交通事故が無くなるには?将来、交通事故はゼロになる

2018年の交通事故死亡者数は、3,532人

実に1日に10人程度が交通事故で亡くなっているという現状です。

しかし、この数字は昭和23年以降の統計では最も少ない数字となりました。

確実に減少している交通事故ですが、不注意による事故は無くなることはありません

これは断言できます。

ただ近い未来、交通事故がほぼ無くなるということは確実であると考えています。

「交通事故が無くなる為に必要なこと」をまとめます。


 

 

人のミスは無くなることはない

f:id:manochang:20190512162907j:plain

まず、いくら頑張っても不注意やミスによる事故を0にすることはできません

もちろん、政府や世間がドライバーに対して注意喚起をすることは大切なことです。

ただし、それはあくまでも確率を下げる事に繋がることにしかならず、交通事故を撲滅することは不可能です。

人間によるミスは起こるもの。

これは、いつまで経っても変わることはありません。

例えばミスがこの世から無くなるのであれば、スポーツというものが成り立ちません。

どんなに熟練したプロのスポーツ選手でもミスすることはあります。

つまり、どんなに熟練したドライバーでさえミスをすることは確実にあり得るということです。

交通事故の被害者やその親族からすれば、納得できないことはもちろんわかりますが、それが真実なのです。

だからといってミスしていいわけではありませんので、運転者は交通事故を起こさないように安全運転に心掛けましょう。

そして、政府や世間は安全運転してもらうようにドライバーにプレッシャーを掛けることは重要です。

交通事故を無くすには?

f:id:manochang:20190512162920j:plain

人のミスによる交通事故は無くなることはありません。

しかし、0とまでは言わなくとも限りなく0に近づけることは可能です。

その為に必要なこと。

それはテクノロジーの進化です。

人の運転による交通事故が無くならないのであれば、自動車自体が事故を起こさないようにすればいいということです。

近年、自動ブレーキの技術や自動運転の技術が進んでいます。

これが一般に普及するようになれば、世の中の交通事故をほぼ無くすことは可能であると考えています。

自動車に乗ったらあとは行き先を指定して、乗っているだけ。

という時代が近い将来やってきます。

まだまだ先と思っている方がいるかもしれませんが、すでに実験段階に入っている現状です。

そもそも人が運転する必要が無くなれば、人のミスや不注意による事故は無くなるのは必然です。

交通違反も無くなる?

f:id:manochang:20190512162936j:plain

人が運転しなくてもいいならば、交通違反も無くなるでしょう。

これは、取り締まる側の警察にとってメリットの大きいことです。

交通事故の原因としてスピードの出し過ぎもあるかと思いますが、自動運転であれば無くすことは可能です。

法定速度以上で走らないようにプログラミングしておけばいいだけのこと。

そもそも現在の自動車も100キロ以上のスピードを出すことができないようにしておけば、スピード違反なんてものは無くなります。

これを政府が自動車を製造する企業に圧力をかければいいだけのこと。

100キロ以上走れる自動車は違反にすればいいのです。

無免許に関しても、人が運転する必要ないのであれば無くなります。

ただし、子供だけで乗車することは難しいかもしれないので、実現するかどうかはわかりません。

ならば、自動車に免許証を挿入する機能を付ければどうでしょうか?

挿入しなければエンジンがかからないようにしておけば、無免許運転は無くなります。

テクノロジーが進化すれば、交通違反を取り締まることも必要がなくなり、警察はその労力を他のことに使うことが可能です。

よって、世の中はより安全になります。


 

 

まとめ

f:id:manochang:20190512162948j:plain

「交通事故が無くなる為に必要なこと」をまとめました。

POIINT!

  • 人によるミスはなくなることはない!
  • 交通事故が無くなるにはテクノロジーの進化が必要!
  • テクノロジーが進化すれば交通違反も無くなる!

近い将来、交通事故はほぼゼロになります。

それには、テクノロジーの進化が必須です。

まだテクノロジーの追いついていない現在では、運転者が原因で起こる交通事故は、確実に無くなることはありません。

政府や世間が声を上げること、そして何よりも運転者が細心の注意を払うことが大切です。

テクノロジーの進化を待ちましょう。

必ず、交通事故のない時代がやってきます。