MANO-LOG

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】
フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】
フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】
めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】
一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】
サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】
サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

大学に行く意味はあるのか?【大学に行く3つのメリットも解説】

f:id:manochang:20190829003614j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

愛知淑徳大学現代社会学部、現代社会学科卒業です。

 

先日の僕のツイートです。

高校や大学へ行って意味はあるかと言えば、人によります。
フリーターや会社員になる意味も、人によって変わってきます。

問題は、その環境で自分が何をするかによって意味は変わってきます。

大学へ行っても何もしなければ、特に行く意味はないと思います。

学歴社会も徐々になくなる傾向です。

今回は上記、特に大学へ行く意味についてです。

 

世間では、「とりあえず大学へ行っておけ」的な風潮があります。

しかし、実際に大学に行く意味はあるのか?

 

僕は大卒ですが、大学の授業で学んだことはほぼ意味はありませんでした。

とはいえ、大学に行ってよかったと思っています。

 

この記事では、「大学に行く意味やメリット」について解説していきます。

将来的に大学に行こうか迷っている人や自分の子供を大学に行かせようか迷っている人、さらに今現在大学に通っている人に向けて書いていきますので参考にして下さい。

 

大学に行く意味は人それぞれ

f:id:manochang:20190829003635j:plain

結論ですが、大学に行く意味は人によって変わります

人生の目標は人それぞれ違っていて、その目標を達成する方法もそれぞれ違うからです。

 

将来専門的な知識の必要な職業に就きたいと考えている人は、大学に行く意味は大いにあります。

例えば、以下のような職業です。

  • 医者
  • 弁護士

医者や弁護士になりたい人は、その知識を得るために大学に行くことは必須です。

 

とはいえ、この記事を読んでいる人はそうではないと思います。

問題は、「特に学びたい知識がないのに大学へ行く意味はあるのか?」ということです。

 

正直言って、大学の授業はほぼ意味がないです。

「じゃあ行く意味はないね?」

と思うでしょうが、そうでもありません。

 

次に、大学に行くメリットについて解説します。

大学に行く3つのメリット

f:id:manochang:20190829003647j:plain

特に専門知識を必要としていなくても、大学に行くメリットはあります。

具体的には、以下の3つです。

  • 人生の選択肢が広がる
  • 余裕を持って将来を考えることができる
  • 挑戦するチャンスがある

それぞれ解説していきます。

人生の選択肢が広がる

単純に、人生の選択肢が広がります

世の中には、学歴を重視している会社もたくさんあるからです。

特に大手企業になると、高卒以下はお断りのところは多いです。

 

もし、大学へ行かなかった場合、行きたい会社があったとしても、大卒以上の募集であれば行きたくても不可能になります。

就職の幅を広げるために、大卒という肩書きは役に立ちます。

余裕を持って将来を考えることができる

大学は、高校や専門学校に比べて暇です。

平日の授業は自分次第で自由に時間割を組めますし、夏休みや春休みは果てしなく長いです。

 

暇なので、いろいろ考える時間があります。

人生の計画について、余裕を持って考えることができます。

 

例えば、中学や高校を卒業してすぐに就職する場合や、専門学校に行く場合は以下のようになります。

  • 中学・高校を卒業してすぐに就職

→ 考える間もなく労働

  • 専門学校に行く

→ 毎日忙しく授業やレポート

→ そのまま就職して考える間もなく労働

スイマセン、専門学校には行ってないので想像ですが、周りの人を見ているイメージです。

 

上記の通り、考える間もなく労働に突入します

中学や高校を卒業してすぐに就職だと、大学に行くよりも世間を知らずに社会に出ることになります。

そのため、働くことでいっぱいいっぱいになりがちです。

若いので、空いた時間はとにかく遊びたいでしょう。

 

しかし、大学は授業中も含めて暇です。

考える時間がたっぷりあります。

挑戦するチャンスがある

大学に行くと、挑戦するチャンスが大きく広がります

しかも、失敗しても全然問題なく、ノーリスクで挑戦できます。

 

前述した通り、大学は暇です。

1、2年生で単位をあらかた取り終えると、3、4年生はほぼニートのような生活です。

春休みや夏休みも2ヶ月近くあります。

 

社会人になってからは、ここまで挑戦に適している条件の揃う時期はなかなかありません。

あっても、しばらくの生活が保証できる貯金ができたときくらいです。

それに対して、学生は生活の心配はほぼしなくていいので、怖いもの知らずで挑戦できます。

大学生は、挑戦する最大のチャンスの場です。

 

大学に行ってからやるべきこと

f:id:manochang:20190829003701j:plain

大学は暇ですが、できれば有意義に時間を使う方がいいです。

後から思うのですが、この時の時間の使い方は将来の自分を大きく変えます

 

もちろん時間の使い方は人それぞれですが、社会人になってからは困難になることに使うのがおすすめです。

例えば、以下のようなこと。

  • ビジネスをする
  • 海外旅行に行く

それぞれ解説していきます。

ビジネスをする

SNSを見ていると、今は学生の時からビジネスを始める人が多いですね。

もちろん社会人になってからも、副業から始めてそのまま起業というパターンはあります。

しかし、時間のあってリスクもない大学生は有利です

 

学生の時から自分で稼ぐ力をつけると、就職も有利ですし、そのまま起業ということもありです。

ホリエモンこと堀江貴文さんも、学生の時にライブドアの前身となるオン・ザ・エッヂを立ち上げています。

海外旅行に行く

あとは、海外旅行に行くのもおすすめです

春休みや夏休みはがっつり2ヶ月ほど休みがありますので、海外旅行には余裕でいけます。

 

海外に行くと、日本とは全く違う文化に触れることができますので、人生を左右するきっかけになることもあります

 

韓国やグアムなんかは2,3日あれば行けるので、社会人になってからも十分に行くことができます。

なので大学生であれば、わりと日数のかかる場所に行くといいです

例えば、ヨーロッパ方面とか東南アジアとかでもいいと思います。

 

大学生の時にいろいろな体験をしておくと、その後の人生に良い影響を与えてくれます。

 

奨学金を借りてまで大学に行く意味はあるのか?

f:id:manochang:20190829003722j:plain

とはいえ、大学に行くにはお金が必要です

ざっくり言うと、800万くらい必要なので相当な金額です。

お金持ちには余裕だと思いますが、そうでない人はたくさんいます。

 

そんな人たちのために奨学金があるわけですが、言ってみれば借金なので少々怖いですよね。

 

しかし、こちらのデータを見て下さい。

〈高卒の場合の生涯賃金

  • 男性:1億4964円
  • 女性:1億836円

〈大卒の場合の生涯賃金

  • 男性:1億8626円
  • 女性:1億3618円

生涯賃金を比べてみると、高卒の場合と大卒の場合では差が出ます。

男性で3,663万円、女性で2,782万円も変わってきます。

 

この差を考えてみると、大学へ通うための800万円は十分に回収できる計算になります。

もちろん、人それぞれ人生の歩み方は違うので一概にはいえませんが、平均するとこんな感じです。

関連サイト奨学金 - JASSO

 

とはいえ学歴社会は徐々に終わる

f:id:manochang:20190829003735j:plain

大卒は就職の幅を広げると書きましたが、実際のところ学歴社会は徐々に衰退します

理由は2つです。

  • 世界の大企業が学歴を重視しなくなった
  • 日本の終身雇用は崩壊している

それぞれ解説していきます。

世界の大企業が学歴を重視しなくなった

昨今では世界の名だたる大企業が学歴を重視しない傾向にあります。

例えば、GoogleAppleIBMなどです。

アメリカの求人情報検索サイトGlassdoorが作成した「学位を必須としない15の大企業リスト」にこれらの企業が含まれています。

ソースはこちら↓

14 companies that no longer require employees to have a college degree

 

アメリカは超学歴社会と呼ばれていますが、これらの大企業が学歴を重視しなくなったのは大きな流れです。

日本はまだ先だと思いますが、近い将来同じ流れがきます。

日本の終身雇用は崩壊している

と言うのも、日本の終身雇用がすでに崩壊しているからです。 

終身雇用の崩壊とともに、日本にも実力主義の時代がやってきつつあります。

良い大学を卒業して大企業に就職したとしても、安心できる時代ではないです。

 

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、興味のある人は是非ご覧下さい。↓

 

まとめ:大学には行っておいた方がいい

f:id:manochang:20190829003746j:plain 

大学に行く意味やメリット」について解説しました。

将来的に大学に行こうか迷っている人や自分の子供を大学に行かせようか迷っている人、今現在大学に通っている人は参考にして下さい。

 

結論、大学には行っておいた方がいいです

大学に行くことで人生の選択肢が増え、さらには人生を変えるきっかけになります。

 

大事なのは、大学に行って何をするかです。

何も考えずになんとなく大学へ行っている人とそうでない人では、その後の人生にかなりの差が出ます。

 

大学に行かずに後悔するのは手遅れです。

大学へ行った経験者としては、「行ってよかった」と感じています。

 

あくまで決めるのは自分自身ですので、この記事を参考にして大学に行くかどうかを判断してみて下さい。

POINT!
  • 大学に行く意味は人それぞれ!
  • 大学に行くと人生の選択肢が増えます!
  • 大事なのは大学に行って何をするか!
  • 大学費も将来的に回収できます!