遮断

f:id:manochang:20190325230212j:plain

家族で住んでいたり、都会に住んでいる人は、夜でも音が聞こえてくる環境です。

音は眠りを妨げる原因の一つで、質の良い睡眠を取るためには音を遮断する必要があります。

 

音を遮断するのに一番簡単な方法は、耳栓をすることです。

しかし、耳栓では防ぎきれない音もあります。

 

おすすめは、ノイズキャンセリング機能の付いたイヤホンをすることです。

外部の音は遮断され、最適な音楽を流すことで入眠のサポートをしてくれます。

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS ノイズマスキングイヤープラグ

BOSE NOISE-MASKING SLEEPBUDS ノイズマスキングイヤープラグ

 

「音を遮るのに音楽を鳴らすの?」 

と思うかもしれませんが、脳にα波を促す音楽は睡眠の質を上げる効果があります

ただし、入眠の時だけにして、60分程度で切れるようにしておく必要があります。

www.manochang.com

 

自分に合った寝具を使用

f:id:manochang:20190325002843j:plain

寝具は非常に重要です。

極端に言えば、しっかりと睡眠時間を確保しても、硬い床で寝ていては良い睡眠は絶対に取れません。

 

寝具は人それぞれ、相性があります。

硬いマットレスを快適と感じる人もいれば、柔らかい方が好みの人もいるでしょう。

自分が快適だと思うものを使用してください。

 

ただし、枕は必ず使用するようにしましょう。

寝返りを打ちやすい、50〜60cmほどの幅のものがおすすめです。

 

寝具を購入するにあたって一番おすすめは、オーダーメイドにすることです。

身体のサイズを測り、自分専用のものを作りましょう。

「じぶんまくら」などの寝具専門店があります。

jibunmakura.com

 

寝間着・パジャマを着用

f:id:manochang:20190325230733j:plain

寝る時に、スウェットジャージを着用していませんか?

それは、おすすめできない睡眠環境です。

 

人は、寝ている時に汗をかきます。

スウェットやアクリル素材のものは、水分を吸収せず熱がこもってしまいます。

湿度が上がり、不快感を感じてしまいます。

 

ジャージなどのスポーツ用の服はポリエステル素材で作られており、汗を吸収しません。

あせもや湿疹の原因となることもあります。

 

寝る時におすすめするのは、身体を締め付けず、肌に刺激のないものです。

身体が締め付けられると、寝返りの回数が増え、体温の低下が遅れてしまい、良い睡眠が取れません。

できるだけ、綿100%など天然素材のもので、吸湿性や通気性の良いものを選びましょう。

 

光が肌に当たらないよう、長袖長ズボンで色は黒が良いでしょう。

色はこだわりがあれば、特に黒である必要はありません。

 

また、寝間着やパジャマを着ることで、入眠儀式にもなります。

脳が眠りのスイッチを入れるために、寝つきが良くなります。

 

スマートフォンを遮断

f:id:manochang:20190325002926j:plain

スマートフォンやパソコンの画面から発せられるブルーライトは、浴びてしまうと体内時計がリセットされ、睡眠の質を落としてしまいます。

寝る1時間前には使用するのをやめましょう。

 

また、寝ている時にスマートフォンの着信がなってしまうと気になってしまい、睡眠の質を落とします。

「おやすみモード」を活用して、着信が鳴らないよう対策しておきましょう。

www.manochang.com

 

まとめ

f:id:manochang:20190320102035j:plain

「質の良い睡眠を取るための環境作る5つの方法」をまとめました。

POIINT!

  • 光を遮断しよう!
  • 音を遮断しよう!
  • 自分に合った寝具を使おう!
  • 寝間着・パジャマを着用しよう!
  • スマートフォンは1時間前まで!おやすみモードに設定!

質の良い睡眠を取るためには、「寝る前にやるべきこと」「寝る前にやってはいけないこと」があります。

こちらの記事を参考にしてください。

www.manochang.com

www.manochang.com

 

人生の3分の1は、睡眠と言われています。 

決して妥協することなく質の良い睡眠を取り、日中をパワフルに過ごしましょう!