MANO-LOG

本から学んだこと、日々の生活で感じたことなどをまとめる雑記ブログ

成功者の法則!?たくさん水を飲む!水を飲む効果と正しい飲み方は?

皆さん、水飲んでますか?

f:id:manochang:20190318222257j:plain 

成功者の本や情報を見ていると、ある意外な共通点があります。

それは、「たくさん水を飲む」という事です。

 

「たくさん水を飲むと成功する」わけではないと思いますが、「成功者はたくさん水を飲む」という逆は、高い確率で成立していそうです

 

「水を飲む効果と正しい飲み方」についてまとめます。

   

なぜ成功者は水を飲むのか?

f:id:manochang:20181219152140j:plain

成功者は、例外なく時間の重要性を理解しています。

無駄な時間や、生産性の低い時間を嫌います。

 

水を飲むことは、健康に良いとされています。

健康を害するということは、治療に時間を割くことになります。

治療に費やす時間は、無駄な時間であり生産性はありません。

 

健康維持することは、時間の無駄を省く行為であり、生産性を保つ行為になります。

そして、水を飲むことは健康を維持する最も簡単な行為の一つであり、成功者に好まれているわけですね。

 

逆に言えば、水をたくさん飲めば健康維持でき、無駄な時間はなくなり、生産性を保つことができる。

成功しやすいということです。

 

水を飲むことが健康に良い理由

f:id:manochang:20190318222336j:plain

では、なぜ水を飲むことは健康にいいのか?

 

人間の身体の60%は、水でできています。 

身体の水分保有量を保つことで、様々なメリットがあります。

細胞の活性化内臓機能の正常化などの効果があります。

 

具体的な例を挙げてみます。

  • ダイエット効果(食欲の抑制)
  • デトックス効果
  • むくみ解消
  • 基礎代謝UP
  • 血液をサラサラにする
  • リンパの流れを良くする
  • 体温を上昇させる(免疫力UP)

成人病の原因となる肥満予防や、ダイエット効果などがあります。

水を飲む習慣がある人は、ガンの発病リスクが大きく減少するという調査結果もあります。

 

また、年齢とともに体の水分量は減っていきます。

新生児の時は80%だった水分量は、60歳をすぎると50%程度にまで減少します。

 

水分が不足すると血液がドロドロになり、脳梗塞心筋梗塞の原因にもなる為、高齢者になる程、水分補給は注意しましょう。

 

飲むと悪い水

f:id:manochang:20190318222354j:plain

お茶・スポーツドリンク

水を飲むということは、水分補給をするということです。

「水ではなく、お茶やスポーツドリンクでもいいのでは?」

と思うかもしれませんが、あまりおすすめできません。

 

お茶やスポーツドリンクには、カフェインや糖質が含まれているので、分解するのに水を必要としてしましいます。

 

健康的に水分補給をするのであれば、水を飲むのが一番効果的です。

 

水道水

水といっても、水道水には有害物質が含まれているため、飲むことはおすすめしません。

 

水道水に含まれる有害物質は、「塩素」「トリハロメタン」「アルミニウム」「鉛」の4種類です。

  • 「塩素」=肌のタンパク質を破壊
  • トリハロメタン」=発ガン性物質
  • 「アルミニウム」=アルツハイマーの原因
  • 「鉛」=発ガン性物質・便秘・貧血・消化管や神経系の障害の原因

 

「沸騰すれば大丈夫」

と思われている方がいるかもしれません。

しかし、沸騰させるだけでは有害物質は取り除くことができません。

 

「塩素」「トリハロメタンは、沸騰で除去可能です。

しかし、トリハロメタン10分以上の沸騰が必要です。

それ以下だと、むしろ倍増してしまうので危険です。

 

「アルミニウム」「鉛」沸騰しても除去できません。

しかし、健康に影響のないくらいの量なので過剰に反応する必要もありません。

 

硬水

日本の水は基本軟水ですが、海外では硬水を使用している場合が多いです。

 

日本人の身体には硬水が合わないと言われているので、海外で水を購入する時は注意が必要です。

問題ない人はいいですが、体質に合わない人は下痢を発症したりする場合があります。

 

できれば軟水を選択することをおすすめします。

 

どんな水を飲むのがいいのか?

f:id:manochang:20190318222407j:plain

「お茶」「スポーツドリンク」「水道水」「硬水」はおすすめしない理由は説明しました。

では、どんな水を飲めばいいのか?

 

ペットボトルの水

衛生面に配慮されており、保存も効きます。

持ち運びも可能な為、便利です。

 

買いに行くと重いので、Amazonなどで箱買いするといいでしょう。

 

浄水器を通した水

浄水器を通した水は、先程説明した毒性の成分をほぼ完全に除去できます

カルキ臭やカビ臭もなくなり、おいしく水を飲むことができます。

 

蛇口に付けるタイプの浄水器であれば、手軽に設置できます。

パナソニック 浄水器 蛇口直結型 ホワイト TK-CJ12-W

パナソニック 浄水器 蛇口直結型 ホワイト TK-CJ12-W

 

 

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを使えば、安心でおいしい水を手軽に飲むことができます

宅配してくれるので、買いに行く手間も省けます。

ペットボトルと比べてゴミの量も減り、お湯も出せます。

災害時の備蓄水にもなります。

 

 

水を飲むタイミング

f:id:manochang:20190318223112j:plain

多くの人は、喉が渇いてから水分補給をしている方が多いのではないでしょうか?

それは、おすすめできない水分補給の方法です。

水は喉が乾く前、こまめに取ることが望ましいとされています。

 

具体的には、これらのタイミングが良いでしょう。

夜寝る前・朝起きた時

眠っている時には汗をかき、水分が不足しますので、補う為に水を飲みましょう。

食事前

水分補給時は、胃の中が空っぽの状態が良いとされます。

お腹が膨れている状態だと、水分をため込みやすく、むくみの原因になります。

運動前後

運動をすると汗をかいて水分を放出しますので、不足しないように運動前に水を飲みましょう。

運動中や運動後も、こまめに水分補給しましょう。

入浴前後

運動時と同じく、入浴中は汗をかいて水分を放出します。

不足しないように水分を補いましょう。

汗をかいた時

運動や入浴以外でも、汗をかいた時は水分補給を心がけましょう。

特に暑い夏は、脱水症状にならないように注意しましょう

 

これらのタイミング以外にも、こまめに摂取することを心がけましょう。

 

適切な量は?

f:id:manochang:20190318222429j:plain

1日に飲む適切な量は、体重の4%です。

 

例えば、体重50kgの人であれば2リットル。

体重70kgに人であれば、2.8リットルとなります。

 

また、1度に大量に摂取するのは良くありません。

コップに1杯の量を、1日6〜8回に分けて飲むことが望ましいです。

 

1度に大量に摂取してしまうと、大量の排泄が起こり、ミネラルを失ってしまう可能性があります。

 

まとめ

f:id:manochang:20190318222446j:plain「水を飲む効果と正しい飲み方」についてまとめました。

POIINT!

  • 成功者は水をたくさん飲む!水をたくさん飲めば成功しやすい!
  • 水は健康に良い!
  • 「ペットボトルの水」「浄水器を通した水」「ウォーターサーバーの水」を飲もう!
  • 1日に体重の4%の量、コップ1杯の水をタイミングを分けて飲もう!

普段、水分補給を怠っている人、お茶やジュースばかり飲んでいる人は、健康のためにも注意しましょう。

 

もし何かに成功したいのであれば、水をたくさん飲むことをおすすめします。

参考にしてください。