MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

学生は挑戦することに最も有利であり、挑戦するべき理由【学生ノーリスクで挑戦できる最高の職業】

f:id:manochang:20190712105358j:plain

こんにちは、マノアキラです。

時間とお金のある生活を目指して、日々挑戦しています。

 

先日、こんなツイートをしました。 

学生のうちに挑戦して失敗しても全然大丈夫です。
学校を卒業しても挑戦はいくらでもできちゃいます。

ただ、少しだけリスクを伴うだけ。
ほんの少しだけです。
問題なしです。

逆に言えば、学生のうちに挑戦するのはノーリスクです。
学生であれば、とにかく挑戦しない手はありませんね。

上記の通り、学生は挑戦することにとても有利です。

 

僕は学生時代、

「なんとかなるか」

的な考えで過ごしていました。

 

もちろん、学生は遊びたい気持ちがいっぱいです。

僕もたくさん遊びました。

 

しかし、今だから言えることは、

「学生のうちにたくさん挑戦するべき」

ということです。

 

正直、社会人になると挑戦へのハードルが少々上がります。

 

この記事では、「学生は挑戦することに最も有利であり、挑戦するべき理由」についてまとめていきます。

 

なぜ学生は挑戦するのに有利なのか

なぜ学生は挑戦に有利なのか?

理由は下記の通り。

  • ほぼノーリスク
  • メンタル的にも怖いもの知らず
  • 時間がある

それぞれ説明します。

学生はほぼノーリスクで挑戦できる

f:id:manochang:20190712105429j:plain

この見出しの通りです。

 

学生はほとんどの場合、生活が保障されています。

もちろん、生活費も学費も自分で稼いでいる人は別ですが、割合としては少ないと思います。

 

社会人になると、どうしても生活がありますので少々リスクを伴います。

社会人でも挑戦はできますが、学生の頃と比較するとハードルが上がります。

 

例えば、

「世界一周がしたい」

とかだと日数がかかりますので、社会人になってからはなかなか挑戦できるものではありません。

学生のメンタルは怖いもの知らず

f:id:manochang:20190712105446j:plain

若い頃というのは、メンタル的にも体力的にもパワーに溢れています。

挑戦するための準備がそもそも整っていて、行動に移しやすい状況にあります。

 

歳をとるに従って、メンタル的にも体力的にも衰えてきます。

サラリーマンなどで消耗してしまうとなおさらです。

 

例えば、

「ダンサーになりたい」

とかだと、なかなか大人になってから踏み込めるものではありません。

 

怖いもの知らずで挑戦できる学生は、非常に挑戦しやすい状況にあるわけです。

学生は時間がある

f:id:manochang:20190712105438j:plain

そもそも学生は時間がある場合が多いです。

専門学校とかだと忙しいかもしれませんが、大学生とかだと夏休みが2ヶ月くらいあったりと余裕です。

 

その時間を活かせば、かなりのことを達成できるはずです。

 

大人になった今だから言えるのは、

「その時間はかなり貴重だったな」

ということです。

 

僕は学校以外の時間はほとんど家におらず、遊んだりアルバイトをしていました。

今の時代、学生がアルバイトに費やす時間はわりともったいないかもしれません。

その説明は次です。

学生はアルバイトをしている場合ではない

f:id:manochang:20190712105546j:plain

前述したように、学生がアルバイトをする時間は少々もったいないように感じます。

 

こちらのツイートをご覧下さい。 

学生のうちから「当たり前」を「当たり前ではない」と思えることができたら結構素晴らしいです。

例えば、学生はアルバイトするのが当たり前、と思わずに他の稼ぎ方をする人は人生で勝てる可能性が高そうです。

僕が今学生なら、バイトはしてません。
今は環境が整っているのでかなり有利です。

上記の通り。

 

「アルバイトをする時間は無駄」

とは言いませんが、もっといい方法があると思います。

 

とはいえ、

「学生はアルバイトをするもの」

という世間的な流れに身を任せてしまうのもわかります。

 

ただ、それだと結局は社会人になった時にみんな同じスタート地点です。

普通に学生時代にアルバイトをして社会人になった時のスタート地点は、わりと辛いです。

 

逆に、学生時代にアルバイトではない方法をとっておくと、かなり有利な状態で社会人をスタートできます。

詳しくは次に説明します。

学生は何に挑戦するべきか?

f:id:manochang:20190712105524j:plain

学生時代に何に挑戦するかは、基本的に自分次第です。

自分のやりたいことをやりましょう。

 

しかし、やることを選べば社会人になった時に有利な状態でスタートできます。

 

例えば、すでに月収20万円ある状態で社会人をスタートできたらどうでしょう?

それだけあれば、会社を辞めてもOK。

無理のない生活を送ることができます。

 

具体的には、積み上げ系のことをしておくと良いです。

例えば、以下のもの。

  • ブログ
  • YouTube
  • その他ビジネス

ブログYouTubeは収入を生み出します。

しかし、これらはある程度の収益が発生するまでに時間がかかります。

なので、時間のある学生時代から仕込んでおくとかなり有利です。

ブログやYouTubeもビジネスですが、その他のビジネスでもOKです。

 

例えば、

「学生時代から物販で月収50万円」

とかも、最近ではよく聞きます。

 

学生時代からビジネスを構築しておくと、そのままサラリーマンにならなくてもOKな可能性があるのでおすすめです。

 

とはいえ、基本的には自分のやりたいことをやりましょう。

スタンスとしては、

「今だからできること」

これですね。

早めに挑戦すると人生が楽になります

f:id:manochang:20190712105533j:plain

こちらのツイートをご覧下さい。

「学生のうちに遊んでおけ」的な格言があります。
これは僕からしたらちょっと疑問ですね。

社会人になっても遊ぶことは全然できます。
しかも、学生よりもお金があるからよりリッチな遊びができます。

むしろ学生のうちに頑張って後から遊ぶ方が効率が良さそうです。

と、学生時代の僕に言いたい。

上記の通り。

 

学生は遊びたい盛りなので、遊んでしまいます。

しかし、大人になってからも遊ぶことは全然できます。

 

むしろ、学生時代にはできなかった遊びなんかもできてしまいます。

 

例えば、

「高級車を乗り回す」

とかですね。

 

学生の時に制限のかかっていた「お金」の問題が解禁されるからです。

 

逆に、学生時代に遊んでしまってサラリーマンで消耗してしまうと、なかなかそこに辿り着くのが難しかったりします。

「学生時代に楽して、社会人は辛い」

よりも

「学生時代に頑張って、社会人は楽」

の方がおすすめです。

なぜなら、学生時代よりも社会人の方が長い時を過ごすからです。

 

という観点から、学生の方は、

「今、自分が何をすべきか」

を考えてみることをおすすめします。

 

まとめ:学生は挑戦しよう

f:id:manochang:20190712110308j:plain

「学生は挑戦することに最も有利であり、挑戦するべき理由」についてまとめました。

 

とはいえ、学生時代に何も挑戦しなくても、大人になってから挑戦はできます。

あくまでも、有利に人生を過ごせる手段として参考にして下さい。

 

学生時代に挑戦をしておけば、後々有利になる可能性は高いです。

 

「今を楽して、後で辛いか」

「今を頑張って、後で楽するか」

それを決めるのはあなた自身ですので、よく考えて行動してみて下さい。

 

実際のところ、学生は挑戦できる最高の環境を持っています。

POINT!
  • 挑戦することの重要性を知ろう!
  • なぜ挑戦できないか?→原因を解決!
  • 失敗への考え方で挑戦へのハードルは下がる!

とはいえ、挑戦できるマインドを持っていないと話になりません。

その点に関しては、こちらの記事にまとめてありますので興味がある方は是非ご覧下さい。↓